通常生活(ボウズ)に戻りました

先週のジギングの筋肉痛も完治。いつもの浜へと。

あんまり釣れないので、車で大きく移動。深くなっているポイントで再開。
ぶるぶるぶるっと小さな高周波のアタリ、のりませんでした。おそらく、セイゴ。
その後はアタリも無く終了。あのアタリ、乗せられなかったのが悔しい。

周りにはお1人でセイゴ数匹とソゲを釣った方が居ました。帰り際にお話したところ、、、
『DUOのルアーだけ持ってりゃ、いいもんね』と嬉しいお言葉、自然と話が弾みます。今日も、SLDでも釣ったそうですが、その方のお話に、、、

『店で145SLDと140FLYERはどっちが飛ぶのか聞いたら、メーカーに電話してくれたんですよ』

ってお話がありました。なるほど~。
SLD  =145m, 20.5g
FLYER=140mm,21.0g

店のパッケージに記載された仕様と、WEB上や雑誌上の広告だけでは、どちらが飛ぶかなんて判断出来ませんね。買ってキャストしてしまえば判るのですが、どちらを買おうか悩むユーザーだって少なくないはずです。

その方に、お店を通じてメーカーの方が答えた内容は、『ちょっとSLDの方が飛びますよ』。
私も飛距離を測定した訳ではありませんが、目測でならSLDの方が飛んでいると思います。竿や投げ方にもよるところがあって難しい評価かもしれませんが、SLDはキャストの振りぬきの良さと言うんでしょうか、爽快感はFLYERには無いものを感じます。

このSLD、今朝は自分も投げていたんですが、、、、

釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2007/12/1 月齢21.2(中潮) 5:30~7:30,干潮→上げ4分
晴,気温6℃,西北西の風2m/s,波1.5m,海面水温19℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のルアー = テリフDC-12 TYPEⅠ

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-01 10:26 | 遠州灘

<< ニューロッドに魂!を注入? 御前崎沖釣行 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE