天竜川サツキマス放流会

昨日の午後は天竜川漁協主催のサツキマス放流会に息子と参加してきました

息子も昨年で放流会につきあってくれるのも最後かと思っていましたが
今年は、たまたま部活も無かったせいか、ついてきました
彼にとっては何回目の放流会だ? たしか、始めての参加は3歳だったか?
a0096669_23421980.jpg今じゃ、ケイタンパパのところの息子さん達の面倒みたり? 頼もしくなってきたかな~? 
今年は師匠の2歳のお孫さんが初参加、時が流れていく速さを実感しましたね~

息子がケイタンパパご子息達のサッカーの相手をしてあげるのを見ながら
のーーんびり、開始を待ちます



さて、今年の放流会のスタート
a0096669_2340344.jpg
こんな感じで、、、

サツキマスダービーの表彰式や
サツキマスの生態についての
説明からスタートします

子供達、勉強になった?

実は、この後、とび賞の発表と賞品贈呈のサプライズが今年はありました!
賞品が送られてこなかったので、今年はもらえないかと思ってたんですが、良かった良かった!



写真に写ってませんが、この横にはアクアライズさんのブースが出展されていて、テスターさんから開発秘話やスプーンの特徴・本流での使い方をじっくりとお聞きすることができました。開発者から直接、製品の狙いや、一番美味しい泳ぎや食わせるアクションなどのお話を聞けるというのはとっても良い機会でした。
大人も勉強になりましたね006.gif
a0096669_23444295.jpg
テント内の水槽には
天竜川のお魚さんが集結

どデカ養殖サツキマス(アマゴ?)も
例年のように登場!
今年のは元気が良かったですね

a0096669_23464060.jpg
そして、いざ放流開始!

トラックからアマゴを網ですくって

a0096669_2348711.jpg

バケツに数匹入れてもらい


一応、この子達には、『必ずや俺のところに戻ってこい!』と呪いをかけときました(笑)


a0096669_23482056.jpg

それを子供達が川に放流

a0096669_23554339.jpg

放流直後のアマゴ(サツキマス)

まだ流れのきついところを嫌がって岸辺に戻ってきますが、そのうち群れになって下っていくことでしょう


a0096669_2357499.jpg

放流会場のちょっと先には、鮎の産卵場所として整地して鳥避けが準備されています

毎年、漁協さん、ご苦労さまです


a0096669_2358342.jpg
その後、恒例の?
鮎の掴み取りへ

息子は今年から大人の部にしか参加できませんが
流石は常連(?)、大人に負けじと獲りまくってました


その後、豚汁がふるまわれて、子供達は大満足の様子でした

今回はfly-tomoさんにご協力頂いたお陰で、会場で漁協の事務長さんに、ファインフィッシュ製の
サツキマスのデジタル魚拓をご紹介することが出来まして、サンプル2枚を渡してきました。
漁協に飾ってもらうことで、この川に遡るこの美しい魚,サツキマスの
広報活動に少しでも貢献できたらと思います

また、デジタル魚拓に興味のある方は、漁協さんで実物を確認できますので
機会がありましたら是非ご覧になってみてください
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-10-25 23:35 | 天竜川

<< サツキマスダービー賞品(とび賞) 悪夢?のような、サーフ青物釣行 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE