<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

タミヤ親子会社見学会

先日、親子で静岡市にある模型メーカー,タミヤさんの見学会イベントに参加してきました。

このイベントは春休みや夏休みにだけ開催されているらいんですが、人気が非常に高いらしく抽選での申し込みでした。さすがはヒキの強さが自慢の我が息子、申し込み初回にしてGET(このヒキをお父さんにも、少しでいいから分けて欲しい)。会社見学ということで平日開催、お父さんは会社を休んでの出撃です(実は一つ、釣りの勉強にしたいことがありました)

朝っぱらから1日がかりのイベントです。駐車場には他県ナンバーも多いです。岐阜、横浜、群馬なんてのもあります。人気あるんですね~

a0096669_19464037.gif
タミヤ本社といえば有名なのは、この6輪タイレルですよねぇ。
このビルごと、世界遺産に指定したいお父さん達、結構多いんじゃないでしょうか?



午前中にミニ四駆工作教室、挨拶代わりにプラモ1台くれました。ですが、改造パーツは自費購入!パーツは松竹梅で内容と値段が違いますとか(このときは、なんてケチくせー会社なんだ!と思ったんですが、、、)

工作教室では息子が改造パーツとしてボールベアリングを何個も惜しげもなく投入するのを見て、『うぉ~そのちっこいベアリング高いんだぞぉー、何個使うつもりだぁ!?お父さんのリールより多くないかぁ???』と叫びそうになり。(『そのミニ四駆、捨てるときは、言ってね』って息子には頼んでおきました)

午後は、製品体験ということで、ラジコンからソーラーカートまで子供達は遊び放題。
午前中に作ったミニ四駆のレースも開催されて参加賞や賞品もらって。
やっと最後に会社見学、これが半端じゃなかった(少なくとも、うちの会社とは大違い)

工場を見せてもらうのかと思ったら、会社見学というイベントだけあって、なんと普通のオフィスビルの中を見学です。先ずはデザイン課です、次はデッサン、その次に設計課、営業、国際営業、国内営業、広報部、試作課、アフターサービス部、通販、修理、などなど、平日の午後に普通に仕事している方々がそれぞれの部署で業務を紹介してくれます。目の前でプラモの箱の原画を描いていたり、プラモを試作しているだけでなく、CAD画面上で3次元のモデルを回転させてくれたり、ワイヤーモデルに面が貼りあがるなど、こりゃー子供でなくても楽しい(しかし、見られる方の立場にはなりたくないなぁ~こりゃ)

さて、最後に待ちに待った試作工場のフロアの見学です。ここで金型の説明や、金型を加工するのに必要な放電加工用治具をNCで削りだしているところを見学(金型もNCで加工しているかと思ってましたが、複雑な形状の放電加工の先端を何種類も用意して加工するんですね)。

そして最後に(お父さんにとっては待望の)プラスチックの射出成型機の実演見学。

お父さんにとっては、これが一番の楽しみでした!見せてもらうのはプラモデルの成型ですが、ルアー(ミノー)の多くも同じ方法で作られているはず(勝手にそう思ってます)。説明員の方が予め色がついているプラスチック材料の粒を見せてくれます、これを220℃の高温で溶かして、こちらから金型へ射出。はい出来上がり。まだ温かい出来立てのプラモを触らせてくれます。感動~!(こうやってルアーが出来上がるのかぁ~!?)
さらにサービス、『では金型に入れないで射出だけしてみましょう』って、溶けた高温のプラスチックをぐにゃぐにょって空中に射出。絵の具をチューブから搾り出すみたいな感じで溶けた高温プラスチックが下に落ちてウOコみたいな形で固まっていきます(マヨネーズや歯ブラシよりは硬くて、水彩絵の具の茶色ぐらいの硬さ?)。この硬さで金型に入っているのかぁ~と大感動。

a0096669_2022315.gif職場は撮影禁止でしたので、展示場にあった他の射出成型機の写真を撮ってきました。右の上のバケツにプラ材料(粒)を入れて、真ん中の銀色の部分で200~250で溶かし、その左の射出部から左の金型(赤い非常停止ボタンのちょうど左、水冷のホースが2本出てる)に射出。


いやー感動しました(?)。さすがは、世界のタミヤさんです。
帰り際にお土産(プラモを2個)もらったときには、息子の目が完全にイッちゃってました。

こんな見学会が釣具メーカーでやってくれるなら、会社休んで東京でも大阪でも行っちゃいますね~。午前中はリールの試作、午後は作ったリールで管理釣り場で実釣、新製品試し放題、最後に社内見学(工場見学じゃなくてね)。あ~Dさんでも、Sさんでもいいから、そんな大人向けのイベント企画してくださ~い!(最後にお土産のスOラやソルOィガも忘れないでね~)
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-28 19:48

ゴツンとは来ましたが、、、

未明から、昨夜、出撃しそびれたサーフへ。

満月で明るいし、暖かいです。
波は高い低いというよりも、とても強く分厚い感じの引きです。


開始から約2時間、な~んもありません。
周りも釣れてません。すっかり明るくなって、帰ろうかと思いましたが、このミノー投げてからにしようと思って選んだのがタイドミノースリム105HERETIC。こいつは、波の高いときにいい仕事してくれます(ですが、個人的には、その理由というかメカニズムが納得できないんですが、、、)

HERETICに変えて2投目に、

ゴツン

と、物凄い衝撃のアタリがありました.....(数年振りの大物のバイト)

電撃フッキングしたものの、、、、のりませんでした

自分は合わせを入れるのがいつも遅れる方ですが、ここまで強いアタリだと、自然と身体が反応しますよね。珍しく瞬間的に大きな合わせが出来てはいたんですが、、、、

ま、こんなこともある (と、自分で自分を慰めてみるものの、、、、)

HERETICのフックが、もしも大きかったら、のせられたのかなぁ?? それでも無理かなぁ?? フック大きくしたらヒット率下がるかなぁ?? なんでこのミノーが波高い日にヒットするのかも判っていないのにフック変えても大丈夫かなぁ??  いつも思いますが、このミノーは不思議だ。。。 う~~ん、デカイのを逃した後だし、悩みがつきません。

釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2008/3/22 月齢14.4(大潮) 5:00~7:00,上げ9~下げ1分(潮位変化+8→-6cm/h)
晴,気温8℃,北東の風1m/s,波2.0m,海面水温14℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー = DUOタイドミノースリムHERETIC DMレッドベリースレイワシ

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-22 08:26 | 遠州灘

なんか、ついてない気がします

なんか、ウェーダーに穴が開いてから、、、、本当にツキに見放されている気がします。

なんだかんだと最近、所要が多くて釣りに行けませんでしたが、今夜は新調したウェーダーで釣行しようと、出掛ける前にはりきって水漏れチェックをしてみます。

内側が外になるようにひっくり返したウェーダーを物干し竿に吊り下げて、中に水を注入。
さすがは高性能ウェーダー、穴なんて見つかりません(買ったばかりの未使用だしね)。
調子にのって、どんどん水を注入して、水圧もどんどん増やしてみます、、、、、

ドン

ウェーダーが地面に落下!
最初は肩ベルトが切れたのかと思いましたが、、、、


へぇ~ そ~きましたかぁ?

ステンレスの物干し竿が、ぐんにゃりと曲がってました。 
こりゃたまらん、、、、008.gif

嫁に、こっぴどく叱られました。

結局、釣りに行くどころでなく、物干し竿の修理をしていました015.gif
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-21 23:18 | 道具

ウェーダー修理 Part2

8箇所の穴を修理完了。修理状態をチェックしようと、再度、水漏れ検査。

修理した箇所は完璧です。8箇所とも水漏れ無し。
これで、専用の接着剤や、修理キット無しでも、簡単に修理できることが判って大喜び、、、、

へぇ~ そ~きましたかぁ?

他に新たに2箇所で水漏れ発見!

前回、色んなところから水漏れしていて気づかなかったらしい。 こりゃ笑いが止まらん、、、、。

結局、全部で10箇所だったのか、、、  なんか、これって普通じゃないよね???

ピーー!(放送禁止用語)033.gif またも、捨てたろか! と一瞬思いましたが、ここまでやっちまったのでは後にも引けず。どうせ、今週は釣りに行く時間が無いので、修理続行。
(本気で、もう一枚ウェーダーは買おうと思いました)
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-08 20:19 | 道具

ウェーダー修理中

ウェーダーの1箇所の穴を修理後に、出来上がりをチェックするために、水を入れて確認してみた。ついでだから、上の方まで、他の穴が無いかも調べてみた。

え? お? ぬぉ~ ぎょぉぇ~ ж▲Å※■§……

修理箇所ではないところから、水漏れ発見!

しかも、次から次へと、穴が見つかる。。。。   こりゃ開いた口が塞がらない、、、、。

結局、全部で8箇所(うち、ピンホール7箇所)

ぶっころす!033.gif いえいえ、捨ててやる! と一瞬思いましたが、後で冷静になってみるとゴミを捨てるのも大変なこの時代ですし、良い機会なので色々と試したい修理方法などを実践してみることにしました。

現在、金を掛けない修理方法を駆使してウェーダーと格闘中!!!
(でも、もう一枚ウェーダーは買おうと思います)
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-05 23:00 | 道具

天竜川解禁2日目

解禁日の放流ニジマスは、例年なら3,4日楽しめることがあります。しかし今年は浅い場所への放流だったので、初日の大フィーバーで終わりだろうと思っていました。ですが、、、やっぱり足が向いてしまいました。川の近くに用事があって出かけた際に、2時間だけ時間が取れたので釣行。

昨日とは違う放流箇所へ、空いてますね~ガランとしてます。餌師5人、ルアー1人。餌でときどき釣れている方がいますが、パッとしませんので昨日の場所へ移動。

昨日、あれだけ込み合っていた釣り場に誰もいません。
見渡す限りでも遠くに2人見えるぐらいのガラガラ状態。好きなところに立ち込んで、好きな方向にキャストできます。誰もいないということは、ほとんど釣られちゃったんだろうな~と思いながら、厳しい釣りを覚悟して釣り始めます。

ルアーを変えながら続けていると、やっと待望のヒット
こんなコンディションで釣れたときは嬉しいものですが、
さらに嬉しいことが、、、 釣れたのは自身初となる、 アマゴ でした

a0096669_17425168.gif

ニジマスの放流量600kgに対して、40kgしか放流されていないレアなアマゴ。
しかも渓流で餌釣りをしたことがない自分としては初の獲物となりました。
放流物だろうが、なんだろうが、嬉しい記念の1匹となりました



その後、2回アタリありましたが、のせられず。時間切れ終了。
1時間で1ヒットみたいな釣りも、これはこれで面白くて、自分は好きです。
(もう昨日のことは、あんまり覚えてないし ← たくさん釣れた思い出は記憶に残らない?)

そうそう、悪いこともありました、、、帰ろうとしてウェーダー脱いだら右足だけ濡れていた。
帰宅して、水漏れ検査してみると、穴(ピンホール)が1箇所見つかりました。
ちょうど1年しか使っていないのに、、、、たまらんなぁ007.gif

釣行データ  (3,1,1)
釣行日; 2008/3/2  13:40~15:30
晴,11℃,西の風5m/s
ロッド=6ft,ライン=2.5lb(直結)
本日のヒットルアー = 某釣具店の中古スプーン

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-02 17:51 | 天竜川

本日は天竜川解禁日

3月1日!天竜川解禁日には漁協によるニジマス放流が開催されます。
例年のように、職場のいつものメンバーで釣行。


暗いうちに現地入り、現場は今年初の会場のため、放流トラックの接岸場所や、後から魚が居つく場所が判りません。そのため、かなりウロウロ迷ってしまいました。真っ暗の中で、後輩にウェーダー履かせて川に入らせて水深とかけ上がりの箇所をチェックさせて(鬼先輩です)、ここいらが居着きそうな場所だな、ここにトラックが来て放流かな、と推理。しかし、既に一級ポイント(と思えた場所)は人だかり。
聞けば泊まりこみで寝ずの番をしていたとか、、、、。
さらに、噂では、もう一つの放流箇所では2日前から場所取りの物が置いてあるとか、、、、

いつも思いますが、皆さん、お子さんの運動会の場所取りより、力、入ってませんかぁ?


とりあえず、一級ポイントの場所取りの方々の端っこで、かつ、放流トラックが着く方向(と思えた場所)に陣取りしました。


さて、明るくなって、やっと放流トラック到着
a0096669_15151722.gif

ぐげげぇっぇげぇ~、、、
放流場所が予想とは全く反対の側でした!
おいおい、やるなぁ、天竜漁協、まさか、そこから放流するとは、、、、
その崖の上から、しかもテトラ越しに自慢の放流滑り台を使って、ぶっこんでくるとは思いもしませんでしたよ。



しょうがないので、テクテク移動。こちらには、身軽なルアーマンが多く移動してきており、最初の20分だけ大フィーバー、そこかしこでライズしてるのが見えるし、続々とHITしてます(これも毎年恒例)。スプーンの色がイマイチだったみたいで、自分はここではたったの1匹のみ。特定の色にアタリが集中していたような気がします。

a0096669_15244646.gif

朝陽を浴びて銀ピカのニジマス、綺麗です。
このサイズ25~30cmがアベレージでした。



その後、沈黙し始めた気がしたので、こちらには早めに見切りをつけて、魚が居着くと思って最初に場所取りしたポイントに戻ります。まだ、餌師も釣れていませんでしたが、ルアーだと一投目から
ヒット! ヒットの連続
後輩をこっちに呼び戻して、餌師が1級ポイントでも釣れない時間帯に、素人の後輩と二人で、ガンガン釣りまくります、笑いが止まらん状態です003.gif。ひゃーひゃー言いながら二人で釣りまくっていると、さっきまでは誰もいなかったポイントだったはずなのに、気づくと餌師大勢に囲まれてました。
四方八方から投げ込まれた浮きが1m弱の距離関係でたくさん水面に浮いてますが、その隙間をつくようなキャストで二人で釣りまくります(ルアーの色も何も関係無い状態でした)。

1時間ほど楽しんだところで057.gif、雨が降ってきました。かなり釣ったし、濡れるのイヤなので一時、車中に避難。
a0096669_15373242.gif

後輩のビクに入れまくったニジマス。
まさに、ニジマスだんご状態。
『入れてくださいとは言いましたが、家でこんなに食べきれないから、幾らか持って帰ってもらえませんか~?』なんてセリフを後輩に吐かせました。

う~~んん、、、、最高の賛辞ですね。




不思議と、雨が降ってからはコンディションが変わったようで、雨が止んでからもペースはダウン。それでも、お隣の餌師のお爺さん達のご家族分のニジマスも釣り上げてあげて、周りから感謝、感謝で、とっても良い一日になりました(お爺さん達から、昔の入漁証が150円だった時代のいろんなお話が聞けたのはホント嬉しかったです)

その後、昼からは1時間で1匹の激シブモードへと変わりましたが(とはいっても、毎年、こんなもんですが)、先輩(大師匠)は50cmクラスのデカニジをゲット、流石です。その後、本格的に強風になってきたので、お先に撤収。

釣行データ  (∞,∞,20以上?)
釣行日; 2008/3/1  7:00~13:00
晴時々雨,8℃,西北西の風6m/s
ロッド=6ft,ライン=2.5lb(直結)
本日のヒットルアー = 某釣具店の中古美品スプーン など


おまけ
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-03-01 15:45 | 天竜川

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE