<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

タイドミノーSLD

厳しい残暑が続いていますが、自分の中では昨日で夏が終わりました

寝坊して、遅刻気味で地元のサーフへ。大勢のルアー師が来ていますが、静寂に包まれているような、まったりした空気が流れています。
投げ竿師連中は投げっぱなしの竿をほったらかして、集団で貝(ハタミ、正式名コタマガイ)拾ってます。
平和だぁ~~(当然、浜全体で何にも釣れませんでした)


さて、本日から自分は、今年の秋戦線開幕。幾つかのニューアイテムを投入開始。そのうちの一つ、最新ルアータイドミノーSLD
”ぶっ飛ぶ快感”なんていう宣伝文句のこのルアーですが、確かに飛びますね。
腕が上がったかと錯覚するほどの飛距離に、確かに快感を覚えました(本当は技術力が進歩しただけなんで、腕は全く関係無いです)。シルエットが似ているタイドミノースリム120mm(13g)と比較して、SLDは125mm14.5gとたったの1.5g増ですが、飛距離は波半分~1つ程度遠くまで飛びます(とっても判りづらい表現で申し訳ありません)。今度、波の無い日に、泳ぎの方をチェックしてみます。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/9/22 月齢10.6(長潮) 5:30~7:00,下げ7~9分
晴,気温22℃,北西の風1m/s,波1.5m,海面水温27℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-09-22 10:13 | 遠州灘

今年、最後の青物には出会えず

急に思い立って、というよりは数日前のカンパチの釣果に踊らされて、駿河湾内のサーフ(石津浜)へ

魚よりも釣るのが簡単?な釣友に一発誘いを入れて、がっつりフッキングさせて連れて来ました。自身も数年振りの懐かしのポイントですが、あまり良い思い出の無い場所です。

駐車場が埋まるぐらいの大盛況との噂を聞いていたのですが、到着すると釣り人の気配無し。ま、とりあえず実釣開始。暫くすると釣り人は増えてきましたが、別に大したことはありません、、、、(この時点で既に悪い予感) 

開始約30分後、離れて釣っていた釣友CAPE COD氏から入電。
『タチウオ釣れた~!』
お見事!氏はサーフからの初タチです。誰も釣れていない中で立派です。

その後も、こちらにはアタリさえありません。そのうちに、数人離れたところでショゴっぽい魚をゲット。遠くて魚種がはっきり判りませんが、青物はいるようです。しかし、浜全体でもその一本で後が続かず。
噂と大違いの現実に、かなり不安です

平日の朝ですから、段々と人も減ってきます、同時にシラス漁の船がかなり意図的に目の前を高速通過してくれて場を荒らしてくれます。そのうち、至近距離で網を引き始めました、、、、多くの人が退散していきます


しかし、タコ釣り師のお爺さんが『この網入れた後が青物が出やすいでぇ~』と予言めいた有りがたいお言葉をくださったので、信じて投げ続けます。確かに地元の浜でも同じような経験はあります。開始から4時間以上経過した頃でしょうか、氏の竿が曲がりました。a0096669_2274638.gif


ワカシです。
氏、生涯初のサーフ青物なので、とても嬉しそうです。今朝の浜全体の2/3の釣果を叩き出した格好になります、なんだか後光がさしているようにも見えます(笑)




その後も続く、漁船の至近距離の暴走に、ラインを切られて、すごすご退散。
a0096669_22485797.gif

ちょっと近すぎねぇ~?


これで今年の夏は終わりです(完全降伏宣言?

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/9/21 月齢9.6(小潮) 4:00~10:00,下げ2分から上げ2分
晴,気温22~28℃,静穏のち東北東の風1m/s,波1m,海面水温26℃
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=PE2号(+リーダー8号)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-09-21 21:45 | 遠征

今年はダツ年?

台風でサーフに打ち上げられた山ほどの大木を踏み越えて堤防へ

暴風波浪警報以前には、仲間から青物爆釣注意報が発令されていた堤防。どうせ台風で状況は一変しているだろうな、とは思いつつも、やっぱり足が向いてしまいました。波も風も弱く絶好のコンディションですが、ベイトとなる鰯が見えません。やっぱり終わっちまったんでしょうか?

ま、とりあえず実釣開始。15分ぐらい後に、周囲でダツを釣り上げた方を発見。

また今日も、ダツかよ、、、、(悪い予感) 

その15分後、投げてたミノーにコツンと反応あり、ぐにゃぐにゃしたのが掛かってます。ゴミみたいに絡まってるだけで、ちぃーとも引きやぁーしません(竿が硬過ぎるのも原因ですが)

a0096669_1412369.gif正体は、やっぱり、ダツです。

この細身のヘビーウェイトミノー、本来はシーバス用ですがシーバスに使うにはちょいと曲者っぽいところがあって、個人的には通好みのルアーと思ってます。ですが、青物には超優等生で誰でも簡単、早引きでシビレるような?ええ泳ぎをします。キャストで飛距離が出るのも青物狙いには有りがたいルアーです。



今年の夏は、ひょっとして、ダツしか釣れないのか?ダツが居るところに行く俺が悪い?もしかして俺がダツを引き込んでいるのか?(そんな、あったら嬉しい能力は持ち合わせていないんですが)
どっちにしろ、気分的には最悪です。
今年は、ダツのアタリ年?ダツ年?辰年?いや、今年は亥年だろぉー!なんてアホなことを考えながらもキャストを続けますが、周りも含めな~んも釣れません。ルアーチェンジしながら投げ続けるも、ダツのその1本だけでアタリなく。

約1時間経過後、ゴツン! っと、ジグミノーに重たい感触。
寄せてくると、40cmほどのワカシです (かなり嬉しい♪)
やっぱり、このジグミノーは釣れるのぉ~ (たぶん顔は満面の笑み?)
周りの視線を一身に浴びて上機嫌 (←ワカシごときで、アホです)

たくましいタックルですから、足下のテトラ2個先から堤防まで一気に抜き上げ。
どぇいやぁー! 
結果は、やっぱり? 見事な空中ナチュラルリリース
これじゃ写真が撮れないので、次は周りの餌チヌ爺らにタモ入れさせたる!と思うのですが、その後が続かず。

その後、ダツを1本バラシと、他には正体不明のヒット1回。
結局、今朝は鰯の回遊は目視確認できず。周りでは、ダツを釣った方(弓角)がその後フッコをあげていたのと、サビキ師が小カマス爆釣ぐらい。

これで今年の夏も終わりでしょうか?青物は?今日のワカシが最初で最後?
そういやーこの2,3年、カツオも釣ってないなぁ~

釣行データ (4,3,2)
釣行日; 2007/9/9 月齢27.2(中潮) 5:00~8:00,下げ4分から7分
曇,気温24℃,北北東の風2m/s,波0.5m,海面水温27℃
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUO プレスベイトSO-B75mmピンクバック
‥‥ワカシ,ダツ
               DUO タイドミノースリム・ヘルティックDMチャート‥‥ダツ
[PR]

  by fish_anecdote | 2007-09-09 13:18 | 遠州灘

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE