<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

御前崎沖釣行

TVで一番搾りの宣伝を見ていたら、ブリしゃぶを食いたくなり、おまけに(何故か)マハタの鍋も食べたいと御前崎沖へ。

今回は食わせサビキ禁止というお約束で幹事さんが仕立てた船(新居港和丸)でジギング。こういうのは船中全員坊主の可能性も高いですが、ルアーしかやらない自分には大歓迎です。そんなお誘いに集まったルアーオンリーの猛者は7名、遠征実績の多い方や、入賞経験者が居て頼もしい限り(この人たちのルアーの誘いはきっと上手いはず→魚を誘い出してくれる→私にも釣れる確率が高くなる?)。月末まで開催中の新居漁港の魚種別大会記録の更新を狙われている方も居るようですが。私には、”そんなの関係ねぇ~”。
狙うはブリ(しゃぶ)とマハタ(鍋)のみ、サイズ(と釣り方)は関係ねぇ。 

朝の一発目のポイントでの一流し目、底ベッタリの青物を狙って20~30mだけ底を切るのを繰り返した3回目に、船長から『はい、あげてぇ~』の声。その瞬間、


ドガーン

とヒット。この引きはカンパチ!よっしゃー絶対とる!
銭州の敵を御前崎で討つ!(狙いはブリだったはずだが、、、)。
銭州の二の舞(さんざん走られ根ズレでアウト)だけは避けたいので最初から勝負。最初に人間様の方が強いことを教えたらなアカン(隆栄丸船長直伝)と、あまり走らせずグングン巻いてきましたが、、、。
前半戦で完全に体力消耗、日頃の運動不足もあって、あと20mあげるのがシンドイ。ようやっと、船長のタモに入ったのは、8.6kgのグッドサイズ。

a0096669_15283885.gif


慣れないサイズに慌てていたので、タモ網が尻尾に引っ掛かったままなのはご愛嬌。
この時点で、もうブリはどうでも良くなっていました。と言いますか、自分のクーラーにも入らない魚を釣ってしまって、帰路のことだけが心配でした。





腹を空かしたカンパチが一発目から来たようです(胃袋の中、空っぽでした)。
しかし、このルアー,ドラッグメタルSVの朱金にはお世話になりっぱなしです。銭州、御前崎沖、原発とカンパチでは3戦無敗(ボウズ無し)。はっきり言って、あまり見かけないマニアックなジグではありますが、信頼が置けます。

その後、同船の方にワラサが釣れ、目の前の他船でもワラサがあがり。しばらくして、同船の方2名にカンパチと思われるアタリがありましたがキャッチまでには至らず(それにしても良型のヒットの多い日です)。
そろそろ戻りますかぁ?の船長の問い合わせがあった頃、海の中から女神様の声が聞こえた気がしました。

『おねが~い、最後はゴムつけてぇ~』

お願いされると弱いので、速攻でゴム装着して挿入、投入。
腰を一振りした底を一叩きした一発目。

ウッカリカサゴの大物登場
a0096669_162460.gif


お前じゃないんだがなぁ~
真ハタ色した~♪魚ではありましたが。


ジグはまたもやドラッグメタルSV朱金,テールにシングルフック追加でグラブです




その後、帰港する途中で幾つかポイントを叩き、同船の方がカサゴ、イナダ、小政を追加して終了。
a0096669_16165029.gif
ヒロさんのクーラーボックスを3人で汚しまくった図。青物御三家とカサゴ親族揃い踏みという感じでしょうか。この他に船中でワラサx1。



ブリしゃぶも、マハタ鍋も出来なくなりましたが、出来過ぎの結果でした。
港での計測で、年間記録のトップには及びませんでしたが、大満足。

こんな日もある


釣行データ (3,2,2)
釣行日; 2007/11/24 月齢14.2(満月大潮) 7:00~15:30,下げ3→上げ8分
晴,気温10→16℃,北の風3→西の風5m/s,波0.5m,海面水温20℃
タックル=5.8ft + Z6000 + PE4号(+リーダー60lb)
本日のヒットルアー = DUOドラッグメタルSV130gRS朱金
               カサゴにはテールにグラブ(白)をセット

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-25 13:41 | 遠州沖

バラ男

今朝はテルさんにポイント紹介しながらのサーフ釣行。テルさんはダツを見たことが無いというので、狙うはダツ?

ゴールデンタイムに差し掛かる直前、キャスト時に高切れしてライン作り直し。
その後の1投目でスプールの糸ふけでも取るかと、高速リトリーブ中に、

ゴン、ドスン。結構、重たい感触。

きたきた、、、『釣れたよぉ~』ってテルさんに声かけてたら、、、、

エラあらい2,3発でフックアウト~

やば、、、、バラしてもうた。でかいシーバスだったね、多分。良くある昨日と同じ時間の回遊っぽい

その後、ランガンしてたら、ヒット~。今度は超軽い手応え。
水面割って、へにょへにょ跳んでます。このシルエットは、待望?のダツ
と思った途端にポロリとフックアウト。

なんでだぁ~!!!!!!  今日だけはダツを釣りたかった。


釣行データ (2,2,0)
釣行日; 2007/11/18 月齢8.2(小潮) 5:30~7:40,上げ1→5分
晴,気温9℃,西北北の風3m/s,波1.0m,海面水温21℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = テリフDC-9BULLETRSチゴモリイワシ

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-18 10:38 | 遠州灘

天竜川C&R区間

生涯初の天竜川C&R(キャッチ&リリース)区間へ。

午後、時間が取れたので、明日の下見ぐらいの軽い気持ちで天竜川へ。とは言っても、河口近辺でのサツキマスのように川まで20分ってわけにはいかない。昼間に片道70分、帰りは休日夕暮れ時で60分。

ちょっとジュネスよりは遠いなぁ。

現場に着いてから、メールの着信に気づくと、遠州遠征にきたヒロさんから入電。急ぎ電話してみる。『今、太田川の河口にいるから、上から何か流してくれやー』と言う。

天竜川で桃を流したら、太田川河口で桃太郎になるんかい!?

さて、いつも面白い彼の電話(会話)も非常に捨てがたいのですが、天竜川もここまで上ると静けさがしみわたるような環境ですから、馬鹿話をデカイ声でしているというのも野暮ったい。とりあえず、じゃぁね~と切って、実釣開始。

先ずは、やっぱりここでしょう。全国紙などでも有名な激流のガッサラからスタート。しかし、このポイントはやばいです。流れが速すぎて、スプーンが浮き上がるというよりは水面から飛び出してきます。
これ、海で言いますと、イナンバの激流体験したときと同じ衝撃ですね。
そんな中でもサクサク釣っている方もいます、かっちょえ~。

ということで、本日は下見のつもりなので(←下手糞の負け惜しみ)。。。
正直言っちゃうと、道具も含め、出直しですね。
ま、今日は、川に降りる道が判っただけで良し。

ちょっと、いえ、かなりジュネスよりは手強いなぁ。
[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-17 18:19 | 天竜川

まだ、ダツ

昨日の浜では生体反応を感じられなかったので、今朝は場所を変えました。自分との相性は決して良くは無い場所ですが、地形、潮流、水深と条件は揃っています。

開始して20分、SLDコツコツっと小さなアタリ、合わせる間もありません。
その数分後、隣りの方の竿が曲がってます、あがってきたのはデブデブのシーバス。もしかして、自分のあのアタリはこれだったのかぁ?(きっと違うんでしょうけど、そう思いたくなるのが常)

その後、生体反応レーダーがビンビン反応するような、バイトシーンや小ナブラ発見。しまいには、自分の足下の波打ち際でバクバクやリ始めました。タモでフィッシュイーターごとすくいたい気分ですが、全く釣れません。そのうち、お隣りの若い衆2名がトップを引き始めました。

『活性上げてくれて、ありがと~』
っつぅ~か、”もう釣れちゃったもん”オーラが出まくりなんですけど。


すると、そのうちの1人に魚がのりました。ダツです。。。まだ、いたのか、ダツ。
帰宅直前、逆隣りの方にも、なんか来たようで。

『なんですかぁ~、ダツですかぁ???』 (若い衆2名)
『ひゃぁめですかねー?』(釣った方)
『え?ヒラメ!』(若い衆2名、猛ダッシュ)  ‥‥ つられて、自分もダッシュ
『サメですかね?なんですかね?』(釣った方)

奇妙な魚やなぁ~と思いながらの帰宅途中の車中で気づきました。
あれは、エソだ。
しばらく船に乗っていないから、顔をすっかり忘れていた。
というか、ここで出会うとは思わなかった。

なんだかエソを見たら、船に乗りたくなってきました(←なんでだ?)




釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2007/11/17 月齢7.2(小潮) 5:30~7:00,上げ1→4分
晴,気温9℃,北の風1m/s,波1.0m,海面水温21℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のルアー = タイドミノーSLD 

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-17 07:47 | 遠州灘

DUO マルチウェーダーバッグ

久々に浜に釣りに、、、というよりは釣り自体が久々です。

朝、5時前に現地入り、浜には誰もいません、風がビュービューいってます。ちょっと車中で2度寝、、、、起きたら風が止んでました、浜に10名ほどの釣り師達。いかんいかん、出遅れたようです。急いで支度して釣り開始。久々なので投げているだけで嬉しいです、、、ですがそれも10分と持ちません。自分だけでなく、誰も釣れないとやはり辛い。
午後にでも天竜川のC&R区間に行ってみようか、、、、、、
今、魚が居ると判っている場所で釣りがしたい気分です。


さて、魚の写真も撮れないので、秋戦線に投入しているニューアイテムから、また一つご紹介。DUO製マルチウェーダーバッグ
宣伝文句通り、”これは便利”です。釣友のCAPE COD氏が最近、非常に羨ましがるのですが、どうやら人気商品のようで名古屋地区では売り切れで手に入りにくいようです。

a0096669_8575092.gif

ウェーダーを収納して、軽自動車のトランクにもすっきり収まります。後部座席を倒さなくてもウェーダーを収納できるのは素敵です。以前はプラスティックの衣装ケースを使っていましたが、容積で1/3程になったんじゃないでしょうか。
たまたまですが、このバッグはカラーリングも愛車の工具セットのバッグの色と同じでエエ感じです。



a0096669_8535770.gif

こんな風に運転席の足下に広げると、サーフでウェーダーを履いたままで車で移動(ランガン)する時に、ウェーダーの靴底についた砂が車中に散乱するのを防止!可変サイズの優れものマットとして使えます。その他の便利な使い方はこちら

本日は不発に終わりましたが、ランガン時の機動性アップは助かります。






釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/11/16 月齢6.2(中潮) 5:30~7:30,上げ4→8分
晴,気温11℃,西北西の風2m/s,波1.0m,海面水温22℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-11-16 09:07 | 遠州灘

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE