<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

科学の眼?魚の眼?

昨日、BS-Hiの放送でフライフィッシング(FF)を科学的に検証するっていう番組を見ました。自分はFFは全くやりませんが、番組自体は結構、面白かったです。

高速ビデオカメラを駆使し驚くべく映像の数々で、ヤマメの習性やFFの技術などを科学的に分析してくれてました。
実は最近、自分も仕事で同じような高速ビデオカメラを使うことがあるのですが、その映像とは大違いでして。あの画角と光量で1秒間に数万コマの映像とは、流石は日本放送協会さぞ受信料の無駄遣い、いやいや、さぞ高額の高感度カメラなんだろうなぁ~と、羨ましくなりました。

さて、番組中で、2,3、興味深かったのは、、、、、。

・ヤマメが水面すれすれを飛んでいる虫に、水面を割って飛び掛るも、食い損なった映像や、
 水面に落ちた死にそうな虫を、咥えようとするも逃げられた映像。

どうも、魚も百発百中で食っているわけではないと判って、しかも食い損なった瞬間がクッキリと見える高速カメラの映像でしたので、食い損ねたヤマメの情けない表情を見て、つい笑い転げてしまいました。自分のミノーをサツキが食い損なうのも、やっぱり食うのが下手なんだ!と勝手に喜んでました ← アホ

・ヤマメは川底周辺にいて、捕食のために、水面まで約1秒の猛スピードで真上に上がってくる。そのときには、口を閉じて、できる限り速く泳ぐ。咥えるために口を開けるのは、たったの0.02秒。

この真上に上がるというのには訳があるそうで、180度見渡せる魚眼レンズをもってしても、水面を見るときには光の屈折の関係で、30cmの水深からでは水面は直径69cmの円内しか見えないんだそうです(あくまでも水面です。水中は片眼で180度、両方ではほぼ全方位に近いぐらいが視野)。水面を見る場合には97.6度の角度しか見えず、その範囲外は水面に川底が反射してしまうようで、水面の虫が見えない。この現象をフィッシュウィンドウと呼ぶんだそうです。
となると、魚は川岸に居る釣り人なんて全く見えないのか?と考えますが、番組中でちゃんと説明してました。97.6度は水面までの可視角度で、それより上方(空気中)は、またまた屈折率の関係で160度の広がりで物が見えるそうです。
となると、30cmの水深から97.6度の角度で水面が見えて、その円の外縁から160度で見える魚に対して、170cmの人間が見えないように距離を取るためには、私の三角関数の計算の結果が正しければ、、、

約998cm ≒ 約10m 離れないといけない。

10メートルか、、、これは結構、自分にとっては意外でした。自分の偏向グラスでは相手は見えませんが、向こうからは見えている場合もあるということです。
TVや学者が言うことが全て正しいとは限りませんが、参考にしても損は無さそうです。
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-06-29 22:47

天竜サツキマス、第17戦

6/27(金)天竜川のサツキマスへ、今シーズン17回目の釣行。ダム放水中で、増水&濁りがまだ続いています。

こんな状況でもサツキマスを釣り上げているエキスパート達もおられるようなので、出撃してみました。いつもは水の無いところも川になっています。ウェーダー履く必要も無いので、スニーカーで釣りしてみます。そういやー、サツキマス釣りでスニーカーは初めてです。

人口的に作られた構造物と、この増水とが作りだしたワンドや、それと本流との際を攻めますが、何のアタリも無く終了。

鮎は跳ねているんですが、、、(蚊の猛攻に参りました)
流石に今日のポイントでは、この時期は下流過ぎるのかもしれません。

そういえば、最近、天竜川漁協HPのサツキマスダービー途中経過が更新されて、エレナ70Fで釣った3匹目が掲載されていました。こうして他の魚と比べてみると3匹目は体高が低く、か細い。やっぱり、今年の2匹目(このブログのスキンにも使っているサツキ)は体高があって美しかった。特に尾びれの大きさがずば抜けていて、非常に格好いい ← 自画自賛、完全に逝っちゃってます

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/6/27 月齢23.3(小潮) 18:00~19:30
晴,気温22℃,南東の風1m/s,水位-0.77m
ロッド=7ft,ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-06-27 21:41 | 天竜川

天竜サツキ、第16戦

6/20(金)天竜川のサツキマスへ、今シーズン16回目の釣行。上流も友釣り師が増えてきて、そろそろ釣り場から追い出されそうな気配がしている今日この頃。本日は帰り際に見かけたフライ師1名以外に、サツキを狙うアングラーを見かけませんでした。いつもの年なら、そろそろサツキも閉幕に近づいている頃ですが、今年はもう少し粘りたい気がします。

昨日、残業中に師匠から入電。大物ゲットのお知らせでした。
今朝は、まずは、そのポイントへ、、、、鮎の餌のお爺さんが居て、無理でした。
しょうがありませんので、師匠に教えてもらった他のポイントへ移動。

瀬の下流の落ち込みを攻めます。
落ち込みの駆け上がりでエレナ70F にアタリが、、、

グングングン、と首を振ってます。重たい感触です。
きたかぁ~?(ダービー優勝クラス?)
あんまり走りません(ここで気づくべきだった)

a0096669_21393364.jpgでかいニゴイでした

ほんと、顔が間抜け

これをサツキかと、、、しかも優勝かと、、、
思った奴は、もっと間抜けです(笑)




その後、完全にサツキマスと認識できる全身水上ジャンプを見ましたが、食わせられず。
その後、車で場所を大きく移動。

ランガンしながら攻めているとエレナ70F をピックアップする直前に、手前の浅瀬の岩と岩の間から銀色の魚体がガバッと水面を割って、横っ飛びでエレナを引ったくっていきました。HIT!
トップかよぉ~?すげー!カツオみたいだったよぉ~、かっちょえぇ~(ちょい感激)
銀色だったし、今度は小さいけどサツキだ。ファイト中に跳ねないし、間違い無い!(なんでだ?)

物凄くスピードのある引きを堪能して、浅瀬にズリ上げたのは、

a0096669_21484085.jpgおまえだったのかぁ~、、、、

30cm超のヒレピンのニジマス

次は、オレンジ色のマジックで朱点を書いてあげるね

ま、パワーファイトを見せてくれたので良し。優しくリリースしてあげました。



結局、その他にアユを4匹。うち3匹は塩焼きサイズ。次はキープ?
根掛かり2回で本日のヒットルアー2本がパ-。初めてのポイントは難しい(泣)

釣行データ 外道(2,2,2)
釣行日; 2008/6/20 月齢16.3(大潮) 6:00~15:30
小雨→曇,気温21→27℃,北東1→南東の風2m/s,水位-2.2m
ロッド=7ft,ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = DUO グレイスミノーエレナ70F, フック=ST-21#8
                (ブラックバックアユ, オリーブバックゴールド)

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-06-20 22:03 | 天竜川

天竜サツキ、第15戦

6/13(金)天竜川のサツキマスへ、今シーズン15回目の釣行。今朝も上流へ、昨日より一段と水が減っていてチャンスが広がっているかと思いましたが、、、。

外道のアタリもなく、2日続けて完全丸坊主。

(釣る側にとっては)好条件なので人が多く、思ったポイントにも中々入れません。しかし、見渡す限りで誰も釣れていない状態。わからんもんです、この条件で釣れなくて、先週の条件で釣れる。難しいもんだなぁ~。

下流の鮎師の混雑ぶりは半端じゃないですね。鮎の季節、夏がやってきますね。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/6/14 月齢10.3(長潮) 5:15~7:30
晴,気温21℃,北西の風3m/s,水位-2.21m
ロッド=7ft,リール=カルディアKIX2004;ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-06-14 10:54 | 天竜川

天竜サツキ、第14戦

6/13(金)天竜川のサツキマスへ、今シーズン14回目の釣行。ダムの放流も止まって減水中、濁りはあまり変わっていませんが、この週末は大物の予感がします。

しかし、、、、サツキマスは難しいです。外道のアタリもなく完全丸坊主。

減水してくると、先週とはポイントが変わってました。
しかし、明日のためのポイント開拓は十分に出来たので良し。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/6/13 月齢9.3(小潮) 16:30~18:30
晴,気温23℃,西南西の風5m/s,水位-2.02m
ロッド=7ft,ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-06-13 20:53 | 天竜川

DUO グレイスミノー・エレナ70F

発売を直前にしたトラウト用ミノーのエレナ70F。
最近は天竜のサツキマスに、このミノーを使用する機会が非常に多くなってきました。

このミノーは先に発売となったDUOエレナ50Fの兄弟機種。同一の超薄型リップを持っているのが大きな特徴であります。

a0096669_21212880.jpga0096669_20183489.jpg


メーカーの説明には、

・0.5mm厚基盤製リップを採用したハイレスポンス・ハイフロート仕様、、、
・極薄リップが生み出す立ち上がりの早いクイックレスポンス、、、
・高強度の基盤素材が可能にしたロングリップ潜行能力、、、

などの、うたい文句が50Fの説明にあります。たしかに、50Fと70Fのリップは薄いです。
右の写真は先行して発売されたサクラマス用のエレナ110Fです。こちらも薄いリップですが、金属製です。どう使っても折れそうにありません。

最初、70Fや50Fのリップは幾らか折れることは止むを得ないかな?と思っていました。

このリップの素材、基盤製っていっても、一般のルアーユーザーさんはどんなに頑丈かは想像がつかないかと思います。一般に電子機器の基盤ってやつは靭性(じんせい)が高く、非常に粘り強いです。両手で真っ二つに割るなんて容易ではありません、ねじり切るっていう感じで、ちぎれるように壊れていって割れるのが普通です。110Fの金属製には適わないまでも、70Fのリップの強度には非常に興味があり、期待していました。

でも、やっぱり割れちゃうと勿体無いですよね
といいますか、正直、割れてから修復するのは非常に手間が掛かります。

そこで使用前のリップにある補強を施しています。

a0096669_20595532.jpg見えにくいかもしれませんが、無溶剤弾性接着剤で、リップの付け根の両面(前面と背面)を補強してあります。

弾性接着剤がミノーのリップが岩やかけ上がりに当たった際のショックを吸収することを期待しています。さらに、無溶剤で乾燥後に肉やせしない接着剤を使用することにより、厚塗りが可能となり、リップの付け根の応力緩和するような形状へと変更。


効果がどれほどかは判りませんが、今のところまだ1本もリップは折れていません。

でも、折れないせいか、70Fのリップの先端が磨耗してきました。

a0096669_20381990.jpg

左が使用後(かなりの回数、使用しています)。

ここまでリップが削れると、ミノーの泳ぎ自体も変わってきているかもしれません。
川の右岸や左岸の一方でだけ長時間釣り続けると、リップの片方だけ削れて左右非対象になってくることもあります。


実は昨日のサツキマスは、このリップの短い方で釣りました。
このミノーの泳ぎが良かったんでしょうか?

ま、リップの短いもの、左右非対称なものなど、色々楽しんでいるというのが現状です。
(折れるよりは100倍マシかと思っています)

おまけ>綺麗に接着剤を塗れるかと心配な方へ
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-06-08 20:21 | 道具

天竜サツキ第13戦、DUOエレナ炸裂!

6/7(土)天竜川のサツキマスへ、今シーズン13回目の釣行。今月から鮎解禁で下流はメチャ混みですので、今回からはそれを逃げるように上流へ遡上して後半戦開幕です。

堤防を車で移動中、船明ダムの放流を知らせるパトランプが見えます。どうも気持ちが萎えてきますが、明日からしばらくの間は雨が続く予報ですので今日は増水していようが、濁っていようが構いません、とにかく出撃です。

先ずは塩見渡橋よりも上流へ、、、、。ギブです。放流の水をなめちゃいけませんね、とても釣りなんて出来ません。流れ強すぎ、増水でポイント無いし、濁りもかなり残ってるし。

しょうがないので、思い切ってかなり下流へ移動。チャラ瀬の上にあるプールを攻めます。プール内の流れが複雑になっていて、川底の起伏の変化が感じられます。鮎の反応も、この箇所だけ非常に多く期待ができます。

プールと本流の際をミノーが通ったところでHIT!、といっても手応えは極小。
ん?アマゴ?朱点見えない、違う。もしや、セイゴ????

a0096669_1345421.jpgでかいアユでした(自己記録更新!)
成魚放流のものですね。
18cm位ありました。

このサイズなら焼けます(笑)

ルアーはエレナ70Fのアユカラー。
縄張りを守ろうと体当たりしたんでしょうか?




この鮎をリリースしてから気づきましたが、鮎解禁なんだから持って帰って塩焼きOK?あの型を家族分だけ揃えられるか?友釣り専用区間でルアーで鮎釣ってもいいものか???

色々、頭の中では考えていましたが、身体は正直です。
もう何匹か釣ってやろうと、しっかりと同じルアーを同じポイントへトレース。アクションも先ほどと同じく少し深め狙いで、短いジャークと軽いトウィッチをくれてやりますと、、、
ゴツン!ブルブルブルっとHIT!
よっしゃー狙い通り! 手応えもさっきの数倍あります。ん?数倍?もしかして尺アユか?
魚が垂直に水面を割って飛び出しました、、、銀色?、シーバス?
手元まで寄せてくると朱点が見えました。


うおぉーサツキだぁ~~!!!
(ここで気づいた馬鹿1名)

魚体を見てから、やたらと慎重に取り込もうとしたせいか、相手はメチャメチャ暴れましたが、なんとか忘れずに持ってきたネットでキャッチ。
a0096669_1357437.jpg
31cm超のサツキマス。

上流で釣るという本年の目標達成!

エレナで初の本命ゲットです

大満足であります(動機は非常に不純でしたが、結果オーライ?)



その後は、ドデカイやつのライズを2発見ましたがHIT無し。昼間は天竜川下りのボートが行ったり来たりで釣りにくいです(特に戻りのときの船外機はキツイ)。途中から参加の師匠が3本バラシてましたが、正体不明。

釣行データ (1,1,1)
釣行日; 2008/6/7 月齢3.3(中潮) 4:45~11:30
晴,気温19℃,西の風1m/s,水位-1.75m
ロッド=7ft,ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = DUO グレイスミノーエレナ70F(SHアユ), フック=ST-21#8

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-06-07 13:51 | 天竜川

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE