天竜川サツキマス白書 vol.8 漁獲時間

随分とご無沙汰しておりました、天竜川のサツキマスのデータ解析をやっと再開します

今までに、釣れた魚のサイズ(寸法),釣れた時期,そしてその相関関係を整理してきました
(過去の記事を見るには、左のカテゴリ欄で、『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)


今回は、釣獲(漁獲)時刻について解析してみました


2000年~2004年の手持ちのデータには漁獲時刻の記録が無いため、
2005年~2009年 総登録数 = 284尾 からのデータとなります

a0096669_22123245.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
  2005年から2009年までの時間毎の登録数の分布

これを見ますと、やはり朝晩は強いですね。ま、当たり前っちゃー当たり前ですが、、

狙うなら、早朝から9時までと、16時から18時といったところでしょうか
9時~11時あたりに、もう一山あるのは、どういう理由なんでしょうかね?
早朝のポイントから、次のポイントに移動しての釣果でしょうかね?
でも、自分も早朝から粘って、この時間になって釣れたときがあります。
丁度、稚鮎が活発に動き出すタイミングと一緒かな?

逆に一番釣れていないのは、13~15時。 これって、ちょっと意外でしたね
太陽が一番高い12時ぐらいの時間帯が釣れないのかと思ったんですが、、、、
この結果は、人間(釣り師)側の都合?
それとも、サツキマスのお昼休みがこの時間?



次は季節によって、漁獲時刻に違いがあるのか?
a0096669_22201155.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
  2005年から2009年までの漁獲日と漁獲時刻の関係

大きな特徴というものは無さそうですが、、、、
シーズン開始直後は、早朝の釣果がありません。4月に早起きしても無駄ってことかも?
日が長い6月には早くから遅くまで釣果があるので、やはり日の出から日没までが鍵ですね



最後に、デカイやつは何時に釣れるのか?
a0096669_22293471.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
 2005年から2009年までの漁獲時刻と尾又長の関係

これも、これといって大きな特徴がありませんね
あえて上げるなら、7時までの早朝には、小物(30cm以下)が少ないことぐらいですかね?
シラメというか、海まで降りなかった個体は早朝には口を使わないんでしょうかね?

意外だったのは、大型(40cm以上)が時間に限らず釣れていることですね


さて、次回は、どこで釣れるのか? 場所編を予定します
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-01-20 21:46 | 天竜川サツキマス白書

<< 妄想、ぐーるぐる ロングミノー、使い勝手 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE