天竜川 サツキマス 第13戦

たまにしかヒットしないのに、サツキマスをバラしちゃった男がいたんですよ

ぬぁ~にぃ~~!?emoticon-0121-angry.gif やっちまったなぁー!


男は黙って、、、、  どうすりゃいいんでしょうね?
とても黙ってはいられないので、一部始終をお伝えします



今朝も朝だけの限定釣行。これまでの釣行で、”水位が下がれば今年は必ずここでサツキマスが釣れる”、と自分なりに確信していたポイントへ入りました。開始から約15分経過、パイロット的に使っているタイドミノー75CDから次に何を投げようかと思ったところ、ケースの中で昨日、水中から回収したエレナ70F(SHアユ)が目にとまりました。昨日、たまたま回収できたのも何かの縁かもしれない、と霊感めいたことを考えて投げた1投目、エレナ70Fをショートジャーク&トウィッチで誘うとカツンとゴミが当たったような感触あり。ゴミか?とも思ったのですが、普段とは違い確信を持ったポイントで、ここで出ると想像していたトレースコースでの出来事なので、さっきと同じトレースコースで同じようなアクションを続けてみると、その直後の2投目に、

ゴツン とヒット、集中していたので見事にフッキングも決まりました。その直後から、ブルブルブルンと鱒族特有の引きを続け、竿を寝かしていても強引に水面を割ってジャンプした魚体は正に待望の本命サツキマス!

サツキ独特の引きを耐えながら、慎重に寄せてきますと、魚がこっちに向かってスーっと走り始めました。こうなってしまうと、負けずに巻き上げるしかなく、結果、魚は自分から5mほどまで急接近。

やばい、ここでやられたら(暴れられたら)終わりだ、と考えた瞬間、
見事な水中斜めひねり宙返りを披露してくれて、1発でフックオフ。

体高のある綺麗な魚体、35cmぐらいでしょうか、ナチュラルリリース完了です。


意外と不思議なんですが、あんまり悔しくありませんでした。自分よりも、今朝初めてお会いした隣の方のほうが残念がってくれました(すいません、バラして場所を荒らしてしまって)。
水位が下がったらここで釣れるという自分なりの読みが当たったこと、今年もサツキマスに出会えたことだけで、かなり満足している自分がそこにいました。
それにしてもあのサツキマス、、、散々走るようなことはをせずに(疲れる前に余力を残した状態で)、自ら距離を近づけて最後に派手な暴れっぷりでフックを外していきました。その全ての行動は彼女の狙いだったのでしょうか?もしも、本当にそうだとすると賢すぎませんか?、ますますサツキに惚れ込みそうです(ただ単に、へっぽこな自分の腕のせいでバラしたとは思いたくない自分がここにいます)


とにかく、サツキマスとの距離が近づいたことだけは事実。
今朝は、対岸で釣っておられた方は見事にサツキマスをキャッチされたように見うけました。
昨日までよりは大きな進歩です(昨日までは姿も見えずで、かーるい自信喪失状態でしたので)


また明日から頑張りますよ。


釣行データ (2,1,0)
釣行日; 2009/5/3 月齢8(小潮) 4:30~6:20
曇,気温14℃,北北東の風2m/s,水位-0.8→-0.9m
ロッド=7ft,ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = DUO グレイスミノーエレナ70F(SHアユ) ,フック=ST-21#8

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-05-03 17:42 | 天竜川

<< 天竜川 サツキマス 第14戦 天竜川 サツキマス 第12戦 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE