くぅ~~、、、たまらんっすぅー

仕事中に通路で先輩に呼び止められました。

『浜岡沖で30kgのカンパチを仲間が釣ったよ』

ぎゃぁ~~~、、、、、脳みそ破裂しそーです

聞けば、ワラサ釣りで掛けたワラサに喰らいついてきたんだそうで、格闘40分?ハリス5号! 
完全に脳の思考回路停止しました。

西のサーフのワラサ祭りの話だけでも、最近は脳天直撃気味だったのに、、、、
そのワラサが餌?ど凄過ぎます。なんだか、とどめを刺された気分です。

先輩は現物(120cm、30kgオーバー)を見たそうで、傍にあった60cmのワラサがルアーに見えたとか、、、

昔、イナンバで2,3kgのメジを釣りましたが、そのときに仲間が釣った17kgのヒラマサと並べてみるとメジがルアーに見えたことを思い出しましたよ。

くぅーたまんねぇだろうなぁ~、、、ある意味、ワラサの泳がせっすよ。
日本近海で出来る究極の泳がせ釣り? じゃないでしょうか

そういえば泳がせといえば、このあたりではアジやイワシの泳がせで狙うヒラメが有名ですが、先日、NHK北海道の釣り番組ではバケ(4~500gの海サクラで使う錘ね)の上下で死に餌(オオナゴ丸ごと1匹)を泳がせてヒラメを釣ってました。でも、その船の船長はバケの先に、な!?なんと、
タイドミノースリム175mmをつけて、餌(客)よりも多く釣ってました(餌1×ルアー5ぐらい)。

ある意味、究極のトレーラー? って感じでしょうか。

『サイズの概念を捨て、ビッグミノーの威力を存分にお楽しみください』ってのが売り文句ですが、ここまでの利用はメーカー側も考えてなかったんじゃないかなぁ、、、、。ですが、DUOのルアーはいつもメーカーが考えもつかないようなアイデアで使ってくれることを期待しているというお話を聞いたことがあります。

なんか釣りって、ほんと奥が深いよなぁ、、、、 と思わせれられる今日この頃、、、、




最近、こんな便利ツールがあることを知りました

DUO ノットワインダー ← 使い方説明の動画が嬉しいですね

動画を見る限り、これなら年寄りにも使えそうかもしれん
(過去には、電動ノット製作機のスピードには指がついていけなかったが、、、)
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-18 00:01 | 遠州沖

<< ワラサ祭りへ遠征 ヒラメ、大苦戦中 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE