<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

浜にサンタのプレゼントは?

浜にサンタの落し物を拾いに、頭痛(二日酔い)にも負けず、近所のサーフへ。

今朝の条件なら、ここだ!と思っていたポイントには先行者あり。
先行者はその後、ソゲを1枚 ‥‥ ポイント選択は完璧?(敗因は遅刻?)

次は、お年玉を探しに行くか、、、。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/12/24 月齢14.4(満月大潮) 6:30~8:00,満潮→下げ2分
晴,気温10℃,西北西の風6m/s,波2.5m,海面水温17℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-24 16:02 | 遠州灘

苦戦、AGAIN

本日も温排水の街に用があり、その合間に釣行。

ちょっとあいた時間に行ってみたのですが、本日も違った意味で、これでもかというぐらいの究極のバッドコンディッション。浜に釣り人3名ONLY! しかもルアーマン、ゼロ!
こんな条件の悪い日にわざわざ釣りに来たことが無いので知りませんでしたが、
ルアーマンが皆無って、あるんですね、、、、。
(投げ釣り師達はサクサクと黒鯛やツバメコノシロを釣ってましたが、、、)

波打ち際ちょいしかキャスト出来ないようでは、物理的に釣りにならず、納竿。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/12/23 月齢13.4(中潮) 12:30~13:45,上げ3→6分
晴,気温14℃,西南西の風3m/s,波2.5m,海面水温16℃?
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = なし

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-23 22:46 | 遠州灘

最悪な日

温排水の街に用があるので、その合間の40分限定の釣行。

本日は、朝っぱらから息子とのちょっとした賭けに敗れ、
任天堂DSをお父さんのお小遣いから購入するはめに
(息子のこの勝負運の強さを少しでいいから父親に分けて欲しいもんです)

朝っぱらから不運?に見舞われ、ちょっと立ち寄るだけの本日の釣りに
何も期待などしておりませんでしたが、、、、、、

釣り場では風向き、潮など全ての条件が完璧に揃った最悪状態。
浜の雰囲気が大きく違います、鳥?いません。沖堤でのんびりされてます。
釣っている人種も違います。投げ竿師がのんびり座って釣りされてます。

こうなると、降参するしかありません。
追い風だとKAMUY、よー飛ぶなぁ~とキャスト練習。
(周りも、もちろん釣れません。明け方に釣った1,2枚ぶらさげているのみ)

そんな中、遠くから戻ってきた方がヒラメをぶら下げてました。
降参してミノー投げていたら釣れたそうです。
 ↑大正解(キャス練してる場合じゃなかった!)

さぁーて、DSでも買いにいくかと、納竿。


釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/12/22 月齢12.4(中潮) 8:30~9:10,下げ9→干潮
曇,気温11℃,北北東の風4m/s,波0.5m,海面水温17℃?
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = なし

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-22 15:59 | 遠州灘

天国(常夏サーフ)から地獄(真冬サーフ)?

今朝はあまり時間も無いので、近所のサーフへ。

誰もいない。チャンス! ‥‥そう思うか?ふつう???

全くアタリ無し ‥‥ これって、もしかして、、、?

昨日までの常夏サーフとは大違いの、ごく普通のサーフに立っている自分がいました。
水も冷たい ‥‥ この時期にしてみれば、そんなでも無いのだが、、、
鳥もいない ‥‥ アドレナリンは噴出できず
ナブラも出ない ‥ そんなん、この場所に期待するなよ
釣り人も少ない ‥ さっきは、チャンスだと思ったでしょ
海水が温まった独特の臭いがしない ‥ なんか、関係あんのかよ?


もう、こうなると余計に寒く感じてきます。この場所での継続不能となり、車で大きく浜を移動。移動方向に巨大な鳥山発見!猛ダッシュで移動!
車を降りて素早く支度完了、、、、同時に鳥山移動完了!? 
え??? ‥‥ さっきまでの場所に鳥山(泣)

こちらには獲物をぶら下げている方がいます 
‥‥ やっぱり、朝1でポイント選択外したみたいね

また来週は温泉か?

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2007/12/16 月齢6.4(中潮) 6:00~7:30,上げ3→6分
晴,気温6℃,西北西の風5m/s,波1.0m,海面水温18℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-16 11:28 | 遠州灘

プレスベイト KAMUY

今朝は届いたばかりの新作ジグミノーを携えての出撃。

現場到着後に流れ星発見、そういえば今週末は流星群が見易いとか。
よし!これは間違い無く、たくさん釣れる!と確信。
(流れ星消えてから、お願いしたわりにゃー、勝手過ぎますが)

明るくなり始めた頃から幸先良く、プレスベイトPB85で小型のメッキを2,3匹釣りあげます。いつもは旧型SO-Bで釣ってましたが、新型のプレスベイト85mmも好調です。
ジグミノーで釣れる条件であること、そして魚が寄っているということを確認出来たところで、待望の新作プレスベイトKAMUYの投入。このジグミノー、未だ発売前の北海道(アメマス?)向けの製品ですが、果たしてここのメッキ達は気に入ってくれるんでしょうか?

KAMUYを投げてみると、なんと一投目からヒット。
しかも、魚のサイズもアップ!立て続けに30cmクラスを追加。次から次へと釣れ始め、周囲の方を完全に置き去りにして、独りだけで入れ食い状態に発展!
a0096669_10363382.gif

まさに、突確,暴走モード!
ドル箱満載みたいな、、、
そんな勢いで釣れまくりです。



さらに釣れ続け、、、この時点で、周りの好調の方と比べても約5倍の釣果!
このプレスベイトKAMUY、怖ぇ~~、凄すぎる、、、なんてことを自分で思い始めたころには、周りの注目度が急上昇。人が寄ってきます。
『そのルアー、なに?凄いね、ずっと釣れてるね』
‥‥‥不思議と、「おにいさん、上手だねぇ~」、と誉めてくれる方はいません
      判ってますよ、そんなこたぁ~。間違い無く、ルアーの威力ですよ。


a0096669_10413452.gif

本日の釣果の一部。

普段通りにオールリリースで、次から次へポイポイしてましたら、隣りの餌釣り師さんからの
【それ欲しいなぁビーム】
を直撃で食らってしまい、次から次へとプレゼントした結果です(笑)


次回は流れ星に、『大きいのが釣れますように』と祈るぞと心に誓って、納竿。


釣行データ (20,17,15)
釣行日; 2007/12/15 月齢5.4(中潮) 6:00~7:30,上げ5分→8分
晴,気温6℃,西北西の風7m/s,波1.0m,海面水温18℃?
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUOプレスベイトKAMUY RSマイワシ
               DUOプレスベイトPB85 クリアホロイワシ


おまけ
[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-15 10:19 | 遠州灘

ダツでは終われない

今年の特徴といえばダツであることは間違いないのでしょうが?、
やはり最後にダツというのも納得いかないので、しつこく再出撃。


非常に苦戦しましたがメッキを釣り、後はこれ以上
ダツを釣らないことを祈るのみ!?

夜明け前から実釣開始、何故か釣れる気がしない。夜が明けて現実を目の当たりにしました。場所の選択ミス、遥か遠く彼方に鳥山が見えました。『船長!鳥山~ッ!!』と叫びたいところですが、ここでは何の意味も持たないので、竿を担いでエッチラホッチラと歩いて数百mを移動。

移動してくるとイワシが浜に打ち上げられています。鳥山も至近距離で結構大きな規模で発生してます。もしかして?これは人生至上最大の『陸から届く鳥山』かもしれません。しかし、容易に釣れません。1人勝ちのような方がポンポン釣ってるんですが、自分にはベイトのイワシが引っ掛かってくるのみ。この状況でボウズだと、伝説になれそう~。

このままではマズイ。手を変え品を変え、なんとか25cmギンガメアジを2尾。
a0096669_21113693.gif
場所、釣法など苦労の末の本命ゲット。
超小物でもムッチャ嬉しいです。
「釣れちゃった」ではなく、『釣った』という気がします。






2尾目の写真を撮って振り返ると、もう鳥山は遥か沖に移動してます。
ここらが潮時(体力限界?)と納竿。

<反省>手返し、悪すぎ、、、

釣行データ (2,2,2)
釣行日; 2007/12/9 月齢29.2(大潮) 5:30~8:00,満潮→下げ4分
晴,気温10℃,西の風10m/s,波2.0m,海面水温18℃?
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = 40gジグ

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-09 21:11 | 遠州灘

また、ダツ!

今年は『メッキに始まり、メッキに終わる』のであれば、
『デカメッキで終わる』にしてみたい、と意気込んでの夜釣り。


結果、惨敗!甘かった。。。。今年は、やっぱり『ダツ年で終わる』のか?

風もヒョロヒョロ、排水量ヘロヘロ、、、、釣れる気も起きません。
着いた早々に、帰りたい、心境です。
それでも来てしまったので、釣り始めます。

アタリがありました。ゴグゴグゴグっと、
30~40cmを期待させる手応え、、、、

ばれました

やっべぇ~~、でも、この条件下で釣れるんだと判るとモチベーション最大へ。

しかし、その後はアタリもありません。周りは次から次へと帰宅されてます
(そりゃそうだわな)


その後、なんとかボウズだけは免れることが出来ました!?



見事なサイズの小ダツ です。




a0096669_6414037.gif
プレスベイトHDに掛かる魚としては、あまりに小さい(泣)

しかも、スレかよ、、、(泣)

スレなのに、手応え極少って、、、、(泣)






風も無く暖かいし、いつまででも投げ続けられそうでしたが、魚っ気無く納竿。

このまま、ダツで、釣り納めになってしまうのか?

釣行データ (2,2,1)
釣行日; 2007/12/7 月齢27.2(中潮) 20:30~23:00,下げ2分→干潮
晴,気温10℃,西の風4m/s,波0.5m,海面水温18℃?
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUOプレスベイトHD105mm,他40gジグ

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-08 00:48 | 遠州灘

午後は温○○?へ

朝はボウズ街道を脱した(?)のに、何故か心は非常~に寒かった。
温泉にでも行きたいが金も無いので、温排水に浸かってきました。


今年の初釣りは、ここでメッキを釣った記憶があります。
今年は、『メッキに始まって(サツキもヒラメも釣れずに)、メッキで終わる
ような予感がしてきました。

西風ビュービュー、鳥山あり、ときどき小規模ナブラあり、海面から背中を出して追いまわすヤツあり。好条件が揃っていますが、波が高いのと時間が悪いせいでしょうね。
遠い、絶対に届かないところを回遊してくれてます。

a0096669_2135356.gif

鳥山の様子。半日中、続いてました。

っていうか、写ってないし~。
携帯のカメラじゃ無理でした。

猛烈な西風と、排水と波がぶつかりあう激流の凄さも判らん、
全くもって最低の写真ですな






それでも少しでも飛距離を稼ごうと、前回のジギングで使ったDUOドラッグメタルSVをGTロッドで、ぶん投げます。投げ続けます。狂ったマシンのように投げまくります。1時間で死にそうになり、ギブ。また、筋肉痛になりそう。

竿を交換して、真面目?に釣り再開。陽も傾き始めた頃、群れが近づいてきました。先ずは小さいですが1匹ゲット。お隣りさんは連荘でゲットしてます。
『凄いですね~、連荘でヒットですね』って声かけたら、見たことあるお顔。

そんちょうさんでした。

その後も何故か二人だけ釣れます(いい感じ)

a0096669_21493632.gifプレスベイトは3ヒットで2匹追加。30cm弱のサイズのロウニンアジのお子様ですが、結構、引きを楽しめました。プレスベイトのようなジグミノーだとスローで引けるので、魚にルアーを見せる時間を余計に稼げるのが利点でしょうか。群れが寄ってきたときには便利ですね。


その後、シーバスロッドがGTロッドより重く感じたところで納竿。

これが、釣り納めになってしまうのか?

釣行データ (4,3,3)
釣行日; 2007/12/4 月齢24.2(小潮) 13:00~16:30,満潮→下げ4分
晴,気温10℃,西の風9m/s,波2.0m,海面水温19℃?
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUO プレスベイトSO-B85mmグリーンバックイワシ,他40gジグ

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-04 21:49 | 遠州灘

ニューロッドに魂!を注入?

午前中に所用あって会社を休むので、朝はサーフへ。

平日のためか空いています(釣れてないからだね)。
波も高く、風も強いからかもしれません。気分的には非常~に寒いです。

ミノーではとっても難しいコンディションなので、ジグミノーに変更。
ぷるぴゅるぴゅるっと手応えあり。今シーズンから投入の新アイテムの一つ、ニューサーフスターSSS-93SPが超高感度ゆえでしょうか、ゴミではなく魚がぶら下っている(食いついているわけでもない)感触が伝わってきます。

ですが、、、、、超小物です(このアングルだとルアーと同じサイズに見える)

a0096669_20452155.gif


気にもせずリリースしましたが、この魚は一体???
メッキにしては尾鰭への肉のつき方が違っているか?

ありゃりゃ?これは、こまったぞ。。。
こんな魚でニューロッドに魂入れちゃマズイでしょ~?

ま、『かわいい』 から許そう。



周りも全く釣れておらず、、、身も心も寒かった、、、。

なんだか、温泉で暖まりたい気分です。

釣行データ (1,1,1)
釣行日; 2007/12/4 月齢24.2(小潮) 5:30~7:00,下げ7分→干潮
晴,気温8℃,西の風4m/s,波2.0m,海面水温18℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のルアー = プレスベイトSO-B75mmピンクバック

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-04 20:17 | 遠州灘

通常生活(ボウズ)に戻りました

先週のジギングの筋肉痛も完治。いつもの浜へと。

あんまり釣れないので、車で大きく移動。深くなっているポイントで再開。
ぶるぶるぶるっと小さな高周波のアタリ、のりませんでした。おそらく、セイゴ。
その後はアタリも無く終了。あのアタリ、乗せられなかったのが悔しい。

周りにはお1人でセイゴ数匹とソゲを釣った方が居ました。帰り際にお話したところ、、、
『DUOのルアーだけ持ってりゃ、いいもんね』と嬉しいお言葉、自然と話が弾みます。今日も、SLDでも釣ったそうですが、その方のお話に、、、

『店で145SLDと140FLYERはどっちが飛ぶのか聞いたら、メーカーに電話してくれたんですよ』

ってお話がありました。なるほど~。
SLD  =145m, 20.5g
FLYER=140mm,21.0g

店のパッケージに記載された仕様と、WEB上や雑誌上の広告だけでは、どちらが飛ぶかなんて判断出来ませんね。買ってキャストしてしまえば判るのですが、どちらを買おうか悩むユーザーだって少なくないはずです。

その方に、お店を通じてメーカーの方が答えた内容は、『ちょっとSLDの方が飛びますよ』。
私も飛距離を測定した訳ではありませんが、目測でならSLDの方が飛んでいると思います。竿や投げ方にもよるところがあって難しい評価かもしれませんが、SLDはキャストの振りぬきの良さと言うんでしょうか、爽快感はFLYERには無いものを感じます。

このSLD、今朝は自分も投げていたんですが、、、、

釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2007/12/1 月齢21.2(中潮) 5:30~7:30,干潮→上げ4分
晴,気温6℃,西北西の風2m/s,波1.5m,海面水温19℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のルアー = テリフDC-12 TYPEⅠ

[PR]

  by fish_anecdote | 2007-12-01 10:26 | 遠州灘

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE