<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

ヒラメ戦線復帰

今朝は、もう宝くじには何の未練も残さず、ヒラメ狙いで近所のサーフへ。

10分の宝くじを求めての釣行も決して嫌いではないのですが、ヒラメに使いたい新型兵器がたくさん揃ってきましたので、頭を切り替えました。

現場到着。

波が高いです。波足も長くて、潮位との兼ね合いもあり、いつものサーフではとても狙っているミノーを引けそうにありません。夜明け前の浜をジムニー数台があっち行ったり、こっち行ったりポイントを探し回っています、皆さん困ってましたね。自分もうろちょろしてみましたが良いポイントが無いので、早々に見切りをつけて数kmの大移動を敢行。

こっちの浜は何とか釣りになりそうです。開始直後に145SLD-Fコツッとアタリがありましたが、のりません。またか、、、、いやーなムードが漂います。

こちらの浜は釣り人が少ないので、ランガン開始。払い出しをミノーで引いて探っていきます。この場所は波が複雑に絡み合っているのですが、荒波でも流れを良く掴むビーチウォーカーは、こんなときに役立ちます。

程よいカレント流を見つけたところでの、2投目。

遠目でガブッときたところで、電撃フッキング!
今後は乗りました(というか、乗ってた?)


で  す  が、、、、軽い、軽すぎる、、、、、
あっちゅーまに寄せてきたのは(寄ってきたのは)、



a0096669_16451248.jpg

ソゲ26cm

集まってきた見知らぬ釣り人には、

『ちっちゃ!』

とか、

『なにそれ?舌平目?』

とか、言われ、、、、狙った通りに釣れた会心の一撃に、十二分に水をさされましたがemoticon-0132-envy.gif



いいんだよ! お前らに迷惑掛けてねぇんだから!
釣ったもん勝ちなの!(周りは完全に沈黙してましたし)

ソゲ君にはタグを打ってリリース、『もっと大きくなってから、また遊んでや~」

本日は試したかったビーチウォーカーの新しく手にしたカラーで結果が出たので機嫌良く帰宅。
でも正直言っちゃうと、もうちょっと大きいのが欲しかった(次は舌平目とか言われたくないし~)

釣行データ (2,1,1)
釣行日; 2008/11/29 月齢1.4(大潮) 5:20~7:10,上げ8分から満潮(潮位変化+10cm/h)
晴,気温5℃,北の風2m/s,波1.5m,海面水温19℃
ロッド=サーフスターSSS-93SP,ライン=JIGMAN X4ライトジギングSP#1.2(+リーダー25lb)
本日のヒットルアー = DUO ビーチウォーカー110S ヒラメピンク
               DUO タイドミノー145SLD-F RSレッドヘッド

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-29 17:18 | 遠州灘

完敗

東からも西からも、宝くじの話題。東はワラサじゃなくてブリ!
ワラサだけではなく、ヒラメもシーバスも楽しめるのならと、今回は東のサーフへちょっと遠征。



やっちまいました。


3魚種楽しもうなんて、欲張ったことが仇となったようです。
入るポイントが悪かったようで、鳥山どころか、釣り人さえいません。

ちなみに、この頃、西に行った師匠から入電。
『ブリ見たぞ~』って、強烈に煽られちゃって、もうぶっ倒れそうです。


しょうがないので、帰り道で晩御飯のおかずにメッキを2,3枚釣って帰ろうとしましたが、、、、


こっちでも、やっちまいました。


2回ほど当たりがあっただけで、丸坊主に終わってしまいました。
a0096669_2132288.jpg
当たりがあったのは、メッキが2回、ルアーを咥えたのみ。

釣れたのは(刺さったのは)、これが2匹。

小さすぎて魚種判別不能です

『君のお父さん、お母さんのお名前は?』って、感じ。
もしかして?君はピーナッツと一緒におつまみに入っているやつかな?




周りの餌師は入れ食い状態。ルアー勢では隣の御方だけが、ひっきりなしに釣ってました。この御方、周りのルアー勢が沈黙しているのに、一人で物凄いペースで釣りまくってました。誘いと、食わせのタイミングを意識した釣り方が、ピタリとはまったようです。こちらはマネしようにも、メッキなんてやるつもりが無かったので、竿がついていきませんでした。

しかしこの御方、よー釣ります。場所を変えても、ルアーを変えてもコンスタントに釣りますし、バラシもしません。

鬼です。

いえいえ、神ですね!

この条件下では、こう釣るのか、、、勉強になりました。
たしか、10年ぐらい前にも今日と同じ場所で、この御方を見たことがあると思います。
そのときにも、1人だけ個性的な釣り方をされていたのを覚えています。
他人と違うやり方で、他人とは釣果で圧倒的な差を出す、、、凄いです!

あと10年ぐらい歳をとったら、こんなかっちょえーオヤジになりたいものです
(今でも、精神年齢以外は完璧にオヤジですが)

釣行データ (2,0,0)
釣行日; 2008/11/27 月齢29.2(大潮) 5:30~10:00,満潮から下げ9分(潮位変化-18cm/h)
弱雨,気温12℃,北北東の風7m/s,波0.5m,海面水温18℃
ロッド=サーフスターSSS-106,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = DUO プレスベイトPB85 クリアイワシ

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-27 21:14 | 遠州灘

ワラサ祭り Vol.2

懲りずに、また宝くじを買いに隣県のサーフまで行ってまいりました。

昨日は同行とで計2名、本日は計4名。これで当たる確率は倍!
さらに、昨日の鳥山が接岸した(ように見えた)東の方向の浜に場所も変更。
宝くじはたくさん買え!良く当たる店で買え!と言う人達の気分がちょっとだけ判ったような???


サーフは早朝から、こんな感じ
a0096669_15375083.jpg初めてのポイントなので混んでいるんだか?どうなんだか??

ただ、昨日のサーフより割り込みが多く行儀作法がいただけない方が多かったのは残念。
それだけ、こっちのポイントの方が実績あって殺気立っているのかなぁ?

個人的には、サーフからの青物は夏空の下で皆でナブラ追いかけて賑やかに走り回るのが好みなんですがね、、、




さて、暗いうちから実釣開始。。。






眠いemoticon-0114-dull.gif











眠すぎるemoticon-0118-yawn.gif












とうとう、浜で立ったまま寝てしまいました。emoticon-0113-sleepy.gif



そんなわけで、鳥山出現(すっかり明るい)頃には眠気もスッキリ解消。
あんまり投げていないので、体力もバッチリ温存!

だったんですが、、、

如何せん、自分のところには肝心の鳥山が寄ってこず(あと2~300mぐらいまでは来たかな?)、本気でキャストする機会すら無く終わってしまいました。

これでは鳥山観察の野鳥研究家か、天体観測家みたいなので、余った体力でジグミノーを投げまくるとコノシロのスレHITが1回あったのみ(それも、しっかり掛からず)。

方々に散った同僚のうちの一人が、、3人隣から5人ぐらい全員同時ヒットしたのを見ただけ。
あっちゅーまの鳥山終了で、本日もお終い。4枚の宝くじは、全部、スカ!
昨日、入っていた浜よりも、さらに西の浜には大規模の鳥山接岸しているように見えたので、あっちはジャンボ宝くじ1等が連続したんでしょうな、、、。
宝くじ(気まぐれ青物さん)は難しいですわ。


これで、今年の青物は終わりにしようかな
そういやー、今年はまともにブリ類を釣ってないんじゃないか、、、???


ま、いっか。 魚は来年も来る。


釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/11/23 月齢25.2(長潮) 4:20~7:20,下げ2から8分(潮位変化-14cm/h)
晴,気温6℃,南南東の風1m/s,波0m,海面水温20℃
ロッド=サーフスターSSS-106,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = 無し


***********************************************
本日のお役立ちグッズ=マルチウェーダーバッグ
***********************************************


ウェーダー持参で大人数で遠征なんて行く機会はそうそう無いだろうな、と思っていましたが。
今日、実際に4人で車1台で行く際に重宝したのがコイツ、マルチウェーダーバッグ

a0096669_16465450.jpg
直径76cmの巨大サイズに広がりますので、今日は同行者1名の使用後のウェーダーと自分のと2足を並べて入れても余裕でした。
狭い車内でも、中身はウェーダーですから狭いところにもギュって押し込めるので大変、使い勝手が良いです。



これ、結構、人気商品らしく、周りの評判も上々です。


[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-23 16:10 | 遠征

ワラサ祭りへ遠征

実はとても遠征などとは呼べないぐらいの近距離なのですが、、、
県外のサーフへワラサ祭りを見学(?)に行ってきました。


2週間ほど前から、サーフからキャスティングで獲るワラサの話は気になってはいたのですが、、、、。実はあんまり、乗り気では無かったです。

ですが、何故か?突発的衝動にかられて?というよりも、
勢いのみで行ってしまいました(爆!)

サーフは早朝から、もんの凄ぇ人!

かと思って出かけたのですが、それほど大したことありませんでした

(遠州で鍛えられているせいか、感覚(間隔?)がズレているのか?) ← たぶんそう

(お祭りが、お休みだったから?)                       ← いえいえ

(もしかして、実は祭り会場を間違えていたのか?)            ← ちょ~っとね

周りではソゲを見たのみですが、遊漁船が追い回していた鳥山は凄かった(とても届かない距離ですが)。

収穫は近所のサーフで見るよりも星空が断然、綺麗だったこと。
ま、宝くじ(青物)は買わない(行かない)とあたらないから、しょうがないか。

しょうがない! 明日も天体観測に出かけてみるか!

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/11/22 月齢24.2(小潮) 4:30~7:45,下げ5分から干潮(潮位変化-10cm/h)
晴,気温7℃,北西の風3m/s,波0.5m,海面水温20℃
ロッド=サーフスターSSS-106,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-22 11:00 | 遠征

くぅ~~、、、たまらんっすぅー

仕事中に通路で先輩に呼び止められました。

『浜岡沖で30kgのカンパチを仲間が釣ったよ』

ぎゃぁ~~~、、、、、脳みそ破裂しそーです

聞けば、ワラサ釣りで掛けたワラサに喰らいついてきたんだそうで、格闘40分?ハリス5号! 
完全に脳の思考回路停止しました。

西のサーフのワラサ祭りの話だけでも、最近は脳天直撃気味だったのに、、、、
そのワラサが餌?ど凄過ぎます。なんだか、とどめを刺された気分です。

先輩は現物(120cm、30kgオーバー)を見たそうで、傍にあった60cmのワラサがルアーに見えたとか、、、

昔、イナンバで2,3kgのメジを釣りましたが、そのときに仲間が釣った17kgのヒラマサと並べてみるとメジがルアーに見えたことを思い出しましたよ。

くぅーたまんねぇだろうなぁ~、、、ある意味、ワラサの泳がせっすよ。
日本近海で出来る究極の泳がせ釣り? じゃないでしょうか

そういえば泳がせといえば、このあたりではアジやイワシの泳がせで狙うヒラメが有名ですが、先日、NHK北海道の釣り番組ではバケ(4~500gの海サクラで使う錘ね)の上下で死に餌(オオナゴ丸ごと1匹)を泳がせてヒラメを釣ってました。でも、その船の船長はバケの先に、な!?なんと、
タイドミノースリム175mmをつけて、餌(客)よりも多く釣ってました(餌1×ルアー5ぐらい)。

ある意味、究極のトレーラー? って感じでしょうか。

『サイズの概念を捨て、ビッグミノーの威力を存分にお楽しみください』ってのが売り文句ですが、ここまでの利用はメーカー側も考えてなかったんじゃないかなぁ、、、、。ですが、DUOのルアーはいつもメーカーが考えもつかないようなアイデアで使ってくれることを期待しているというお話を聞いたことがあります。

なんか釣りって、ほんと奥が深いよなぁ、、、、 と思わせれられる今日この頃、、、、

おまけ(PRノット製作ツール)
[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-18 00:01 | 遠州沖

ヒラメ、大苦戦中

今朝は、大人気ポイントのサーフへヒラメ狙いで釣行。

夜明けは遅くなっているのに、釣り人が集結してくるのは逆に早まってきてます。
そろそろ本格的なヒラメの季節到来といったところでしょうか。

暗いうちに、近くの方がヒラメをゲット。浜はその頃には、もうランガンなんて出来る状態ではないほどの激混み状態でした。

一番の時合と思える頃、ビーチウォーカーを遠目にキャストしてリトリーブ開始直後のリーリング3巻きぐらいで、ガチガチガチと金属的なバイトあり。瞬間的に電撃フッキングをくらわせますが、、、、のりません。キャスト後に立ち上がりが速い固定重心のビーチウォーカーならではと思える場面でのヒットだったんですが、、、腕が悪すぎました。

明るくなって、海面がちょっとベイトでざわついたころに隣の方にフッコ。釣れるのはそんなサイズかと、ルアーをヘルティックに変えて1投目。着水後に巻き始めると既に重量感あり。どうやらヘルティックがフォールしている間に食ってきたんだと思いますが、、、、リール3巻きでスポっと抜けちまいました。こちらも、固定重心のヘルティックでは良くあるヒットのパターンでしたが、、、下手過ぎです。

本日は朝から所要のため早めにあがりましたが、まさに退散といった感じです。
次週は、全面的に見直しをかけて再戦に臨みます。

釣行データ (2,0,0)
釣行日; 2008/11/16 月齢18.2(中潮) 4:30~7:00,上げ4から9分(潮位変化+20cm/h)
小雨,気温14℃,北西の風2m/s,波1.0m,海面水温20℃
ロッド=サーフスターSSS-106,ライン=ファイヤーライン1.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = DUO ビーチウォーカー110S マズメイワシ
               DUO タイドミノースリム105・ヘルティック  DMイワシRB

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-16 21:10 | 遠州灘

ヒラメは何処に?

今朝もサーフへ。小雨混じりで、風強くタフなコンディションでした。


久々にヒラメが釣れませんでした(自分じゃないですよ)
見渡す限りでヒラメが1尾もあがらなかったのは、久々じゃないでしょうか

暗いうちにSLDにコツっと微妙なアタリがあって、リーダーにフックが絡んでSLDが戻ってきましたので魚にコツっとやられたのかな?と思いますが、アタリはそれだけ。


雨でも多くの人が来ていましたが、結局、フッコが1匹上がったのを見ただけで終了。


釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2008/11/8 月齢10.2(長潮) 5:00~7:00,下げ8分から干潮(潮位変化-7cm/h)
小雨,気温15℃,西北西の風5m/s,波1.0m,海面水温20.5℃
ロッド=サーフスターSSS-106,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = タイドミノー125SLD-Fパールレッドヘッド

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-08 11:01 | 遠州灘

ダブルヘッダー

今日はお休みもらって、1日釣り三昧。
朝はサーフ、その後はニジマスのダブルヘッダー。


今朝の浜は、遠~くで釣れてました。しかも左右両方の遠~くで。

ある意味、ポイントを外しましたね。皆さん帰った(?、会社に行った)後から、50cmクラスのヒラメとシーバスがあがっていた方の隣のポイントまで歩いて(これが結構遠い)、キャストしてみますと、、、。確かに、良いポイントですね。しばらくすると、このポイントだけ、妙に騒がしくなってきました。

ベイトの黒っぽい小魚で埋め尽くされ、それを追って数十匹のシーバス(せいご、ふっこクラス)でナブラになり始めました。と、同時に沖に水柱!イナダとワラサの中間ぐらいのサイズがナブラ立ててます。皆さん帰っちゃった(出勤しちゃった)後なので、独り占めかぁ~!?

が、、、、釣れませんでした。ヒットすら無い。

イナダのナブラは一瞬だったのでそれを諦めて、チーバスを釣ろうと車に戻って竿を持ち替えたら、もうチーバスのなぶらも終わってました。

さ!気分を変えてダムまで行こう!

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2008/11/6 月齢8.2(小潮) 5:00~8:45,干潮から上げ5分(潮位変化+8cm/h)
晴,気温9℃,北の風2m/s,波0.5m,海面水温20.0℃
ロッド=サーフスターSSS-106,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = 無し



その後、浜からダムまで直行。解禁日に消化不良だったニジマスにリベンジです

流石に平日です。道も釣り場もガラ空きです。
好きなところで、好きな方法で釣りが楽しめます。最高ですね。
a0096669_2321118.jpg

本日の最大魚、39cm。

顔に迫力があって素敵です

陽が陰った頃から魚の活性が上がり、思うように釣れ始めました。
a0096669_23223816.jpg
最後にミノー(DUOエレナ50F)で1匹追加。

釣れちゃったじゃなくて、『釣った』価値ある1匹。



ということで、とっても気持ちよく終了。
詳しくは、釣り情報ポータルサイト『FISH』に記事が掲載されました。

釣行データ  (13,11,9)
釣行日; 2008/11/6  10:30~17:00
曇,21℃,西の風2m/s
ロッド=6ft,ライン=5lb(直結)
本日のヒットルアー = DUO グレイスミノーエレナ50F(ブラックゴールドOB), フック=ST-36#12
 その他、中古購入スプーン

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-06 23:13 | 天竜川

日増しにヒラメは成長していますが、、

なかなか釣れません。周りの方が釣ったヒラメを横目に見ながら、日増しに成長していることを実感する今日この頃です。

早朝から浜に立って、竿を振ってみますと、やたらと竿が重く感じました。
どうやら、まだ昨日の感触が脳のメモリーに蓄積されているようです。
しかし、3投もすると慣れました(歳のせいか、メモリーの中身は飛びやすいようです)


明るくなりかけた頃、いつものようにルアーの色を変更。この時間帯が時合と思われ、周りの皆さんもルアー交換している方が多い時間帯です。

フュージョンに変えて2投目に、遠目で魚が咥えたと思えるバイトがあったのですが、スポっとテンションが抜けました。針掛かりしなかったようですが、久々のヒットでヤル気も出てきました。

どうやら、本当にその時間帯が時合だったようで、右隣と、左2人隣でヒラメが立て続けにあがりました。

その後、目の前でベイトがペチョペチョと飛び跳ねて、しばらくの間は魚っ気ムンムンに。
次から次へとルアーを変更して狙うのですがノーバイトで完敗。

釣行データ (1,0,0)
釣行日; 2008/11/2 月齢4.2(中潮) 4:45~7:05,上げ4から8分(潮位変化+20cm/h)
曇,気温13℃,北西の風2m/s,波1.5m,海面水温21.5℃
ロッド=サーフスターSSS-106,ライン=ファイヤーライン2.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = DUOプレスベイトフュージョン SHレッドピンクバック(北海道限定カラー)

[PR]

  by fish_anecdote | 2008-11-02 09:55 | 遠州灘

天竜川ルアーフライ専用区解禁

『解禁』、う~ん何度聞いても好きな言葉ですね。
今朝は本日、開幕の天竜川ルアーフライ専用区へ出撃。


開幕日は秋葉ダム下(中島)では大会開催のため一般遊漁は終日禁止でしたので、もう一箇所のC&R区の鮎釣を目指したのですが、ちょっとした事情によりC&R区間ではない雲名で釣りしてました。中島以外は放流数も少ないと噂されており(実際に中島には特別に500kg追加された模様)、リリースしない人の多い雲名では苦戦することが予想されましたが、、、。早起きして好みのポイントに入れた瞬間に何故か、『解禁日だし楽勝でしょ~』と思ってしまいました(←あほ)

ところが、やっぱり(?)釣れません。アタリも無い、ライズも無い。
放流直後の解禁日?何それ?ってなぐらい、、、全く魚っ気無し。

まだ時間は間に合うので、中島の大会受付に今から出向こうかと真剣に考え始めました。

明るくなりはじめたころから、お一人だけ連発で釣り始めました(そこが一番深場だったのね)。自分のポイントからは、わずか4人分だけずれているだけですが、まさに天国と地獄!

こりゃかなわんと、30分もしないうちにポイント移動開始。深みにたまる魚を一網打尽にする夢は忘れることにして、瀬から落ち込みに掛かるポイントでやる気のある奴を狙います。

瀬に打ち込んだ一投目の着水直後のリーリングでHIT!

a0096669_21172043.jpg

あんた誰?

一番やる気があるの、君?

ここでも、ウグイ、、、、
(今年は多かった)



次の1投でも、またも着水直後の瀬の中でHIT

a0096669_2120965.jpg

明らかにウグイとは異なるファイトであがってきたのは、腹に卵がパンパンのメスのニジマス37cm。

結構、重量感あって楽しませてくれました。



その次の1投でも、同じ瀬の中でアタリあり、乗りませんでしたがそのままリーリングしていたら、追いかけてきたのか?今度は足下でHIT

a0096669_21223886.jpg

オスの40cm。

こいつも養殖イケス育ち(鰭が短い)のわりには、ナイスファイトで楽しませてくれました。
やっぱり、やる気のある奴は勢いが違います



ポイントを移動して、わずか3投、8分間でウグイ含めて3ゲット
もしかしたら、これは今日は大変なことになるのか?と思いましたら、、、、

本当に大変なことになっちまいました!
その後の10時間でウグイ1匹を追加したのみ。
修行と呼ぶには残酷過ぎる!(別に無理に呼ばなくてもいいんですが)

最後はキャストし過ぎで、右手首が痛くなって終了。

釣行データ  (5,4,4)…外道含
釣行日; 2008/11/1  5:45~16:15
晴,16~21℃,西北西の風6m/s
ロッド=6ft,ライン=5lb(直結)
本日のヒットルアー = 某釣具店の中古スプーン

[PR]

  by Fish_anecdote | 2008-11-01 21:35 | 天竜川

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE