朝の天気、大荒れ

何も釣れないどころか、竿も出せませんでした

6/9(土)天竜川のサツキマスへ、今シーズン15回目の釣行になるはずが、、、。

6時前に現場到着、今日はちょっと上流側に来てみました
鮎師の数もそう多くなく、雨も霧雨程度、川は増水気味ですが渡りたい瀬も渡れそう、水色はかなり濁っていますが、、、先ずは準備開始。
さぁいくぞというところで、雨が強くなり始め、次第に大雨に、そのうち稲光を伴う雷が来襲。車の中で寝て待つも状況悪化するばかりで、
7時半過ぎに現場から、すごすごと退散。


それにしても、あの雷と雨の中でも諦めない鮎師数名、
脚立に座って傘さして釣ってます。

ちょっと、おかしくないか?
雷に脳天直撃されそうな悪天候で8cmの鮎釣って、そんなに楽しいか?
もう十分、長生きしたから、いいのだろうか?

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-06-09 09:47 | 天竜川

<< 久々の海釣り 親子大戦part2 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE