竹竿工房見学

ぶったまげちゃった第二弾です。
週末に、竹竿工房を見学してきました


とはいっても、実は会社を退職された先輩宅の一室です。
この先輩が将来、平成の竹竿師になるためのスタート地点ってわけですが、


これが、



半端なかったっす。。。



また、口が閉じなくなっちゃいましたよ、、、、

何とか流は、こんな作り。ほにゃらら流派の流れはこんな    へぇ~~

素材はボロンなんかじゃ、あかん。竹なんや   ほぉー?

魚種によって竹の種別を変える、ときには四国から取り寄せる   へぇ~?

1本30万円以下の竿は無い        はぁ~?

雨の日は使わない              ぐぇ~?





それって、釣り竿なんですかぁ~~ ???



ってな、感じで、のっけから、目玉飛び出しの口ポカン状態005.gif



さて、この兄貴の凄いところは、磯の大物釣り師でもありながら、竹竿職人でもあるところなんですが、、、。

伝統工芸士の竹竿職人さんの多くは製作だけに拘る職人さんがほとんど。磯でクチジロやカンパチを自分で釣るなんて職人さんはほとんどいないそうです。
ところが、この兄貴は、自分で竹を採ってきて、自分で作って、自分で使って、自分で魚を獲る、っていうのが楽しみ。その中でも本当の楽しみは、魚を掛けているときの竹竿の曲がりを見て、うっとりすることだって、言うんだから、もう完全にイッちゃってますね。もう、あっち側の世界にいっちゃってますね(たぶん、戻って来れん)


別人の動画ですが、こんな感じで竿を曲げてみたいんでしょう、きっと
(長い動画ですが、2分40秒ぐらいのところの、魚が見えてからの突っ込み、すげぇーっすね)


そんな兄貴が、来年には小笠原に3週間滞在して、自分で作った竹竿で、にクチジロの日本記録を狙ってきたいと言って、会社を辞めちゃいました(それだけの理由じゃないんでしょうが、、、)。

その小笠原で使うというご自慢の竿を見学してきたわけなんですが、、、、


竹といっても、流石は釣り師でもある兄貴が作ると、各種の金属素材、繊維素材、木材をその用途に応じて、各所に織り込んでいます。

a0096669_1837985.jpg

一見して、竹に見えますが、

実はその表面には
航空機の外装の表面に巻くのと同じ
繊維素材を巻きこんである

その上に竹に見えるような塗装


えらい、手間やなぁ~~

a0096669_1840320.jpg
わびさび

ってのも重要なんだそうで

漆に、金箔を溶いて
一筆書き!やりなおしできん?

うひゃぁー これぞ職人

道具じゃなくて、観賞用芸術品でしょ、これ?
a0096669_832841.jpg
竹竿の一部

名工の作品に実釣用として
兄貴が手を入れ直したものや、

兄貴のオリジナル作品


でもね、釣り人ならではの竿作りに忍ばせた工夫を聞かせてもらうと、まさに実釣モデルといった感じ。
本来、横の曲げに弱い竹の特性を克服する工法や、継なぎの部分の強化方法などなど工夫に富んでます。
ただの工芸品じゃありませんね、立派に”釣り道具”ですよ。

また、この兄貴の凄いところは、誰にも教わらずに独学だというところでしょうか、


いわく


我流は無形



あかん、、、、  雲のジュウザか??? ホント、イッちゃってますわ


そんな竿を、玄関先で曲げてみろ!と勧められたので、、、、

遠慮なく、と曲げてみると、、、

a0096669_7445926.jpg

よぉー曲がりますわ

しかも凄いパワーだ

たしかに、
これなら、8kgのカンパチは、
チンタ扱いとか言えるわ



次は、ヘビーな方を曲げてみろと言うので、そっちもトライ
a0096669_7471435.jpg

こっちは

曲がらんって、、、


自分が浮き上がりそうです

曲げるには人間のパワーと重量が足りません


これなら、20kg以下はリリースとか言うわな、、、



曲げた後の竿は、反対向きに軽く曲げ直して、ソリが戻る?(常識らしいです)

1回、大物を掛けたら、竿はそれまで? 



はぁ? 1回で30万の竿、寿命ですかぁ~~???



直せるけどね、って兄貴言ってましたが、、、、  
もぅ、このあたりから意味不明な言葉が多く、最後までついていけませんでした


今後は、夢の大物ゲットで日本記録更新、そして、工房立ちあげを期待しております。


がんばってください! 応援しています
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-11-30 18:45 | 道具

<< Beach Walker 90S SUPフィッシング >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE