秋のヒラメ戦線開幕

久々に波も風も無い絶好のコンディションのサーフへ

ポイントに着くと、通過した台風の影響でしょうか先週の釣り場は様変わりしていて超遠浅。全く釣りにならないので浜を車で大移動。良さげなポイントを探します。結局は何度か来ているポイントに落ち着いたんですが、ここも少し浜の地形が変わっていてポイントを絞りにくいです。快晴、無風、凪良しの土曜(人間にとっての)最高条件が揃っているので釣り人が多く、今日は釣り始めてからのランガンは出来そうに無いので、最初のポイント選びが重要になりそうです。

今日はプレスベイトフュージョンの針やトレーラーを色々試してみます。ワームを引いていたときにワームの尻尾をサックリと食いちぎられました。魚がワームを半分飲み込んだかも?胃の中に残るのかな?なんて考え出すと、なんだか嫌になったのでワームは除外(メーカーも養殖魚の餌の素材とかでワームを作ってくれればいいんですが。。。それなら餌釣りと同じ?でも、餌釣りと同じだって、いいじゃんね、別に)。

その後も、フュージョンで色々と試し続けます。

そのうち海面でフィッシュイーター達の捕食が見られるようになり、右二人隣にマゴチ、右隣ではソゲが釣れました。次は俺か!?と思いましたが、素通りで左隣でヒラメ。次こそは!と思いますが、次は右二人隣にヒラメ、右隣にセイゴ。どうやら、、、
場所選びは完璧だったようです
(離岸流を挟んで反対側は何も釣れていなかった)

今朝は、どうしても釣りたいわけではありません。強いて言えば、今日の目的はフュージョンに使う針やトレーラーの比較をすること。釣れなくてもフュージョンで最後まで通すつもりでした。

しっか~し、、、、目の前の波の中に、毎回のようにフィッシュイーターが泳いでいる姿が見えます。そのうち競い合って捕食している姿が1波の中に何匹も見え始めます。海面でも派手に追い回している姿が見えます。どうも、こいつら、、『お~ら、かかってこんかい!へっぽこ釣り師!』と言っているようにしか私には見えません(そういう精神状態だった?)

こうなると、もう我慢できません。ルアーチェーンジ!

テリフ バレットに変えた1投目、手前で捕食していた連中のところにミノーが差し掛かった途端に
ガツガツとヒット!

a0096669_1183072.jpg

34cm、ヒラメ君


もう少し大きかったら本日の釣友の棟上に尾頭付きで献上する予定だったのですが、この子は小さかったので命拾い。タグリリースしてあげました。

カメラで撮影しようとしたらデジカメ電源入らず。
運動会で使ったら充電しとけよ! →  俺
携帯だと綺麗に写せませんなぁ



その後、隣でエイとの格闘が始まってしまい、魚が散ったのかアタリ遠のいて退散。
結局、目の前の魚に負けてしまい、折角の魚がいる条件下でのフュージョンと針の組み合わせのテストが中途半端のまま。今日は、フュージョンをいじくり過ぎた感じがするので、明日からはもっとシンプルにいってみます。

釣行データ (2,1,1)
釣行日; 2008/10/4 月齢4.8(中潮) 5:20~7:00,上げ5から8分(潮位変化+18cm/h)
晴,気温16℃,北の風2m/s,波0.5m,海面水温23.5℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=JIGMAN X4ライトジギングSP#1.2(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー =DUOテリフDC-9バレット  RSチゴモリイワシ
              DUO プレスベイトフュージョン SHレッドピンクバック(北海道限定カラー)

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-10-04 11:16 | 遠州灘

<< パッとしません サーフ、秋戦線開幕 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE