12目ジギング

昨日は仲間7名と近場のライトジギングに行ってきました

釣りに行きたい!という仕事の相手先からの依頼を受け、なんとか魚を釣らせたいと思い、相談したのは、いつもの船長、そう『新居港わし丸』の船長さんです。

私がオフショア初心者向けの仕立ての幹事をするときは、この船長にいつもお願いしています。釣り船はサービス業である、と言い切るこの船長は、客の心を理解してくれる優しい船長さんでして、いつも必ずいい思いをさせてもらっています。

前日の出船確認の電話の際も、船長は

『おう!まかしちょけ!ルアーロッド1本もってくりゃ~、わしがなんとでもしたるわい!』


と心強いお言葉



を、、、、、頂けるのを期待しましたが、、、、




実際は、



『底荒れしとる。根物反応ゼロ。道具、色々持ってきてね』


との、優しいお言葉を頂いちゃいました。


これに敏感に反応した仲間達、、、、。当日、持参した道具は、
キャスト、ジギング、電動?、インチク、鯛ラバ、喰わせサビキ、鯵サビキ、とどめはコマセ!
どこから見てもジギング釣行に行く船とは見えません
皆さんのなんとしてでも釣るというその意欲(秋の食欲?)には、参りましたね。


ところが、予想に反して?魚の反応は好調でして、

こんな陸が見える近場で、
a0096669_6352631.jpg


こんなんや、
a0096669_6355140.jpg


こんなんが
a0096669_636368.jpg

釣れまして

隣では〇さしさんが、こんなんを
a0096669_6391299.jpg

釣ったり、イナダ、ショゴなんかを釣りました。


が、

これには負けました


a0096669_6431247.jpg

5.1kgと5.5kgの真鯛!

〇さしさんのところの若い衆2名と杭1号の、若衆3名軍団は出だしから絶好調
この他にもイナダ、ワラサ、シイラなど多数釣りあげており、彼らの今夜の居酒屋のメニューに期待が持てます。

師匠は3.7kgの真鯛に、ホウセキハタ、イサキ含め色々。
テルさんもイナダ、カマス、カサゴに、最後には狙っていた獲物のヒラメをゲット。

そして、一番心配していたオフショア初心者の接待相手の当人は
大真鯛をジギングで掛けたのですがバラシ、それは残念でしたが、
イナダ、タチウオ、サゴシ、大アジ、シイラ、の5目をルアーだけで見事に達成!

総勢8名全員それなりに釣果を上げ、ぶり、かんぱち、しいら、さわら、真鯛、ホウセキハタ、カサゴ、平目、タチウオ、カマス、アジ、イサキの12目を見事に達成!


流石、船長!やってくれました。
朝のうち、イワシの餌床に群がるカツオの無線連絡で、いつ移動しようか気を揉んでいたそうですが、ジギングを途中で止められないほどの釣果でしたので、向かったときにカツオが終わっていたのはご愛嬌です。


それにしても、みんな沢山釣ったなぁ~~


え? 私?


ま、接待釣行ですからね。




一緒に行ったみんな、判ってるよね? 
幹事は客人よりも釣っちゃいけないんだよ。
無理!してセーブしてたんだからね。
そうそう、接待麻雀とか接待ゴルフと一緒ですよ。
船中で釣れていない最後の一人になった時点でも、別に焦ってなかったからね。



この言い訳、かなり辛いな。。。 


釣れている右舷の若い衆3名に、『場所変われ!』と年寄り3名と若衆3名で左右の場所を一斉チェンジする暴挙にまで出たのに、それでも貧果に終わりましたので、しばらくは若い連中に頭が上がりません。


釣行データ (ジギング=5,2,1 ; キャスト(シイラ)=2,2,2(狙えば∞,∞,∞ぐらいの入れ食い)
釣行日; 2009/10/23 月齢4.9(中潮) 6:00~14:30,上げ5→満→干(潮位変化+10cm/h)
晴,気温12→22℃,北東の風1m/s,波1.0m,海面水温21.5℃
ロッド:パームス/コーラルスターCDOS-76MH,8016、CGP604i など
リール:ダイワ/ソルティガ4500など
ライン:PE2.5~3号×ショックリーダー8号~16号
本日のヒットルアー = DUO ドラッグメタルSV70gRSブルー,などSV70~130gまでの各色
                ドリームウィル ブロスCN28g など

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-10-24 07:02 | 遠州灘

<< 遠州沖12目ジギングの釣行記 天竜川サツキマス白書 vol.... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE