杉山に入らずんば、アマ子を得ず?

花粉飛散のピークみたいなこの時期に、杉だらけの山林に入り込むなんてことは、花粉症の私には自殺行為でもありますが、『釣れた!』と聞いてしまうと性懲りもなく出撃。

出撃場所は天竜川支流。見渡す限り、杉の木だらけ。いやー、よー咲き乱れてますね~スギの花!
見事な咲きっぷりです。
花粉飛んでいるのが目に入っちゃうと気になるので、川しか見ないようにしました(笑)
しっかし、現金なもんです、そんな所に12時間もいたのに、釣りしている間はたいして花粉症の症状は出ませんでした(気づかなかっただけ?←大バカ者)
鼻の穴にティッシュねじり込んで、その上からマスクの重装備で釣りしてました。


さて、実は私、渓流の釣りは超スーパー初心者。

渓流釣りのお作法も理解しておらず、土地勘も全くゼロですから、興味は前々からあったのですが足を踏み入れることが出来無かった領域でした。今回は釣友がガイドしてくれるというので、現場見学会?トレッキング?お花見(スギの!?)ぐらいの軽い気持ちでの釣行。まさか、釣れるなんてこれっぽっちも期待もしておりませんでした。


大体、天竜川の支流が、

a0096669_19225327.jpg
こんなに素敵な川だったとは、、、、

捨てたもんじゃないね、天竜川!(支流)

これ、十分に、My奥入瀬渓流ですよ

景色見ているだけで癒されますね
スギ花粉無ければ、もっと最高なのにね



でも、こんなに綺麗な川なのに、、、、

a0096669_19243831.jpgなんで汚していくのかなぁ、、、

その他、幾つかの放流ポイントに近づくたびに、ミミズの餌箱や弁当ゴミが散見。

よくぞ捨てたもんだよ!釣り師!

あ~情けないったらありゃしない
これが無きゃ最高のロケーションなのにね



さて、そんなに簡単に釣れるなんて思ってもいませんが、朝1の入渓直後の絶好ポイントでアマゴが私のルアーを追ってきたのが1回。その後は違う支流へ移動するなど、ガイドは努力してくれたのですが、6時間ほど魚を見ることもなく苦戦。

『まぁ、こんなもんでしょう~、解禁から1週間も経過してるし~~』、なんて私は気楽に考えていました。ですが、その横でガイドは『絶対、釣らせちゃる!』みたいなオーラ出しまくって、絶好ポイントではかならず私に先に竿を出させてくれます。このままじゃ、ガイド本人が釣る機会が無くなっちゃうので、なんとかせねばと思うのですが、そんなときに限って、1投目から、大キャストミス。場を荒らしてしまうことの繰り返しで時間は過ぎていきました。


そんなこんなで、6時間ほど経過した支流3本目の必殺ポイント(ガイドいわく)。

1投目から、エレナ50Fを魚が追ってきました。

2投目、また追ってきます。結構、いい型です。

3投目、ベイルーフS-50に変更すると、やや小ぶりなさっきまでとは別の個体がルアーを追ってきて、1度、2度、ルアーに喰らいついてきますが、食い損ね。次の瞬間、ちょっとだけトウィッチのタイミングを変えてやると、3度目の食いつきで、やっとフックに掛かりました。
a0096669_19425327.jpg
14,5cmでしょうか、チビなアマゴ君

いや~、ガイドの腕におんぶにだっこで、なんとか
釣らせてもらえました。


その後、2度ほど、エレナにも食いついてきたりしましたが、完全なフックアップまで至らず。
12時間経過の夕まずめの最後のポイントで、スプーンで1匹をランディング寸前でバラシて、私の渓流デビューの1日は終了~。

いや~久々に楽しかった!
かなり山を歩きまわりましたが、疲れも感じず。本当に楽しい釣りを満喫させてもらいました。
今回は全て、ガイドのお陰です。本当にありがとう
特に(?)、ガイドのハンドメイドによるルアー回収機(製作費用200円らしい)は出来が素晴らしかった!あれが無いと、途中でルアー全滅でしたね。

釣行データ  (4,2,1)
釣行日; 2009/3/7  6:00~18:00
晴,14℃,北北西の風4m/s
ロッド=6ft,ライン=3lb(直結)
本日のヒットルアー = DUO BayRUF S-50(RS緑金)
               DUO グレイスミノーエレナ50F(レッドゴールド),
                その他、スプーン2g

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-03-08 19:58 | 天竜川

<< サツキマス開幕戦スタメン発表 天竜川解禁日 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE