天竜川サツキマス白書 vol.9 漁獲場所

天竜川のサツキマスのデータ解析、次は場所編となります
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)

この場所のデータに関しては、データを見る目といいますか、釣り場での経験値が、
データを見る上で重要になってくるような気がします

何故、こうなっているのか?

それぞれに理由があると思うのですが、私には判らない部分が殆どで難しいです


漁獲場所の報告がされている
2000年~2009年 総登録数 = 469尾
からのデータをまとめてみました

a0096669_22455818.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
  2000~2009年までの釣獲場所毎の登録数の分布

各区間内の距離は2~5kmとまちまちではありますが、
掛塚橋(国道150号線)と新幹線の間の実績が多いですね
距離が長い笠匂~浜北と比べても、その数は際立っています

私もこの結果は釣り場で感じていたことですが、
この理由を以前は、掛塚~新幹線には、魚のつくポイントが多いから?、と漠然と推測してました
でも今は、いくつかのデータを見ると、本当にそうかな?、と感じて始めてます


魚が散る前、散る時期になるよりも以前に、丁度そこを群れが通過しているので、
群れの規模が大きいところを狙えているのでは?
河口から近いので遡上して、そこを通過する時期を読みやすい?
しかも、地理的にこの流域は川幅が絞られている箇所が多く、迎え撃つには絶好?

そのため、限られた期間に、ここで爆発的な釣果が上がるのでは?


個人的には、こんな理由かと推理中です
そんなことを感じさせたデータを、もう少しご紹介します


a0096669_22533294.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
  2000~2009年までの漁獲日と漁獲場所の関係

たくさんのデータプロット数で、見難いかもしれませんが、
掛塚と新幹線の間で、『魚がつく』≒『魚が足を止める』
という現象が起きているようには、このデータからは見えません
(遡上のペース、グラフ上の右肩上がりのプロットの傾きが変化しているように見えないのです)

一定のスピードで、ほぼ立ち止まることなく上流へと遡上しているように見えませんかね?

そのスピードはおよそ、90~120日間掛けて河口から船明ダムまで遡上するペース

やはり、堰堤や大淵(滝)などを持たないダムより下流域では、
サツキマスはほとんど足を止めることはないのでは?
もちろん夜間、日中などのサイクル間での小休止はあるにせよ、長居はしていない?


次に、『魚が散る』っていう現象について
a0096669_2312444.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
 2009年の漁獲日と漁獲場所の関係

6月に『魚が散る』という現象が起きていません?
実際には遡上中の魚が逆に下ってみる、なんてことは無いでしょう
おそらく6月に、下流で実績があがっているのは本隊からやや遅れて遡上した群れ?
上流で実績があがったのは3月に河口から遡上開始した第一陣の群れ?

う~~~んんんん、、、、 ちょっと無理のある解釈かも?
ですが、『魚が散る』というこの現象、他の年度のデータでも見てとれます

ある時期に、一斉に広域で釣果が報告され始める現象
5月だったり、それが6月に起きたり、年度により異なります
何が原因なんでしょうかね?

その他に目立つのは、『釣れない時期』
完全に釣果報告が絶える時期、2週間~1カ月程度が
約2年に1回の割合で発生しています

天竜川独特なのかもしれませんが、これはダムの放水が影響していると思われます
ですが、その間も魚はきちんと一定のペースで遡上しているかのごとく、
6月末から7月初には、潮見渡橋付近に到達しています
たくましいですね、サツキマスは・・・


最後になりますが、
年によっては、遡上時期が早い,遅いと良く言われたりもしておりますが、、、
a0096669_2325097.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
 2005と2006年の漁獲日と漁獲場所の関係

早い時期に釣果が集中した’05年と、
遡上が遅いと言われた’06年

こうして比べてみると、
群れの規模が大きい本隊の遡上時期には違いがあったかもしれません
約1カ月くらい’05年の方が早いかもしれません

ですが、潮見渡に到達した時期は同じぐらい?
年度の最初の釣果と、潮見渡の釣果を結ぶ直線を引いてみると、
両者にそんなに大きな違いは無いのかも?

このように、第一陣の遡上時期に関しては、各年度のデータを見ても大差は無いようです


まだまだ判らないことばかりですが、釣るために役立ちそうなことも幾つか、、、(推測の域を超えてませんが)
①『魚が散る』前に、狙い撃つ = 爆釣の秘訣?
②大きな群れの本隊の遡上に合わせて、釣り場を移動 = 釣果を継続する秘訣?
③本隊の遡上が遅くても、第一陣は必ず3月に川に入ってきている
 また、本隊よりも遅く遡上している群れも必ず存在している = 他人と違う場所で釣る秘訣?


あとは、どうしたら大型を獲れるのか?
次回は、釣獲場所、釣獲時期と尾又長(魚体寸法)の三角関係を調べてみます
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-05 22:34 | 天竜川サツキマス白書

<< 天竜川サツキマス白書 vol.... 妄想、ぐーるぐる >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE