天竜川サツキマス白書 vol.13 期間、場所と登録数の関係

ついでなんで、もう一つ作ってみました
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)


釣れた時期(期間)と場所で整理した、魚の数(登録数,釣獲数)の3次元グラフです
a0096669_2150061.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

  2000~2009年の釣獲時期,場所と登録数の関係

このグラフは年度毎の魚のサイズによる影響は受けないし、10年分あれば遡上時期に多少のズレがあってもデータ数が多ければ影響は少ないだろうということで、10年分の469尾のデータです

1本だけ飛び抜けて大きいデータ(4/29~5/5,掛塚~新幹線)は、縦軸を超えてまして登録数56
GW期間中の登録数が多いのは、「休日の数∝釣り人の数」が大きく影響してますね


全体的には、遡上する本隊の動きに合わせて釣果がより多くなっているという傾向
釣果が多いところが、2009年の大型が釣れた時期-場所と、微妙に異なっているのは?


数を釣るなら、この群れの動きに合わせて釣り人が遡上していくのが良さそうですよね013.gif

[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-09 21:45 | 天竜川サツキマス白書

<< 天竜川サツキマス白書 vol.... 天竜川サツキマス白書 vol.... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE