カテゴリ:遠征( 43 )

 

新年明けました

新年、年明け早々に県内でも有名なヒラメポイントへ。

とは言っても、元旦早々の出撃(釣り初め)では、ありません。家族で温泉(本当の意味のね、温排水では無く)へ、次の日は早朝から険しい山の頂上へ初詣。
『今年こそは大物が釣れますように!』 いえいえ、、、ちゃんと家族の健康をお祈りしておきました。

帰り道で下界を見下ろすと、ヒラメハンター達が竿振ってます。メチャ凪・無風です、暖かくて楽しそうです。こちらは石の階段を延々と上って、ぶっ倒れそうです。頂上から、釣りしている連中に向けて石をぶつけたくなりましたemoticon-0130-devil.gif
羨ましいなぁ~、正月早々、釣りに行けて。。。

さて新年といえば、本日は天竜川の年券を更新しました。
年券の色が変わると、年が明けた実感が湧いてきます。今からサツキマスの季節が待ち遠しいです(サツキ用のラインも買ってしまった)

明日は子供と天竜川C&Rへ行ってみます。
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-01-03 18:47 | 遠征

今年、最後の青物には出会えず

急に思い立って、というよりは数日前のカンパチの釣果に踊らされて、駿河湾内のサーフ(石津浜)へ

魚よりも釣るのが簡単?な釣友に一発誘いを入れて、がっつりフッキングさせて連れて来ました。自身も数年振りの懐かしのポイントですが、あまり良い思い出の無い場所です。

駐車場が埋まるぐらいの大盛況との噂を聞いていたのですが、到着すると釣り人の気配無し。ま、とりあえず実釣開始。暫くすると釣り人は増えてきましたが、別に大したことはありません、、、、(この時点で既に悪い予感) 

開始約30分後、離れて釣っていた釣友CAPE COD氏から入電。
『タチウオ釣れた~!』
お見事!氏はサーフからの初タチです。誰も釣れていない中で立派です。

その後も、こちらにはアタリさえありません。そのうちに、数人離れたところでショゴっぽい魚をゲット。遠くて魚種がはっきり判りませんが、青物はいるようです。しかし、浜全体でもその一本で後が続かず。
噂と大違いの現実に、かなり不安です

平日の朝ですから、段々と人も減ってきます、同時にシラス漁の船がかなり意図的に目の前を高速通過してくれて場を荒らしてくれます。そのうち、至近距離で網を引き始めました、、、、多くの人が退散していきます


しかし、タコ釣り師のお爺さんが『この網入れた後が青物が出やすいでぇ~』と予言めいた有りがたいお言葉をくださったので、信じて投げ続けます。確かに地元の浜でも同じような経験はあります。開始から4時間以上経過した頃でしょうか、氏の竿が曲がりました。a0096669_2274638.gif


ワカシです。
氏、生涯初のサーフ青物なので、とても嬉しそうです。今朝の浜全体の2/3の釣果を叩き出した格好になります、なんだか後光がさしているようにも見えます(笑)




その後も続く、漁船の至近距離の暴走に、ラインを切られて、すごすご退散。
a0096669_22485797.gif

ちょっと近すぎねぇ~?


これで今年の夏は終わりです(完全降伏宣言?

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/9/21 月齢9.6(小潮) 4:00~10:00,下げ2分から上げ2分
晴,気温22~28℃,静穏のち東北東の風1m/s,波1m,海面水温26℃
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=PE2号(+リーダー8号)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-09-21 21:45 | 遠征

地磯のトップ

夏休みの宿題で忙しいようで息子も相手してくれないので、
暇なお父さんはふらりと地磯へ


大潮干潮と南天が重なる絶好のコンディションのはずが、、、
ちょっとした事情で大遅刻、到着したら潮は1mほど上がってるし、
予報通りに風波強まってるし、ヤバイっす(弱々)。
しかし、そのお陰か、はたまた平日のせいか、駐車場も釣り場も貸しきり状態。

海の様子を偏向グラスで眺めると、おぉぉ~~こばっちいのが、うぢゃうぢゃいます
ポッパー投げると、大勢で追っかけてきて、ルアーにじゃれついてきます。
なんだか海のジュネス(管釣り)状態です、超楽し~い。
ところが、よく見ると、、、そのうちの90%はフグでした!
こいつらが食い損なってライン噛むのだけは避けたいものです。

フグ以外にも、半身を投げ出してアタックしてくるシーバスもいます。
ですが、本命のチヌが見当たりません。やっぱり遅刻が悪かったかなぁ、、
と反省しながらも、この雰囲気ならなんかは釣れるやろと強気に。

チヌ用のポッパー引いてランガンしていると、ガツンとHIT!
ですが、のりません、見るとルアーの後ろからダツが猛攻撃してます。
こいつらは夏のサーフではシーバスの外道で良く釣れますが、
今日はどいつもこいつもHIT止まりで、のりません。
『おまえら、口使うのほんまに下手やなぁー』と心の中でほざいておきます。

その後、ポッパーを見切られてしまったようなので、バス用のマイクロバイブで
シーバス狙いに切り替えると、、、ルアーピックアップ寸前の岸壁の際で
ブルブルブルっと食ってきますが、のりません。
『おまえらも、真面目にやれ!食う気あんのか!』と、また、ほざいておきます。

潮が更に上げてくると魚達もいなくなり、風波も強くなり頭から波を被りはじめ、
『どいつもこいつも、しょーんないなぁ。今日はこんぐらいで勘弁したるわ!』

と心の中でほざきながら退散。

きっと魚達は、、、、、
『おっさん、ちょっとポッパー動かすの下手すぎるんちゃう?
よう食い切れんわ!次までに上達してこいやーほんまに!』

みたいに言ってるんでしょうか、、、。ホント、自分が下手すぎますわ。

ですが、地磯で高い足場からの釣りでサイトフィッシング、しかもトップですから、
中々楽しいです。また、近いうちに再戦の予定です。

釣行データ  (本命は0(外道は多少HIT有),0,0)
釣行日; 2007/8/27 月齢14.2(大潮) 14:30~16:00
晴,気温29℃,南西の風4m/s,上げ5分から8分,波1.0m,海面水温28℃
ロッド=コーラルスター604,ライン=ファイヤーライン1.2号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = R.A.POP , ワゴンセール特売バイブ などなど

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-08-27 17:46 | 遠征

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE