マレーシアの釣具屋

先日の出張中、偶々、出張先で休日を取れと指令を受けましたんで(これはホント!)
空き時間を利用して、クアラルンプール市内の釣具屋をたずねてみました


a0096669_2245212.jpg
この釣具屋
GREAT ONO SPORTFISHING SDN BHD
(小野さんっていう日本人の店ではありませんでした)

この店の店長
WONG HAK YONG(黄克榮)  ← 某イシグ〇高林店の店長にクリソツ
a0096669_2245910.jpg


マレーシアの釣具屋なんて知らないんで
タウンページ(黄色い電話帳)で調べてみたところ
載っているのは国中で、たったの4軒だけ!?
そのうちKL(クアラルンプール)にはこの店1軒!

ホテルのフロントに行き方を聞いてみると、当然(?)、『わからん』と言う
でも、店に電話してくれるというので、お願いしてみた


『既に店が移転している』らしい


フロントの姉ちゃんが、道順まで店の人から聞いてくれました (後で思うが、コレがヤバかった)

なんとか行けそうなんで、電車とモノレールを乗りついで目的駅へ
そこから、歩いて、目的地へ・・・・・


目的地、見当たらず・・・

ひたすら歩いていると隣の駅に着いてしまったので、行き過ぎたということで引き返す

もう一回、フロントの姉ちゃんに言われた通りにトライしてみるも、見つからない

結局、KL1の繁華街ブキビンタン(日本でいうところの歌舞伎町)に到着

綺麗なお姉さんの客引きがウジャウジャいます

もう、店を探すのを止めて、気持ちいいマッサージを受けたくなりますが・・・


いやいや、、、もうちょっと頑張ろうと、そのお姉さん達に道を聞いてみる
当然、『わからん』と言う

近くのブティックのお兄ちゃんに聞く、これも要領を得ない

どうやら、だいぶ、遠くに外れたようだ・・・

また、道を戻る

戻りながら、警備員数人に道を聞く
やっぱり、『わからん』と言う

ほんとに、こんな店(のある道)は存在するのか????

デパートの警備員に聞いていたときに、横のオヤジが口出ししてきた
『そのストリートなら、あっちだぜ、歩くと30分だな、タクシーで行きな!』
ありがたい、教えてもらえたぜ・・・  って、ぜってぇー嘘だ!もう騙されないemoticon-0120-doh.gif


そんなデマには惑わされずに、探しまくる
しょうがない、自力で地図から探す
奇跡的に地図上に、そのストリート発見 
(この国では最初から自分だけを信じるべきだった・・)


この時点で既に、駅を降りてから1時間経過



また歩き出す

遠い(間違って遠回りしてしまったせいなのだが・・・)


段々、繁華街から離れる
危ない香りがしてくる
脳の自動危険感知装置がビビビと来た (これ以上、進んだらヤバイ


食べ物屋のおばちゃんに聞いてみた
全く英語が通じないが
隣の食べ物屋のおじちゃんを紹介してくれた

『もうちょっとだけ、あっちやで~』

みたいに言っている感じがした (どうやらストリートは合っているが、方向が逆らしい)


言われた通りに、行ってみた


あった!



おじちゃん、ありがとう! (この国にも、まともな人はいるらしい)



着いたとき、残り自由時間あと20分
この20分、イシグ〇店長の独演会を聞くことになるとは、このとき思いもよらなかった



この釣具屋の詳しいお話は次回に・・・
[PR]

  by fish_anecdote | 2011-10-30 22:28 | 海外の釣り

<< マレーシアの釣具屋part2 商品編 2011 サツキマス標識付け >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE