FISHに釣行記事掲載のお知らせ

ポータルサイト”FISH”に先日のナイトシーバス釣行記事が掲載されました


こんな 感じ   (← こんな をポチっと)



いつも掲載されてから思いますが・・・・

えらっそぉーに書いとるわ、この人



なんか


簡単に釣れたみたいに書いてますね (ラッキーパンチだったのにね)


なんだか


普段から良く釣れているみたいな臭いさせてますね (その前、数週間、何も釣れてないのにね)



ま、都合の悪いことを書かなければ
嘘までは書かなくても、こんな風になるってことです


ということで、皆様も釣り雑誌、新聞、遊漁船釣果などを見るときには注意してくださいね(笑)



さて、この記事、釣行日の真夜中に書いたので、手抜きも甚だしい (すいません)
本当はロングミノーの飛距離、アピール性能、極低速でのアクションなどを
ちゃんと、きめ細かくお伝えしたかったのですが・・・


書いている途中で眠くなってemoticon-0113-sleepy.gif
ブログに書いた内容の寄せ集めで送っちゃいました
その結果? 


夜釣りでグラサンというイカレポンチな写真を間違えて送ってしまい(恥)


ま、それでも伝えたいことが一つだけあったんで
全国の初心者の方々に伝わればいいかな・・・ と



それは



比較的安価なリールでも、大型シーバスは釣れます


ということ

これだけ書きたかったのが今回の投稿の目的でした

昨今、高級機種や最新機種の話題がWEB上でも凄いですね
ブロガーの方々の多くが高級機種を使っておられる(ように見うけられる)

きっと見ている多くの初心者の方や、まだ大物を手にしていない方や、これから始めようという方は


きっと、金かかるんだろうなぁ~~


って、躊躇される方もいるかもしれません


大丈夫です!

釣りは魚の側から金を掛ければ、釣果につながります
逆に釣り人側から金を掛ければ、自己満足につながります



要は

針、ルアー(餌)、糸、竿、リール、着装 の順に考えるということです (チャーマスうけうり)
魚にとっては、竿の色やデザインや、リールが軽かろうが高速だろうが関係ないっちゅーことです


実売6k円程度のリールでも80cmのシーバスが獲れます
間違い無く、もっと安いのでも獲れます
大型のシーバスなんてサーフなら、2尾目からは別になんてことはないと思います
ドラグが普通に動けば大丈夫、滑らかなドラグ性能? いらない、いらない
2尾目からは、2回目のお化け屋敷とおんなじ
あそこで、こうなって、これぐらい引いて、これぐらい跳ねて、これぐらい重くて
って、予め判っているから、ファイトも余裕だし、ドラグ調整も判っている
1尾目は誰だって慌てます
ライン切れしたり、針伸びたり、ドラグ緩々でバレたりするかもしれない
でも、2尾目からはきっと安物だって大丈夫って気付くと思う
(※但しサーフからのマルスズキの場合ね。磯のヒラスズキとかは釣ったこと無いので別)



こんなことを書きたくて、記事を書いたはずだったのに
眠くなって、結局、何にも書かずに投稿してしまった



しょうがないんで、今頃、ここに書きました


ここは、全国区じゃないんだよなぁ~~
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-12-07 08:04 | 遠州灘

<< 外国からのお客様と日本の釣具屋巡り プチ遠征、サーフからのワラサ狙い >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE