カテゴリ:河口( 13 )

 

SW、終了?

今、”SW”って書くと世間では、『連休、真っ只中!』ってなことをイメージするんでしょうが、、、

私の連休は本日で終了。

SWなんて言われても、ツインパか、雑誌のソルトワールドぐらいしか思いつきません。


この連休中、結局、何も釣れんかった。。。。(まだ、本日、1日残ってますが釣行不可)


つまんねぇ~~、、、 台風のバカヤロー!!!


杭1,2号は地元を制圧したので、県内某所の青爆祭に遠征するとか言ってましたが、私は昨日も用があって置いてけぼり。


辛い。。。。 
釣れないのは慣れっこだが、置いてけぼりは辛い。これで、ホントに爆釣だとなお辛い。


釣れたかなぁ~??? 
釣れてたら、写真送ってこいやー!(高田風) ← 何故か、無駄に強気


あんまり悔しいので、昨夜は河口へ夜釣りに行きましたが、釣れない。

様々な自然条件をを考慮して釣れないと自分が判断した時なら、釣れない方が嬉しい!
逆に、そんなときに釣れてもらっては困る!

みたいなことを村〇晴〇さんが言ってたなぁ~。

私なんかはマグレでいいんで、いつでも釣れた方が嬉しいですが、、、

逆に、今日、ここで絶対に釣れると思ったときに、釣れないと凹む。
みたいなことも言ってたっけな~。


そういえば、最近そういうシチュエーションで釣りしてないな、、、、
俺だけ、なんで釣れない!? っていう所で、釣りがしたい
(本当にそうなっちゃうと、”極限の辛さ”を味わうことになるんですが)


釣行記を書こうかと思って、書き始めたのですが、絶対に釣れないと思って暇つぶしに行った、いいかげんな釣りなんで書くのは今回は止めときます。


ニュージーランドの釣り師の間には、こんな諺があるそうですね


”The worst day fishing is better than the best day working”
(人生最悪の釣行日も、人生最良の仕事日よりはマシ)



ずいぶんと前に、夢枕獏さんの本で最初に知ったんですが、昨日のTVで見たニュージーランドの釣り船(レイクトローリング船)にもこの諺が書いてあるプレートが貼ってあるのを見つけて思いだしました。

う~~んん、、、、いい言葉だ。

こう考えれば、リフレッシュにはなるか!?
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-09-21 06:48 | 河口

台風が沖を通過中で、、、

とんでもない高波が予想されました

今朝、行ってみると、外海は、どエライ(遠州弁;とっても凄い)ことになっちゃってました。
近づけませんよ、こりゃ~。時折り、とんでもない高波が来てます。


河口の川の中なら釣りになるだろうと甘く考えてたんですが、、、、


うげぇ~~


川の中が、プチ貯木場状態っす!


台風のウネリに、大潮満潮が重なると、こうなっちゃうのね。。。
大木やら、木の木端やら、、、、ぷ~かぷ~かして、全くこれじゃ釣りになりませんわ。

とんぼ帰りしてきましたが、同じような方が大勢いました
(みなさん、来てみますよね、連休初日だし)


次に釣りになるのは、いつからかな?

しょうがないので、今日は釣具屋巡り(といっても眺めるだけですが)
ビックリしたのは、ショーケースの中の高級機種リールの前にしばらく立っていたら、店員が寄ってきて、『良かったら、どうぞ、お手にしてみてください』と、ショーケースの鍵を開けてくれた。

もしかして、金持ちに見えた? (ちがうか!?)

お陰さまで普段はいじくり回せない高級機を、手当たり次第に手垢まみれにしてきました(笑)
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-09-19 18:36 | 河口

海は荒れているみたいなので、、、

今週末からは頭を川から海に切り替えようと思いますが、
週末もこのぶんだと海は荒れそうで困ってます。


この荒れる前に、杭1号、2号のコンビはちゃんと先週末に、青爆祭を体験してきたようです(いいなぁ~)。
金曜の会社帰りにポイントを偵察。土曜は迷うことなく、見つけたポイントに直行し、土日は連日の青物祭りを堪能したようです。

立派です!もう一人前だ! (次の機会には、私にもおこぼれをくれ!)


さて、昨日は息子のサッカーのナイター練習の送迎の合間に、川に夜釣りに行ってみました。
昔、良く通ったエリアで、いつもなら長靴で、ちょちょいと楽しめるエリアなんですが、、、、


ありゃ~~、、、、かなわんなぁ、、、ポイントの形状、激変してるやん。
たしかに、大潮満潮に近い水位とはいえ、今はこんなんですかぁ~~


長靴じゃ、全くポイントに近づけず、、、、、
かといって、水が藪まで来ていて、移動もままならず、、、


しょうがないんで、ぜってぇーに釣れないと思いながら、キャス練。
ずぇってぇーに釣れねぇ~って思いながら、1時間も釣りするの辛いですねぇ~


さて、週末はサーフは荒れそうだし、朝はどこに行こうか、、、、
なんか、ウェーダー履いて、昨日の夜と同じ河口に立っていそうだなぁ、、、

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2009/9/2 月齢13.7(中潮) 6:45~7:45,下げ2から4分(潮位112→110cm,変化-12cm/h)
曇,気温25℃,東の風4m/s
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=JIGMAN X4ライトジギングSP#1.2(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-09-03 18:31 | 河口

ハコテン脱出!?

別に、釣れなくっても構わないと思っちゃう性格ですが、これだけ釣れないと淋しいものがあります

どうにかしたいので、今朝は昨日の対面に場所を変更。
風も変わって、西! 大好きなシャア!です。

道具立ても変更して、大物シーバスを狙います。

開始から10投ほどで、ガツンと強烈なアタリ。
即、強烈な鬼アワセをくらわしてやると、グングン引いて暴れ出しました。

久々の感触に、つい笑顔 (他人に見られたら、かなり気持ち悪い絵のはずです)

あがってきたのは、
a0096669_7295351.jpg

30cm級のキビレ

浅場なのに顔も出さずに暴れ続け、ドラッグを出して深場に戻ろうと抵抗しましたが、今日のタックルなら、どうってことはありませんので、グイグイ引いて顔をこっちに向けた途端に、こっちにスイスイ自分で泳いできました。



なんか、釣れるときは、こんなもんです (っつぅ~~か、狙ってたのはシーバスだろ、おい!)
初めから揃ってたんでダブリー掛けたら、一発ツモ!みたいな、運だけで釣った感じ?
それか、シャローでのテリフ(バレット)の水面直下でのユラユラに助けられましたかね?


その後、連荘を狙ってみましたが、反応ないので納竿。

今朝あたりからは、河口サーフでも海に向かって釣りしている方が増えてきました。
そろそろ、サーフに戻ろうかな 
ホントは、駿河湾内のサーフで青物をやりたいところですが、今年は時間がとれん。。。。


釣行データ (1,1,1)
釣行日; 2009/8/14 月齢23(小潮下弦) 4:45~6:10,干潮から上げ1分(潮位43→47cm,変化+3cm/h)
曇,気温27℃,西の風3m/s,波1.5m,海面水温24.5℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=JIGMAN X4ライトジギングSP#1.2(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUO テリフ DC-9BULLET  RSチゴモリイワシ

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-08-14 07:41 | 河口

小役狙いなのに、あがれず?

おニューの渓流用ロッドは、キャスト性能は確認できたので、あとは魚を掛けてからの感触を見極めようと、朝飯前に川へ出撃。

そういやぁ~最近、魚を釣ってません。昨日、悪い流れ(負のスパイラル)に乗っていることを実感しておりますので、正直言うと、なんでもいいから釣って流れを変えたいところです。

なんか、追い込まれた気分ですので、小物ぐらいは釣って流れを変えようかと、、、


麻雀していて、ハコテン寸前で親が回ってきたので、流れを変えようと『タンヤオのみ』とか、『東(トン)』のみとか小役でもいいのであがっておきたい心境に似てます (← マージャンやる人なら、この心境を判ってもらえるでしょうか?)


手堅く、タンヤオのみ、いえいえ、小物を釣ろうと思ったのですが、今朝も釣れません。。。 
(なんでだぁ~~!??? こんなに、難しかったっけ???)


その上、目の前の対岸では、結構良いサイズのシーバスが連続で上がったのを目撃。

なんだか、タンヤオ狙いで速効上がりして親の連荘(レンチャン)を狙ったのに、対面にマンガンを連荘で振り込んだみたいな気分になってきました。


ヤバイっすよ。 
完璧に負のスパイラルに乗ってますよ、
しかも、かなりの速度で落下してる感じ


はたして、どこまで落ちていくんでしょうかね、、、

もう箱テン寸前なので、明日は一発逆転でデカイのを狙います!(もう、渓流ロッドは家に置いておきます)
といっても、今は近場に役満みたいな魚種はいないんですよね、、、


釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2009/8/13 月齢22(小潮) 4:45~6:30,上げ1から4分(潮位47→63cm,変化+8cm/h)
曇,26℃,北の風1m/s,,波2m,海面水温24.5℃
ロッド=PALMSシルファーSYGS-56L,ライン=6lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-08-13 21:37 | 河口

明日は天気は大荒れ?

さっき、この記事を登録直前に、指が滑って全部消してしまいました。

ま、どうせ、大したことない話なんで、もう一回、書き直さなくてもいいんですがね。。。


そういえば、遠州七不思議っての知ってます?

その中に、『遠州灘の波の音』ってのがあるそうです。
昨日、図書館で借りてきた本に書いてありました。

なんでも、西から波の音が聞こえれば晴天、東から聞こえれば雨になる、っていうお話だそうで。
伝説の起こりは、昔、怪物が網にかかって、その怪物が『助けてくれれば天気を教える』と約束して放たれたとか。以来、天候の変わり目に太鼓を叩くように波の音が強く聞こえるようになったというお話。

へぇ~~、、、初めて知りましたわ。

ちなみに、今朝のここいらのサーフの波は大荒れ。波が南から爆弾の音のように聞こえます。
怪物さん、東で叩いてないみたいですが、明日(今夜)からは天気は大雨になるみたいですね。



さて、異常~に長い前振りでした
実は、さっき、全部消しちまったときには、七不思議の話なんて全く書いてなかったんですが、、、


さて、本題。

今朝は、おニューの渓流用ロッドを持って、河口(?)へ。

ちょっと本番の渓流前に試したくなったのと、例年通り夏休みの朝は河口で小物さん達と戯れようと、、、、思ったんですが、ちょっと寝坊して遅く出かけたせいか、大苦戦!

だいたい、今年は海が2~4週間遅れているとか言われていますが、そのせいか毎年、挨拶に来てくれるメッキは姿が見えません。黒鯛、セイゴがいるのは確認できました(餌の方、釣ってたし)。自分にも、アタリは1回だけあったんですよ、水色もクリアなので魚のバイトも一部始終見えましたよ。

でも、釣れない ( かなりの下手っぴ です )


アタリも、それっきりしかないので、ダラダラ続けていた合間の飲み物休憩後に、足元の水中に放ったらかしのルアーを引き上げようとしたら、岩陰に潜んでいたセイゴ?黒鯛?が瞬間的にルアーに襲いかかってきました!


そんなのに、瞬間的に合わせられるほど、こっちは若くありませんので、、、
もちろん、乗せられません。

サイトで、逃げていく魚を目で追いながら、、、、
俺の必死のルアーアクションより、ただ引き上げた方が美味しそうなのね?
と思ったら、なんだか笑えてきました


ま、そのうち、なんか釣れるでしょう。 
といっても、次の天候回復後に海、川が落ち着くのは、いつかな?


釣行データ (2,0,0)
釣行日; 2009/8/9 月齢18(中潮) 5:40~7:00,上げ8分から満潮(潮位114→124cm,変化+10cm/h)
曇,26℃,北東の風2m/s,,波2.5m,海面水温25℃
ロッド=PALMSシルファーSYGS-56L,ライン=6lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = スプーン3g

[PR]

  by Fish_anecdote | 2009-08-09 16:20 | 河口

秋風?

海は波が高そうなので明朝の釣りの予定は無し。それならばと、夜の河口へセイゴと遊びに出かけましたが、、、、

風、強すぎ、、、。アタリがあっても糸ふけが多くて、合わせられん。というか、アタリをほとんど取れない状態に近い。濁りはそんなに気にならない程度なんですが、風に加えて、南の海上の雷も気になります。

そんな中でもアタリはあります。でも、乗せるのが非常に難しい状況は変わらず。なんとか1匹を乗せましたが、それもぶち抜き時にナチュラルリリース(バラシ)。

風もすっかり冷たくなって、秋ですね、もう。

ふと気づくと、周りにたくさんいた餌釣り師達が皆いなくなっていました。今夜は、餌師は全く釣れていなかったご様子。

釣行データ (7,1,0)
釣行日; 2008/9/26 月齢26.3(若潮) 22:45~24:20,干潮から上げ2分(潮位変化+6cm/h)
曇,気温20℃,西北西の風6m/s
ロッド=6ftトラウトロッド,ライン=5lb直結
本日のヒットルアー = 極小ワーム etc.

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-09-27 01:15 | 河口

台風一過

昨夜は宴会と台風通過が重なり、今日は全く釣りに行く気はありませんでしたが、体内時計は正確だったようです。週末だと早起きしてしまって、それならばと台風一過の穏やかな朝の河口へ

夜にあれだけセイゴがいるなら、朝もいてくれるだろうと。さらには、朝ならメッキも現れる季節かなと期待します。台風の影響でゴミ類がどれだけ流れてきているか心配しましたが、大したこともなく、濁りも場所によってはそれほどではありません。

朝からポイントでは、パッコパッコ捕食中の連中が騒がしいです。薄暗いうちに数度、アタリがありますが、のせられず。明るくなってきてからは、トップを引くと横から襲い掛かってくる奴も居るんですが、のりません。

ぐあぁ~ごらぁ~てめぇらぁ~寝ぼけてんじゃねぇそぉーーーちゃんと食え!

と言いたいところですが、おそらく二日酔いの自分の腕が劣っていただけでしょう。

そのうち、すっかり明るくなって、ボイル終了。全くアタリが遠のきました。

あの一面のボイルで、結果がボウズか、、、、こたえるなぁ~

釣行データ (5,0,0)
釣行日; 2008/9/20 月齢20.3(中潮) 5:50~7:00,上げ5から7分(潮位変化+22cm/h)
晴,気温23℃,北北西の風1m/s
ロッド=6ftトラウトロッド,ライン=5lb直結
本日のヒットルアー = 極小ポッパー、極小ワーム、極小ミノー etc.

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-09-20 14:25 | 河口

セイゴに遊んでもらえました

隣の川でセイゴが釣れ始めたと聞いたので、それならば近所の川でも釣れるだろうと

息子をナイターのサッカー練習に送っていき、迎えに戻って来るまでの間の釣行。
トラウト管理釣り場に行くのと同じ道具なら、セイゴ相手でも楽しめるはず。

幾つかポイントを歩き回っていると、セイゴが5,6匹の小集団活動をしているポイント発見。
明るい場所なので泳いでいるのが良く見えます(今夜はウナギも見えた)。5,6匹のセイゴの群れは、次から次に違う群れがやってきます、これは”うじゃうじゃ居ます”って状態です。
中には大きい(60cmぐらい)のが、たま~に通り掛かりますが、殆どは20cm未満?

小さいのは好奇心旺盛で、やる気のある奴ほど明るいところで食ってきます

ブルブルとアタリは無数にありますが、中々乗りません。

ミノーを5cmから3cmへダウン、とうとう最後は極小ジグヘッドにワームの登場。

a0096669_21223794.jpgちっちゃ~ 17cmセイゴ君。

管釣りロッドでも硬すぎたかも、、、次はメバルロッドか?

タグ打ってリリースしましたが、タグが重荷にならないか心配



3本釣り上げたところで時間切れ、息子のお迎えへ

釣行データ (∞,5,3)
釣行日; 2008/9/17 月齢17.3(大潮) 19:00~20:10,満潮から下げ2分(潮位変化-10cm/h)
曇,気温25℃,東南東の風3m/s
ロッド=6ftトラウトロッド,ライン=5lb直結
本日のヒットルアー = DUO BayRUF S-50(DMベイグリーン) etc.

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-09-17 21:46 | 河口

荒行?

今夜は用があって外出した合間の時間に、川へと。

現場に着いて、、、、寒い、気温3℃。強風という程でも無いのに(6m/秒)、体感温度がメチャ低い。

大潮とはいえ、潮が完全に止まる時間帯。こんなときに釣りに来るやつはアホや!と思っていたら、他にも2名のアホ発見(ちょい嬉しかった)

時間いっぱいまで釣りたかったが、寒さに負けて退散。荒行時間は45分でした。
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-01-25 23:55 | 河口

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE