PRノット

今朝は、目覚まし無しでも、出撃できる時間帯に目が覚めたのですが、、、

雨が降っているのを見て、速効で二度寝しました(笑)
川も海もメチャ濁ってるのに、その上さらに雨が降ったのでは、出撃する気が失せました


この雨で朝からの子供のサッカーは中止。
夕方まで暇になりました。。。
(後に、息子と約束していた今夜の天竜川の鹿島花火大会も延期と知らされ、完全オフに)

こんなことなら、船に乗りたかった、、、


まぁ、しょうがない。 あんまり暇なんで、、、

こんなのを、作ってました


a0096669_1256353.jpg

ワーム じゃないですよ

実は、これ
a0096669_12572592.jpgPRノットです

画像が不鮮明で、ゴメンなさい

息子が、夏休みの宿題?でデジカメを独占。
しょうがないので、スキャナーの解像度をMAXにして読み込んでみましたが、この画像が限界。


そこで、もっと接写してみようと思ったのが、最初の写真です。マイクロスコープで撮ってみました。
密に巻いてあるのはオレンジのPE1号。こんなに太く見えると、逆になんだか良く判りにくいですが、、、

流石に、『誰が作っても10回も練習すれば同じ強度で出来る』とか言われているだけあって、私でも2,3回でこのように綺麗な密巻きがちゃんと出来るようになりました(ちなみに、写真は4作目)。

PRノットを特に毛嫌いしていたわけではないですが、私は以前には使ったことがありませんでした。SFやFGで、特に不満も無かったし、結び目もFGと同じ大きさですから、特にPRにする必要性を感じてはいませんでした(今でも、その気持ちは変わりません)。それに、特に手を出さなかった理由は、以前に電動摩擦系ノット作製機で痛い目(機械に手が追いつかなかった!)にあったせいかもしれません(笑)。

ところが、最近、周りの仲間がPRを使っているのを見て、その出来上がりの美しさにホレボレ!
さらには、どんなタコが作っても出来栄え一緒で、強度確保可能!なんて聞かされると、、、

もしかして、サル程度の私にも、出来るかも???(要は、見た目に負けた訳です

そこで実際にやってみましたら、こりゃ簡単。
馬鹿力も不要、たいしてコツも不要なのに、サルが作ってもこの密巻き具合になるとは、
ホント素晴らしい!

もっと、早くに使い始めてみれば良かった。。。あんまり綺麗に簡単にできるので、いつまでも巻いちゃって密巻き部分が異常に長くなっちゃったりしてます(このあたりが、サルっぽい)。



a0096669_13495156.jpgリーダーの切り口

スコープで拡大してみると、結構、切り口は尖ってますね
ちなみに、このリーダーは80LB

こうなっているはず、とは思ってましたが、、、

今まで、老眼?で良く見えていなかったせいか、あらためて見ると驚きました。リーダー先端の処理や、メインライン保護のための編み込みが不可欠なはずですよね(何を、今さら、と言われちゃいそうですが、、、、)

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-08-02 13:08 | 道具

<< 浜名湖フィッシングリゾート フラット戦線、開幕できません >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE