タイドミノーSLD

厳しい残暑が続いていますが、自分の中では昨日で夏が終わりました

寝坊して、遅刻気味で地元のサーフへ。大勢のルアー師が来ていますが、静寂に包まれているような、まったりした空気が流れています。
投げ竿師連中は投げっぱなしの竿をほったらかして、集団で貝(ハタミ、正式名コタマガイ)拾ってます。
平和だぁ~~(当然、浜全体で何にも釣れませんでした)


さて、本日から自分は、今年の秋戦線開幕。幾つかのニューアイテムを投入開始。そのうちの一つ、最新ルアータイドミノーSLD
”ぶっ飛ぶ快感”なんていう宣伝文句のこのルアーですが、確かに飛びますね。
腕が上がったかと錯覚するほどの飛距離に、確かに快感を覚えました(本当は技術力が進歩しただけなんで、腕は全く関係無いです)。シルエットが似ているタイドミノースリム120mm(13g)と比較して、SLDは125mm14.5gとたったの1.5g増ですが、飛距離は波半分~1つ程度遠くまで飛びます(とっても判りづらい表現で申し訳ありません)。今度、波の無い日に、泳ぎの方をチェックしてみます。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/9/22 月齢10.6(長潮) 5:30~7:00,下げ7~9分
晴,気温22℃,北西の風1m/s,波1.5m,海面水温27℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-09-22 10:13 | 遠州灘

<< オーストラリアの釣り雑誌 今年、最後の青物には出会えず >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE