ヒラメ戦線開幕?

やっと、秋のヒラメ戦線が開幕した気分です

とは言え、まだ釣れてはいません、、、、、
一応、魚は隣の人が釣るのを見ました


今朝は、先週末に出撃した2か所のどちらに入るか悩みましたが、片方には同僚二人が入るというので、その二人に迷惑を掛けてもいけないので(私が行くと魚が消える気がしますので)、違う方の浜に一人で出撃。


ベタ凪、水色キレイ、風弱く、天候はこの後に崩れそう。
個人的には絶対に釣れるだろうという条件に思えました。

その通りに、明け方からポツポツと周りで釣果が出始めます。

すごいことです!この秋、ヒラメが釣れるのを目の前で始めて見ましたよ。
やや感動!?

さらに、時合いが来ると、その10分ほどの間に周辺のアングラーの竿が次から次へと曲がります。ヒラメとマゴチが交互に上がるような状況で、私の前にもライズが頻発、そこを90mmのタイドミノーSを通すと狙い通り、


ブルブルブル っと、アタリが。


・ ・ ・ ・ 。


のりません。 こらぁー!!! しっかり食わんかい!

くぅぅぅ~っ!!

これで終わりかい!?


はい

以上、終了でした。 また、明日ですな。 


トンネルの出口は見えたが、まだ抜けられないって感じ。。。

釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2009/10/17 月齢21.3(中潮) 4:20~7:10,上げ9から下げ4分(潮位124→101cm,変化-16cm/h)
曇,気温15℃,北北東の風2m/s,波0.5m,海面水温21.5℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=JIGMAN X4ライトジギングSP#1.2(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUO タイドミノー90S TSブルーバックRB




今日は、昼間の用事を済ませている合間にラーメン屋に行く予定があると話すと、後輩2名が『連れてけ!(=おごれ?)』というので、浜松の『なかむら屋』に3人で出撃。

醤油専門店という肩書ですが(どうやら、ここも家系みたい)、
つけ麺が売りというので、それを楽しみに行ってまいりました。

つけ麺、確かに店主のこだわりを感じます。これは、これでアリなんじゃないでしょうか。
美味しいと思います、こういう料理として、普通にね。酸味が微妙に隠し味になった、つけ麺用の専用スープ、辛みもあり、スープのコクもあり、全体的に表現するのが難しいような珍しい味になっていますが、個性を出しながらも外していない味だと思います。ぜひ次の機会にはこの店の普通のラーメンを食べてみたいですね。

あと、希望を言えるなら、、、、
つけ麺には、温かい麺も選べるようですが、そっちはオプションみたいな扱いなので、今日はまずは標準の冷やした麺を頂きました。でも、温かい方が合うんじゃないのかな?
つけ麺には、”細麺つけ麺”もあるようですが、そっちだとスープが中華そば風のあっさり味になっちゃうようです。ホントは、細麺で、普通のスープを食べてみたい。
最後に残ったつけ汁に、スープ追加してもらって、そこにライスを入れて食べるのを店の方から勧められて、試しましたが、あれは自分には余計だったかも。どうせなら、麺を追加して、麺を入れちゃった方が好みかな。

あと、、『蔵前屋』と同じく、こちらも酒井製麺所の麺のようですが(店内に箱あり)、両者の麺はかなり異なります(そりゃ~、製麺所に自分のところのリクエストを出して作ってもらっているので当たり前ですが)。
『なかむら屋』ぐらいの太めストレート麺を、もしも『蔵前屋』が使ってくれれば、私にとっては『蔵前屋』は遠くても足繁く通う店になったんだろうなぁ~とか、感じました。

そういえば、最近、気付いたんですが、過去に私が2回以上通った店の
およそ半分が現在は店を閉じています(うひゃ~!)

同僚からは、一般的な好みとのズレを指摘されています(多分、それは正しい!)
でも、いいんです。味覚なんて、人、それぞれ。
育った環境や、体質、年齢で変わるものなんですから、いちいち気にしませんよ

これからもラーメン探訪は、つづきますが、皆さんくれぐれも聞き流してくださいね。
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-10-17 17:22 | 遠州灘

<< 濁り再来 天竜川サツキマス白書 vol.... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE