カテゴリ:遠州沖( 25 )

 

カツオ?

カツオを狙いに行ったはずが撃沈!
60?マイルまで群れが遠ざかったとか、、、これじゃ無理


でもカツオがいなくたって、沖での釣りはいつも楽しいんですよね~

今日は、〇さしさん幹事の仕立て船に乗船させてもらいました。
港に行ってみると、初めての方も含め若い方が大勢!? 珍しく?平均年齢が低い総勢10名により新居港隆栄丸にてカツオ征伐へ出撃。
ところが、一昨日ぐらいには近場にいたというカツオも本日はどうやらお留守だったようで、、、。不幸は重なるもので、安全牌と思っていたサバも朝の3ナブラ(シラス食いに夢中でルアー見向きもせずの群れ)のみでお終い(その後、トップには出ず)。
そんな激シブの辛い釣行ではありましたが、なんとか参加者全員が魚を手にでき、天気も良かったし、カツオは釣れなかったんですが、個人的にはOKです。こういうのも、たまにはアリですね(最近、軽い竿で、軽いミノーばかり投げてたんで、身体は辛い、、、、齢なんで明後日あたり筋肉痛か?)

杭1号も初オフショアで魚を手にし、師匠も色々大物ゲットされて、久々にお会いしたCAPECOD氏からは和歌山の釣りのお話も聞けたし、よかったよかった。。。。


釣果?


魚、裁いちゃった後で気づいた!写真を撮っていなかった!
なんせ、貧果だったんで、、、すっかり忘れてました。


刺身になっちゃいましたけど、こんな感じ
a0096669_19214180.jpg

タチウオとアジ

タチウオも指4本ぐらいの中型でも、上手に裁けるようになってきました。
アジは〇さしさんの釣果をくすねました。

タチウオはこの他に明日の塩焼き用にたんまり


やっぱり近場は楽だなぁ~、、帰ってきて、片付けて、魚裁いて、シャワーあびても、まだ明るいし、、、。
特に、今日は運転してもらったので楽だった!〇さしさん、ありがとね~

釣行データ
釣行日; 2009/6/12 月齢18.6(中潮) 5:30~14:30,上げ6→干潮(潮位変化+5→-15cm/h)
晴,気温18→26℃,北西1→西南西の風5m/s,波1.5m,海面水温22.5℃
 ロッド:パームス/コーラルスターCDOS-76MHなど
 リール:ダイワ/ソルティガ4500など
 ライン:PE3号×ショックリーダー60lb
本日のヒットルアー = DUO ドラッグメタルSV110gRS朱金,など各種ドラッグメタルSV


[PR]

  by fish_anecdote | 2009-06-12 19:28 | 遠州沖

くぅ~~、、、たまらんっすぅー

仕事中に通路で先輩に呼び止められました。

『浜岡沖で30kgのカンパチを仲間が釣ったよ』

ぎゃぁ~~~、、、、、脳みそ破裂しそーです

聞けば、ワラサ釣りで掛けたワラサに喰らいついてきたんだそうで、格闘40分?ハリス5号! 
完全に脳の思考回路停止しました。

西のサーフのワラサ祭りの話だけでも、最近は脳天直撃気味だったのに、、、、
そのワラサが餌?ど凄過ぎます。なんだか、とどめを刺された気分です。

先輩は現物(120cm、30kgオーバー)を見たそうで、傍にあった60cmのワラサがルアーに見えたとか、、、

昔、イナンバで2,3kgのメジを釣りましたが、そのときに仲間が釣った17kgのヒラマサと並べてみるとメジがルアーに見えたことを思い出しましたよ。

くぅーたまんねぇだろうなぁ~、、、ある意味、ワラサの泳がせっすよ。
日本近海で出来る究極の泳がせ釣り? じゃないでしょうか

そういえば泳がせといえば、このあたりではアジやイワシの泳がせで狙うヒラメが有名ですが、先日、NHK北海道の釣り番組ではバケ(4~500gの海サクラで使う錘ね)の上下で死に餌(オオナゴ丸ごと1匹)を泳がせてヒラメを釣ってました。でも、その船の船長はバケの先に、な!?なんと、
タイドミノースリム175mmをつけて、餌(客)よりも多く釣ってました(餌1×ルアー5ぐらい)。

ある意味、究極のトレーラー? って感じでしょうか。

『サイズの概念を捨て、ビッグミノーの威力を存分にお楽しみください』ってのが売り文句ですが、ここまでの利用はメーカー側も考えてなかったんじゃないかなぁ、、、、。ですが、DUOのルアーはいつもメーカーが考えもつかないようなアイデアで使ってくれることを期待しているというお話を聞いたことがあります。

なんか釣りって、ほんと奥が深いよなぁ、、、、 と思わせれられる今日この頃、、、、

おまけ(PRノット製作ツール)
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-18 00:01 | 遠州沖

釣れた魚の写真

土曜は大型青物狙いで原発沖へ。

釣り終わって帰宅してから、若い同僚がその日の朝に急逝したと連絡を受けた。

ありえない。信じられなかった。

前の日の夜、会社の帰り際こ声をかけた。
『明日、釣れたら魚持っていってあげようか?』と私。
『いえいえ、写真見せてくれるだけでいいですよ』って、彼。笑ってた。

彼とは、ここ2年ほど一緒に天竜川のニジマスを釣りに行っていた。
来年も一緒に行こうねって話していたけど、もう叶わない。


見せられなかった写真、約束だったからここに載せておくね

a0096669_2031383.jpg

良くあることだから、君は笑ってるかな?

狙った魚と違って、赤い魚になっちゃったよ。



[PR]

  by fish_anecdote | 2008-10-13 20:06 | 遠州沖

夏休み、青物決戦

遠州沖で青物決戦、事前の情報ではシイラ、シオ、メジにシーバスや底物までがターゲットと、いつもより賑やかな感あり。



結果> 難しいですねぇ~釣りって。。。021.gif



底物狙いのジギング、なーんも釣れまへ~ん。。。



太刀魚ジギング、バラシまくり。。。





でもね、




やっぱ!楽しい~なぁ~! 夏のオフショア!!

しっかりと、お父さんの夏休みを堪能させてもらいました!003.gif

シイラ,丸ソーダ,太刀魚,ゴマサバ,赤ムツ(極小リリース)で5種目達成の五目釣り完成!存分に楽しませてもらいました。その他に、船中ではカサゴ、ホウボウ、ヒラメ、おまけにエイ風のサメ(粕鮫)まで。
他船はペンペンに熱中する船、サバを追い回す船、その他にも選択肢にはシーバスとシオのジギングも選べたりと、次どこ行く~?って船長に聞かれても悩んでしまうような状況(嬉しい悲鳴)。

a0096669_2232314.jpg
シイラにDUO製ジグスプーン,プレスベイトフュージョンが非常に有効でした。投げて、ただゆっくり引いてくるだけという単純さは、初心者の方々にも嬉しいルアーに仕上がっているんじゃないでしょうか(私には、とっても有難い)。


a0096669_2233132.jpg
今日は、腹部アイにヒラマサ針のシングルアシストフックの組み合わせでしたが、リアのアイにトレブルなど、組み合わせにより沈下と遊泳のアクションを変えられます。


今夜はサビキ(悪魔に魂売りました)の大アジを加えて食卓は刺身三昧。船長達のお勧め(カツオより美味い)の丸ソーダの刺身もGOOD。まだ、腹痛にもなっていないので、あたらなかった模様。血合いをしっかり取る、皮に身をつけて引くなど気をつけていても、あたってしまう方もおられるようで特にお勧め出来ませんが、身は確かにカツオ以上かも。但し、食べるところが少ないのが難点ですな。

釣行データ (15,8,5)
釣行日; 2008/8/12 月齢10.7(長潮) 6:00~15:00,下げ7→上げ8分(潮位変化±10cm/h)
晴,気温27→31℃,東2→南の風3m/s,波0.5m,海面水温27.5℃
 ロッド:パームス/コーラルスター8016、604など
 リール:ダイワ/ソルティガ4500など
 ライン:PE1.2~3号×ショックリーダー25~60lb
本日のヒットルアー = DUO/ドラッグメタルSV110gグローピンク など各種ドラッグメタルSV
               プレスベイトフュージョン DMブルーバック

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-12 22:47 | 遠州沖

御前崎沖釣行

TVで一番搾りの宣伝を見ていたら、ブリしゃぶを食いたくなり、おまけに(何故か)マハタの鍋も食べたいと御前崎沖へ。

今回は食わせサビキ禁止というお約束で幹事さんが仕立てた船(新居港和丸)でジギング。こういうのは船中全員坊主の可能性も高いですが、ルアーしかやらない自分には大歓迎です。そんなお誘いに集まったルアーオンリーの猛者は7名、遠征実績の多い方や、入賞経験者が居て頼もしい限り(この人たちのルアーの誘いはきっと上手いはず→魚を誘い出してくれる→私にも釣れる確率が高くなる?)。月末まで開催中の新居漁港の魚種別大会記録の更新を狙われている方も居るようですが。私には、”そんなの関係ねぇ~”。
狙うはブリ(しゃぶ)とマハタ(鍋)のみ、サイズ(と釣り方)は関係ねぇ。 

朝の一発目のポイントでの一流し目、底ベッタリの青物を狙って20~30mだけ底を切るのを繰り返した3回目に、船長から『はい、あげてぇ~』の声。その瞬間、


ドガーン

とヒット。この引きはカンパチ!よっしゃー絶対とる!
銭州の敵を御前崎で討つ!(狙いはブリだったはずだが、、、)。
銭州の二の舞(さんざん走られ根ズレでアウト)だけは避けたいので最初から勝負。最初に人間様の方が強いことを教えたらなアカン(隆栄丸船長直伝)と、あまり走らせずグングン巻いてきましたが、、、。
前半戦で完全に体力消耗、日頃の運動不足もあって、あと20mあげるのがシンドイ。ようやっと、船長のタモに入ったのは、8.6kgのグッドサイズ。

a0096669_15283885.gif


慣れないサイズに慌てていたので、タモ網が尻尾に引っ掛かったままなのはご愛嬌。
この時点で、もうブリはどうでも良くなっていました。と言いますか、自分のクーラーにも入らない魚を釣ってしまって、帰路のことだけが心配でした。





腹を空かしたカンパチが一発目から来たようです(胃袋の中、空っぽでした)。
しかし、このルアー,ドラッグメタルSVの朱金にはお世話になりっぱなしです。銭州、御前崎沖、原発とカンパチでは3戦無敗(ボウズ無し)。はっきり言って、あまり見かけないマニアックなジグではありますが、信頼が置けます。

その後、同船の方にワラサが釣れ、目の前の他船でもワラサがあがり。しばらくして、同船の方2名にカンパチと思われるアタリがありましたがキャッチまでには至らず(それにしても良型のヒットの多い日です)。
そろそろ戻りますかぁ?の船長の問い合わせがあった頃、海の中から女神様の声が聞こえた気がしました。

『おねが~い、最後はゴムつけてぇ~』

お願いされると弱いので、速攻でゴム装着して挿入、投入。
腰を一振りした底を一叩きした一発目。

ウッカリカサゴの大物登場
a0096669_162460.gif


お前じゃないんだがなぁ~
真ハタ色した~♪魚ではありましたが。


ジグはまたもやドラッグメタルSV朱金,テールにシングルフック追加でグラブです




その後、帰港する途中で幾つかポイントを叩き、同船の方がカサゴ、イナダ、小政を追加して終了。
a0096669_16165029.gif
ヒロさんのクーラーボックスを3人で汚しまくった図。青物御三家とカサゴ親族揃い踏みという感じでしょうか。この他に船中でワラサx1。



ブリしゃぶも、マハタ鍋も出来なくなりましたが、出来過ぎの結果でした。
港での計測で、年間記録のトップには及びませんでしたが、大満足。

こんな日もある


釣行データ (3,2,2)
釣行日; 2007/11/24 月齢14.2(満月大潮) 7:00~15:30,下げ3→上げ8分
晴,気温10→16℃,北の風3→西の風5m/s,波0.5m,海面水温20℃
タックル=5.8ft + Z6000 + PE4号(+リーダー60lb)
本日のヒットルアー = DUOドラッグメタルSV130gRS朱金
               カサゴにはテールにグラブ(白)をセット

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-25 13:41 | 遠州沖

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE