ゴツンとは来ましたが、、、

未明から、昨夜、出撃しそびれたサーフへ。

満月で明るいし、暖かいです。
波は高い低いというよりも、とても強く分厚い感じの引きです。


開始から約2時間、な~んもありません。
周りも釣れてません。すっかり明るくなって、帰ろうかと思いましたが、このミノー投げてからにしようと思って選んだのがタイドミノースリム105HERETIC。こいつは、波の高いときにいい仕事してくれます(ですが、個人的には、その理由というかメカニズムが納得できないんですが、、、)

HERETICに変えて2投目に、

ゴツン

と、物凄い衝撃のアタリがありました.....(数年振りの大物のバイト)

電撃フッキングしたものの、、、、のりませんでした

自分は合わせを入れるのがいつも遅れる方ですが、ここまで強いアタリだと、自然と身体が反応しますよね。珍しく瞬間的に大きな合わせが出来てはいたんですが、、、、

ま、こんなこともある (と、自分で自分を慰めてみるものの、、、、)

HERETICのフックが、もしも大きかったら、のせられたのかなぁ?? それでも無理かなぁ?? フック大きくしたらヒット率下がるかなぁ?? なんでこのミノーが波高い日にヒットするのかも判っていないのにフック変えても大丈夫かなぁ??  いつも思いますが、このミノーは不思議だ。。。 う~~ん、デカイのを逃した後だし、悩みがつきません。

釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2008/3/22 月齢14.4(大潮) 5:00~7:00,上げ9~下げ1分(潮位変化+8→-6cm/h)
晴,気温8℃,北東の風1m/s,波2.0m,海面水温14℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = DUOタイドミノースリムHERETIC DMレッドベリースレイワシ

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-22 08:26 | 遠州灘

<< タミヤ親子会社見学会 なんか、ついてない気がします >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE