連敗続きのゴミサーフ

今日は海パン、ビーサンの軽装でサーフへ。
昨日はこの地方は37℃の猛暑でしたが、明け方の海水はまだ少しひんやりしてます。


凪は良いですが、海中は今日もゴミだらけ。ゴミの無い沖にキャストして釣りは成立するのですが、キャスト毎にルアーやラインに絡まるゴミを外して、その際に手にくっついた枯れ草を海水で洗っていると、いつの間にか指の先がふやけて、とうとうPEラインのキャストで指が切れてきました。

こんな日に限ってグローブを忘れてきました。こりゃかなわんと早々に撤収。

海面を逃げる小魚と追い回す魚が見えますが、その食い方がどうもダツっぽい。
隣でもダツがあがっていましたので、今年もダツ年かな?

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/7/13 月齢9(小潮) 4:30~5:45,下げ5~6分(潮位変化-10cm/h)
晴,気温23℃,東北東の風1m/s,波0.5m,海面水温24℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-07-13 08:16 | 遠州灘

<< 海亀救出大作戦? 夏サーフ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE