天竜川イベントDAY

今朝は、遠くでヒラメを1匹フラブラぶらさげている方をお一人見かけたのみ。

あとは、エイと格闘されていた方が自分の前を横切っていってくれたぐらいでしょうか、、、。
波も穏やかで、風も昨日より弱く、釣り人には好条件なんですが、そんなときに限って出ませんね。

今日は、その後のイベントが盛りだくさんなので、粘らずに退散。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/10/26 月齢26.8(若潮) 5:00~7:30,下げ1から6分(潮位変化-12cm/h)
曇,気温18℃,西の風2m/s,波1.0m,海面水温23℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=JIGMAN X4ライトジギングSP#1.2(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = 無し


どーも、最近、釣れません。ま、そんなことは、いいんです。
とにかく、今日は天竜川のイベント参加DAYです


①天竜川クリーン作戦
第六回となる活動だそうですが、今年、その存在を初めて知って参加してみました。

結論から言いますと、”のどごし生”売れてますねぇ~(1時間ゴミ拾っただけで、何本見たことか、、、)。冗談はさておき、、、、お役所主導のイベントの割りには(そのせいか)、なんだか洗練されていないイベントでしたが、所詮はゴミ拾いなんですから運営の良し悪しなんて関係ないといえばそれまでです。

今日はJA遠州さんが同じ場所の上手を担当されていましたが、物凄い組織力です。こういうのは、OKっすよ!いいよ、JA!
a0096669_18403050.jpg昨年は全体で3500人以上の参加があったようで、このように各所で各団体による清掃活動が展開されているようです。

一般参加も含めたライオンスクラブ主催のブロックには少年サッカー1チーム丸ごと含めて総数150~200人ぐらいでしょうか、直前の雨にも関わらず多くの方が参加されていました。



1時間の清掃の結果、自分だけでゴミ袋(大)が5つ。150人程度のブロックでも全員の集めた分となると、この結果。
a0096669_18454627.jpg
関係者の方々によりますとこの量でも、『昨年より、かなり少ない』んだそうです。

しかし、バーベキュー会場としてこのあたりでは有名なポイントだけに、大人のゴミだらけで酷いもんでした。市のゴミ袋にビール缶だけ、ちゃんと分別して入れてあって、拾う人も楽だよなぁ~って、

違うだろ!こらー!ここまでやったら、ちゃんと家のゴミとして捨てろ!ドあほ!ま、一つ一つ文句つけていたらキリがありませんね。



ちなみに、こんな配布品がありました(もちろんゴミ袋も配布されます)
a0096669_18502172.jpg
軍手も飲み物も火箸までも持参したぐらいなんで、本当は必要ないんですが、ご好意と受け止め頂いてきました。


②午後からはサツキマス放流会
息子と2年ぶりにこのイベントに参加させてもらいました。

小雨まじりの曇り空なので、参加者が超少数かと思いきや、、、、
サツキマスの放流と、アユの掴み取りの時間には大勢の人が、、、
10回目ともなると、要領の良い参加者ばかりで、、、なんだかなぁ~という感じですが。

a0096669_1973482.jpga0096669_197589.jpg


ちなみに上の写真は左が放流用のアマゴで、右が掴み取り用のアユです。

a0096669_1910852.jpg
放流中の子供達です。この放流会の他に浜松市では2つの子供向けのイベントを企画しているそうです。その一つがアマゴの里親募集!11月から卵を預かって、冷蔵庫で自分で孵化させて、春3月になったら稚魚を放流。う~ん、素敵すぎますよ、やるなぁ~浜松。


びっくりしたのは、この魚。
a0096669_1915265.jpg
婚姻色になった、ビッグなサツキ?いえ、アマゴですね。漁協で去年の放流会から1匹、飼っていたものだそうです。もう、寿命間近のようで、自力で泳げずにひっくり返ってしまってましたが。
餌だけもらって成長すれば、ここまで大きくなれるんですね。60cmありますね。







さらに、やってくれちゃった浜松市さん。

a0096669_1918151.jpg

河原での立ちションベンまでも条例で禁止にしてました。7月1日施行の”川や湖を守る条例”なんだそうです。先ずは阿多古川と都田川の一部流域にて平成21年4月から違反者には5000円の過料が。

へ~、、、、そんなんで守れるもんなんだ、川って、、、ってな印象を受けますが。

今後は天竜川でも施行されたら、左岸(磐田市側)で用を足さないといけないのかな?
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-10-26 18:33 | 天竜川

<< DUOタイドミノー90S 大型到来? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE