2007年 11月 17日 ( 2 )

 

天竜川C&R区間

生涯初の天竜川C&R(キャッチ&リリース)区間へ。

午後、時間が取れたので、明日の下見ぐらいの軽い気持ちで天竜川へ。とは言っても、河口近辺でのサツキマスのように川まで20分ってわけにはいかない。昼間に片道70分、帰りは休日夕暮れ時で60分。

ちょっとジュネスよりは遠いなぁ。

現場に着いてから、メールの着信に気づくと、遠州遠征にきたヒロさんから入電。急ぎ電話してみる。『今、太田川の河口にいるから、上から何か流してくれやー』と言う。

天竜川で桃を流したら、太田川河口で桃太郎になるんかい!?

さて、いつも面白い彼の電話(会話)も非常に捨てがたいのですが、天竜川もここまで上ると静けさがしみわたるような環境ですから、馬鹿話をデカイ声でしているというのも野暮ったい。とりあえず、じゃぁね~と切って、実釣開始。

先ずは、やっぱりここでしょう。全国紙などでも有名な激流のガッサラからスタート。しかし、このポイントはやばいです。流れが速すぎて、スプーンが浮き上がるというよりは水面から飛び出してきます。
これ、海で言いますと、イナンバの激流体験したときと同じ衝撃ですね。
そんな中でもサクサク釣っている方もいます、かっちょえ~。

ということで、本日は下見のつもりなので(←下手糞の負け惜しみ)。。。
正直言っちゃうと、道具も含め、出直しですね。
ま、今日は、川に降りる道が判っただけで良し。

ちょっと、いえ、かなりジュネスよりは手強いなぁ。
[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-17 18:19 | 天竜川

まだ、ダツ

昨日の浜では生体反応を感じられなかったので、今朝は場所を変えました。自分との相性は決して良くは無い場所ですが、地形、潮流、水深と条件は揃っています。

開始して20分、SLDコツコツっと小さなアタリ、合わせる間もありません。
その数分後、隣りの方の竿が曲がってます、あがってきたのはデブデブのシーバス。もしかして、自分のあのアタリはこれだったのかぁ?(きっと違うんでしょうけど、そう思いたくなるのが常)

その後、生体反応レーダーがビンビン反応するような、バイトシーンや小ナブラ発見。しまいには、自分の足下の波打ち際でバクバクやリ始めました。タモでフィッシュイーターごとすくいたい気分ですが、全く釣れません。そのうち、お隣りの若い衆2名がトップを引き始めました。

『活性上げてくれて、ありがと~』
っつぅ~か、”もう釣れちゃったもん”オーラが出まくりなんですけど。


すると、そのうちの1人に魚がのりました。ダツです。。。まだ、いたのか、ダツ。
帰宅直前、逆隣りの方にも、なんか来たようで。

『なんですかぁ~、ダツですかぁ???』 (若い衆2名)
『ひゃぁめですかねー?』(釣った方)
『え?ヒラメ!』(若い衆2名、猛ダッシュ)  ‥‥ つられて、自分もダッシュ
『サメですかね?なんですかね?』(釣った方)

奇妙な魚やなぁ~と思いながらの帰宅途中の車中で気づきました。
あれは、エソだ。
しばらく船に乗っていないから、顔をすっかり忘れていた。
というか、ここで出会うとは思わなかった。

なんだかエソを見たら、船に乗りたくなってきました(←なんでだ?)




釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2007/11/17 月齢7.2(小潮) 5:30~7:00,上げ1→4分
晴,気温9℃,北の風1m/s,波1.0m,海面水温21℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のルアー = タイドミノーSLD 

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-17 07:47 | 遠州灘

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE