天竜川サツキマス白書 vol.11 漁獲場所編その3

昨日の、漁獲場所と魚体寸法の関係のグラフは非常に見づらかったですね
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)


ここに載せるということは、多くの方に見て頂くためなのですから、
見難いようでは、お話になりません

自分の解析により、自分が調べたいことを解き明かすこと以外にも、
経験豊富な方々に見て頂いて、違う視点からのご感想を頂けるのではないか?
はたまた、初心者の方々や、これから挑戦してみようという方々に幾ばくかの参考にならないか?
なども期待して始めたわけですから、見辛いとか,判り難いようでは論外!
そんなことなら、公開する意味がありませんね


ということで、昨日のデータに関しては、年度毎のデータ(グラフ)を追加してみます
自分で、「年度毎に魚体寸法にバラツキがあることが、データを見難くしてしまっている」
と書いておきながら、10年分のデータプロットだけってのは無理がありました


それでは2009年から、2000年まで順に掲載してみます
a0096669_16262511.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

  2009年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_1626492.gif2008年は、小型が多い

'09や'07年と比較すると一目瞭然。

こういったデータで、10年分のプロットでは見難かったわけです
  2008年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_1627261.gif
  2007年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_16271710.gifこの年は遡上が遅いか?と疑われた年

その他の特徴として、中流域での漁獲が少なく、分断された格好。
これは5月後半から6月後半に殆ど釣れなかったことが原因ですね
  2006年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_16272981.gif2005年は本隊遡上時期が早かったと思われますが、その影響なのか、逆に遅かった'06年比でサイズが小ぶり
やはり、海で過ごす期間の長短は魚の大きさへの影響度は大? すると、海で3cm/月,川で1cm/月の成長度の推測は当たらずも遠からず?
  2005年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_16274176.gif
  2004年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_16275156.gif
  2003年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_1628193.gif
  2002年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_16281268.gif
  2001年の漁獲場所と尾又長の関係
a0096669_16282394.gif
  2000年の漁獲場所と尾又長の関係
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-07 16:14 | 天竜川サツキマス白書

<< 天竜川サツキマス白書 vol.... 天竜川サツキマス白書 vol.... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE