<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

やっちまいました

今朝は、どうやら、祭り会場を間違えてしまったようです。

昨日までは祭り会場で置いてけぼり気分を存分に味わい、今日こそはと再出撃。
浜はべったんこの凪に、無風、しかし近くには全く人がいません。

ちゃーーーーんす(←ちがうだろ、なんか、おかしいっしょ)

やはり、全く魚っ気がありません。常連さんは判っていて、今朝はここを止めたんでしょうね。

ま、しょうがないかと、車で砂浜を移動。移動先では、ちょっと見渡すとヒラメが3枚ぐらい上がっていたのかな。しかし、昨日までの祭りの勢いは、ここにもありません
a0096669_22132598.jpg


こっちには釣り人だけは、うじゃうじゃいましたが、、。


しばらくして、海面でピチャポチャ始まったのでジグミノーを通すと1度だけガツンとアタリがあるものの乗らず。今日は朝から用事があるので、この直後に早上がり。

もしかしてヒラメ爆釣警報解除か?と思いましたが、まだ釣れている浜もあるようです。
秋の本戦を前に、もうしばらくポイント探しを続けてみようか?一つの浜で粘ろうか思案中。

釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2008/8/31 月齢29.7(大潮) 5:20~7:00,満潮から下げ1分(潮位変化-8cm/h)
曇,気温22℃,北の風1m/s,波0m,海面水温25℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=JIGMAN X4ライトジギングSP#1.2(+リーダー16lb)
本日のヒットルアー =DUO プレスベイトSO-B75 TSオレンジ金

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-31 22:18 | 遠州灘

プレスベイトFUSIONで底物狙い

夜中の雷が凄まじかったので、今日の朝の釣りは無理かと思いましたが、なんとか雷雲は遠のいてくれたので小雨ですが出撃。サーフは今日もルアーマンで大賑わいでした

釣り始めて30分、隣でワカナゴがあがります、今日もベイトは寄っているようで水面でセイゴに追い回されているのが見えます。ダツやサバが釣れたり、今日も賑やかになりそうな気配です。

その後、ある時間帯になった途端に(シラス船の到来がスイッチになったのか?)、ヒラメ祭り!が始まりました。

隣で3枚、逆隣で2枚。

しかし、、、私には釣れません。

ナブラっぽいの、、、目の前にポツポツあります。
アタリ、、、多数あります。
ヒラメ、、、結構、手応えのあるそれっぽいアタリもあります、

がぁ~全くのりません。

むかつく~、と思っていたら、隣の椅子に座ってのんびり投げ釣りしてるオジサンが、『こっちの人、3枚も釣ってるよ~!!!』って、3本指でサインを送って煽ってくれます。

知っとるわ、ボケ!見えとったわ、アホんだら~!
お前も何も釣れてねぇ~のに、他人の心配してんじゃねぇー!

なんてことは言えないので、ニコっと043.gif笑って対応してましたが、先週末から数えて連続3日目となるこの状況に、心中は穏やかではありません。

明るくなっても釣れ続くヒラメを横目に見ながらなので、諦めるなど到底出来ず(それが良かったのか?)、粘って投げ続けておりますと、ゴズン、と重たいヒット、今度は乗りました!
a0096669_97836.jpg
波打ち際でかなり激しく暴れてくれましたが、なんとか釣り上げたのは45cmマゴチ。
遠目の底付近でプレスベイトFUSIONを超デッドスローに泳がせてのヒットでした。

最近はほとんどサボっておりましたが、この魚は久々にタグ&リリース

もっと大きくなりや~



その後、ヒラメ祭りがマゴチ祭りに変わったかのように周りでもマゴチが釣れ始め、もうヒラメは終わりかと思ったんですが、帰り際にもまだ隣はヒラメを釣りあげてました。

なんだか、お祭り騒ぎから完全に取り残されてしまった気分、、、、

a0096669_9525156.jpg
今日はヒラメが好むという赤色が背中に入ったFUSIONに、赤で統一した鯛カブラ風の自作2本針を使ってみました。

先日のオフショアではヒラマサ針のワンアシストフックを腹にセット。この次は、尻尾にトレブルをセットして使ってみようかと思っています。


釣行データ (7,1,1)
釣行日; 2008/8/30 月齢28.7(中潮) 5:00~7:40,満潮から下げ4分(潮位変化-15cm/h)
小雨,気温24℃,東北東の風4m/s,波1m,海面水温25℃
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー =DUO プレスベイトフュージョン SHレッドピンクバック(北海道限定カラー)
              DUO タイドミノースリム105 ヘルティック  DMイワシRB
              DUO プレスベイトSO-B75 TSオレンジ金

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-30 09:23 | 遠州灘

遠州、ヒラメ爆釣警報発令中!

珍しく、仕事を早上がり。サバでも釣るかぁ~と、サーフへ。

週末のための下見を兼ねて、初めてのサーフへ。平日の夕方で向かい風ということもあり、二人しか先行者はおられませんが、このサーフ、見るからにイイ感じです。

ほどなく、隣の方がヒラメをゲット。聞けば、本日、3枚目とか。 ぎょぇ~

釣れたヒラメが邪魔そうなので、聞いてみると、先日は6枚!釣ったそうな。  ひょぇ~~

でも、なんだか不満そうなので、もっと聞いてみると、こないだ18枚!釣った輩がおったそうな。

うひょぉ~~~ΘΨШ☆ж

もうだめ、立ち直れません。

間違いなく、現在、ヒラメ爆釣警報発令中であります(まだ、個人的には釣れてませんが)

週末こそは。。。。。。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/8/27 月齢25.7(長潮) 17:30~19:10,下げ1から4分(潮位変化-8cm/h)
曇,気温27℃,東南東の風3m/s,波1m,海面水温25℃
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー8号)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-27 21:15 | 遠州灘

サーフは小雨でも大賑わい

最近、どこかしこで、投げれば何かが釣れるなんてことを耳にします、、、、。
そのせいか今朝のサーフは、ルアーマンで大賑わいでした


すっかり明るくなってからの到着(寝坊しました)、準備をしている目の前で他の方が開始早々にヒラメを釣りました。波っ気がありますが、釣れるんですよね、こんな日も。
次は俺だ!と意気込んで釣り始めますが、何故か反対側隣の方がヒラメをゲット。その後も次々と底物系がゲットされ続けますが、ヒットは特定の方に偏っている感じ、、、、非常~にイヤな感じです。完全に取り残されました、ノーヒットです。

しょうがないと見切りをつけ(泣)、早々に青物狙いへ。

ジグに変えてから数投、ゴゴゴン、と最初のヒット、乗りません
アタリはダツっぽい?

遠目でのヒットだったので、ジグをプレスベイトSO-B23gから新型プレスベイト28gへ変更。
全力で遠投して、さらに遠目でブルブルブルルンとヒット、今度は食わせましたが、、、、バレました
乗せて手元に伝わってきた高周波からすると、やはり、あいつか?

その後、海面を割って黒い背中を出して捕食している連中が出始めました、やっぱり、あいつっぽいです。そこにルアーを通して、アタリを取るものの、乗りません。そんなこんなで、4回目のアタリで、やっとゲットしたのは、

a0096669_10164549.jpg
やっぱり君かよ、、、




生意気?に、マサバでございます
砂まみれで非常に見苦しいですが



正体は判明したし、『今日はこれぐらいで勘弁したるわ』021.gif、と捨て台詞を残して退散。
(本当は疲れてフラフラ。夏バテ気味で辛~い)

今日は、波があって青物の寄りは悪かったかもしれませんが、明け方の底物は活性高く岸際まで寄っていたようで、色々と釣れてました。下の写真のイワシを食っていたんでしょうかね?他に、サッパみたいなベイトもいました。

a0096669_10155673.jpg



これじゃ~、プレスベイトでも大き過ぎたか?



釣行データ (4,2,1)
釣行日; 2008/8/23 月齢21.7(中潮) 5:30~7:40,上げ2から6分(潮位変化+16cm/h)
小雨,気温22℃,東の風4m/s,波2m,海面水温25.5℃
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー8号)
本日のヒットルアー =DUO プレスベイト85mm クリアホロイワシ
              DUO プレスベイトSO-B75 TSオレンジ金

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-23 10:21 | 遠州灘

プレスベイト FUSION

先日のオフショアの釣行記事がポータルサイトFISHに掲載されました。

その際に使用していたDUOプレスベイトFUSION
a0096669_9504713.jpg


そろそろ店頭にも並び始める頃ではないでしょうか。
このFUSION、実はその特徴をちょっとご紹介してみたくなるルアーの一つであります。

特徴>
その1、ジグスプーンという位置づけで、内部の殆どがウェイトである鉛となっていますが、
     実は樹脂コーティングが結構分厚いです。
a0096669_9501454.jpgそのお陰か、耐久性が優れています。テトラに当たっても、シイラに食われても、意外と傷だらけになりません。ジグやスプーンのような金属に薄い塗装のものとは比較にならない優れものです(一番上の写真はサーフでの数回使用後にオフショアでシイラを釣った後の写真です)。
左の写真からも判るかもしれませんが、左右(上下?)非対称なボディの複雑な形状も、この樹脂コーティングで表現されており、まさに樹脂と鉛のいいとこ取りといった感じ。

その2、樹脂コーティングが結構分厚いためか、塗装が非常に綺麗で見栄えが良いです。
a0096669_9552842.jpg
それが釣れる理由になるのか?となると甚だ疑問ではありますが、ルアーと〇は美しいに限ります(私は)。各種、カラーも揃えられており、中でも強烈?なのは写真手前の北海道限定カラーでしょうか

その3、ボディ腹部アイの根元に1箇所、穴があります(不良品ではありません)。
a0096669_1013352.jpg
メーカーのHPにも説明がありますが、貫通ワイヤー構造で大物にも対応するような設計になっていますが、この構造であるが故にワイヤー部分に水が侵入するようで、海水での使用後に水洗いを推奨しています。


その4、アクションは中々の優れもので、へらへらと枯葉が宙を舞うように、ラテン系の
     ダンサー(女性ね!)が艶かしく腰を振るかのように(←わかりにくい表現ですが、
     まさにこんな感じ)、高比重のルアーの割りに、スローでも良く泳ぎます。
     但し、足場が非常に高いところからの釣りでは、スプーン形状であるが故と、樹脂
     コートが厚く高浮力のためか、ルアーが浮き上がりやすく、私には使いこなせませ
     んでした。

最近はお店のルアーコーナーには、鯛かぶら、インチク、ジグスプーンなど様々な形態の商品が並んでいて賑わっていますが、その中でもきっとFUSIONはひときわ異彩を放つ存在になるのではないでしょうか。

今後も、サーフ、オフショアの様々な魚種に使用してみるつもりです。
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-14 10:13 | 道具

夏休み、青物決戦

遠州沖で青物決戦、事前の情報ではシイラ、シオ、メジにシーバスや底物までがターゲットと、いつもより賑やかな感あり。



結果> 難しいですねぇ~釣りって。。。021.gif



底物狙いのジギング、なーんも釣れまへ~ん。。。



太刀魚ジギング、バラシまくり。。。





でもね、




やっぱ!楽しい~なぁ~! 夏のオフショア!!

しっかりと、お父さんの夏休みを堪能させてもらいました!003.gif

シイラ,丸ソーダ,太刀魚,ゴマサバ,赤ムツ(極小リリース)で5種目達成の五目釣り完成!存分に楽しませてもらいました。その他に、船中ではカサゴ、ホウボウ、ヒラメ、おまけにエイ風のサメ(粕鮫)まで。
他船はペンペンに熱中する船、サバを追い回す船、その他にも選択肢にはシーバスとシオのジギングも選べたりと、次どこ行く~?って船長に聞かれても悩んでしまうような状況(嬉しい悲鳴)。

a0096669_2232314.jpg
シイラにDUO製ジグスプーン,プレスベイトフュージョンが非常に有効でした。投げて、ただゆっくり引いてくるだけという単純さは、初心者の方々にも嬉しいルアーに仕上がっているんじゃないでしょうか(私には、とっても有難い)。


a0096669_2233132.jpg
今日は、腹部アイにヒラマサ針のシングルアシストフックの組み合わせでしたが、リアのアイにトレブルなど、組み合わせにより沈下と遊泳のアクションを変えられます。


今夜はサビキ(悪魔に魂売りました)の大アジを加えて食卓は刺身三昧。船長達のお勧め(カツオより美味い)の丸ソーダの刺身もGOOD。まだ、腹痛にもなっていないので、あたらなかった模様。血合いをしっかり取る、皮に身をつけて引くなど気をつけていても、あたってしまう方もおられるようで特にお勧め出来ませんが、身は確かにカツオ以上かも。但し、食べるところが少ないのが難点ですな。

釣行データ (15,8,5)
釣行日; 2008/8/12 月齢10.7(長潮) 6:00~15:00,下げ7→上げ8分(潮位変化±10cm/h)
晴,気温27→31℃,東2→南の風3m/s,波0.5m,海面水温27.5℃
 ロッド:パームス/コーラルスター8016、604など
 リール:ダイワ/ソルティガ4500など
 ライン:PE1.2~3号×ショックリーダー25~60lb
本日のヒットルアー = DUO/ドラッグメタルSV110gグローピンク など各種ドラッグメタルSV
               プレスベイトフュージョン DMブルーバック

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-12 22:47 | 遠州沖

夏休み、青物第二戦

明日は遠州沖で青物決戦の予定です。道具と身体を慣らすために、今朝はオフショアタックルで堤防へ。

この堤防では、まずは見かけない?、コーラルスターにソルティガ4500。60gや80gのジグをバンバン打ち込み、パワーハンドルで猛烈に巻き上げる完璧に危ないオヤジ?

周りが完全にアホ扱いの視線で見ているのが判ります(気のせい?)。18~28gぐらいのジグ投げてらっしゃる皆様からの、『魚散るだろがぁ~このボケー!047.gif』って言いたそうな雰囲気が背中にビシバシ伝わってきます。

ま、そんなこたぁ~全然気にせず、続けます037.gif

明るくなってきて、マゴチやダツが釣れ始め、カマスは短時間ですが入れ食いになったりして、本日も賑やかな雰囲気です。

自分の60gのジグにも20cmぐらいのカマスが食ってきましたが、お約束のように足下のテトラ上でバレ(写真無し)。

その後、早めに退散するまでの時間では、ワカシやシオはあがっていない様子でした。

さぁ、明日はどんな魚が沖で待っていてくれるんでしょうか?

釣行データ (1,1,0)
釣行日; 2008/8/11 月齢9.7(小潮) 4:30~5:30,下げ7から8分(潮位変化-10cm/h)
曇,気温25℃,北の風2m/s,波1m,海面水温27℃
ロッド=コーラルスター76MH,ライン=PE3号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = 自家製60gジグ

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-11 09:16 | 遠州灘

夏休み初日、青物初戦

最近、会社で若い方に新しい仕事を教わっております。そのお礼というわけではありませんが、ルアー釣りを教えてあげることになり、近くの堤防へ

最近、県内の海岸一帯で青物の釣果が報告されております。今年は当たり年かもしれません。
珍しく暗いうちから場所取りして、ビギナーの若い衆に、いいところを見せる準備は万端。
彼は大きなクーラーボックス持って来て、お土産持ち帰る準備万端?

明るくなってきて他の方がシーバスを釣ったり賑やかになった頃、私に

グググン、と最初のヒット。

寄せてくると、20cm強のシオです。彼の家へのお土産にと、だーーいじに足下まで寄せたんですが、、、

テトラに巻かれて暴れたところで、、、、ばれちゃいました

(ちっこくても根に潜ろうだなんて、流石はカンパチやなぁ、 ← おめぇが下手なだけだって)

ま、バラシなんていつものことなんで何ら凹んだりしませんが、、、今日は、若い衆がどうしても家にお土産を持って帰りたいみたいなので、ちょっと笑ってられない状況。

その後、1時間ほど、周りでポツポツとワカシなんかが揚がり始め、また私に

グングングン、と青物独特の引き!
いいねぇ、今度はさっきのより大きそう。これは絶対に大事にいこうと、普段は乗らないテトラに乗って、下まで降りて取り込みます。いやぁ~青物の引き、1年ぶりかぁ~なんて楽しんでいたら、また

バレました

バラ男です

その後、極小規模のナブラの発生などもあり、5回ほどヒットがあるのですが、どれものせられず終了。

結果は悲惨でしたが、若い衆が釣れなくても、『こんな釣りもあるのか!と判って、嬉しかったです』と言ってくれたので(タックル1式を揃えるそうです)、結果オーライ?

今日はアタリ全てが、ジグミノー(新型プレスベイト)のスロー引きでした。イマイチ活性が低かったのかもしれません。

釣行データ (7,2,0)
釣行日; 2008/8/9 月齢7.7(小潮) 3:30~7:00,下げ8分から上げ2分(潮位変化-6→+4cm/h)
曇,気温27℃,西の風1m/s,波1m,海面水温27℃
ロッド=12ftシーバスロッドMH,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUO プレスベイト85mm DMレッドベリー

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-09 11:34 | 遠州灘

青物

御前崎まで出かけてました。

この時期、御前崎といえばカツオ!!!

a0096669_21141863.jpg

なんで、こんなに煽ってくれるんですかねぇ~~

御前崎なぶら市場さん。

全長6mのカツオの置物、でーん、みたいな、、、。


全く不本意ではありますが、竿も持たず(息子のサッカー合宿の道具運び役で)御前崎まで出向いていった今日の自分は、このカツオ君には大層イラっときました022.gif

近いうちに全長60cmのカツオを、やっつけてきたいと思っております
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-08-02 21:05

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE