釣り具不用品回収

昨日は夕食後にウォーキング(近所の釣具屋にお散歩)してきました

家にたまった釣り具のパッケージ、不要となった糸、空スプールを持っていきました。
スーパーマーケットでは、牛乳パックやプラスティックトレイなどの回収は当たり前になってきましたが、ここの釣り具屋には、釣り道具の回収箱が設置されてます。

a0096669_205334.jpg
昨年ぐらいから、だんだんと回収品目も増えてきて充実してきました

プラスティックだけでなく、電池に錘(鉛)に針に、ロッドのプラスティックケースまで。



これは結構、立派な取り組みだと思われますが、回収品はこの後、どこでどんな運命をたどっているのか興味ありますね。ま、なにはともあれ、これで釣り場からゴミが減るなら最高です。あと、さらにお店に希望を言わせてもらえるなら、レジ袋を廃止しちゃいなさい!もしくは、有料にするとか。釣り場で、ここのお店のレジ袋が捨てられているのを何度目にしたことか(別に、ここの釣具屋さんが悪いわけではないんですよ)。

さて、釣り具屋さんが頑張っているというのに、相変わらず釣り具メーカーさんは過剰包装が止められないみたいですね。店の中には過剰包装のオンパレードですね、まったく。これは、ユーザー(購入者)にも一因があるんでしょうね。でも、昔と違って箱に入っていないメタルジグも増えてきたりして、少しは改善されてきているのかなぁ、、、。

そういや~最近、購入した業界大手メーカーのライン。スプールには、結構目のつきやすいところにMade in Japanの記載あり。
パッケージの裏には(ちっちゃく最下段に) Material from Japan//Assembled in Vietnam の記述。
こういうのも、どうしたもんでしょうかねぇ~、わざわざスプールに巻くのと包装のためにラインを輸出して、また完成品を逆輸入しているんでしょうかね?本当なんですかね?
輸出と逆輸入を繰り返すたびに、航空機の貨物室で冷気にあてられるか、船便で高温多湿にさらされているうちにラインって劣化しないんでしょうかね?

そんなことを言っていると、輸入物の火糸なんて、使えなくなっちゃうか、、、、

ま、正直に書いているこのメーカーさんは、まだマシな方なのかもしれないなぁ、、、
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-06-29 20:32 | 道具

<< 爆釣! 天竜川 サツキマス 第23戦 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE