<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

天竜川サツキマス第2戦

昨日に引き続き、下流へ。

昨日、川で感じた超ダメダメな雰囲気のせいで、今日は天竜は止めて管釣りにでも行こうかと思いましたが、『本気で釣りてぇんだったら、釣れねぇ釣りをイヤがってんじゃねぇー、このやろぉ!』と、空からあのダミ声が聞こえた気がして出撃。

しかし、今日も西風が強く、、、、

a0096669_22502991.jpg
こんな感じで、堤防下では浜松祭りの凧揚げの最終調整なんかするには絶好のコンディション。



え? 凧が良く見えない?

a0096669_22512688.jpg
大サービス?で拡大画像掲載。

鯉?

鱒だったら、粋なのにね。



さて、シーズン序盤ということでポイントは下流だけに限られ、そのほとんどの箇所で水位が高く中州に渡れない、もしくは工事中で車が入れない、さらには風が強く左岸からは釣りにならないときてますから、釣りになるようなポイントはかなり限定されます。のーんびり出撃したものですから、そのほとんどのポイントにすでに先行者が入っておられました。常連さんの姿も見えます。みなさん、始動されていたんですね。

そんな中、シーズン序盤に実績の多いA級ポイントへ行ってみました。ちょうど先行者の方と入れ替わりの形。午前中だけしか時間が取れなかったので、そのポイントで色々なルアーを試運転がてらに投げまくって納竿。

川の水色は十分に釣りができる程度まで回復していると感じました。水量は多く分厚い流れになっていますが、ポイントを選べば釣りができます。あとは遡上を待つだけという感じでしょうかね。来週末ぐらいからは、真面目に朝から釣りに来ようと思います。

そういや~、今日のポイント、『もう少し暖かくなると藪の中からマムシが出るから注意しなよ』、って餌師のお爺さんが教えてくれました。ウェーダーの上からでも噛まれたらヤバイかなぁ、、、

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2009/3/29 月齢2.5(大潮) 9:30~11:10
晴,気温8℃,西の風5m/s,水位-0.82m
ロッド=7ft,ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-03-29 23:20 | 天竜川

2009年 サツキマス開幕戦

桜が咲き始めました。
でも、サクラマスじゃないんですから、サツキマスの盛期とは何の関係もありません。
しか~し、、、我慢が出来なくて?、サツキマスの開幕戦へ、


早朝から、シーバス狙いでしか来たことが無いポイントへ直行。
サーフでシーバス狙っているアングラーの車が遠くの方にかすんで見えます。
こんな下流にサツキを狙いに来たのは、実は初めてです。

寒いです、、、、。

太陽が昇ると、予報通りにさらに風が強くなってきました。
まだ、北西の風は冷たいですね、、、(この時点で気温5℃)

満潮に近い時間で水位も高く、中州にも渡れないので本日はあっさりと納竿。
道具のチェックと、身体のウォーミングアップといったところで止めておきました。

その後、各ポイントをチェックするために右岸、左岸の堤防をあちこちドライブ。
外道君達のライズは頻発していましたが、本命らしいものは見られませんでした。

釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2009/3/28 月齢1.5(大潮) 5:40~6:20
晴,気温5℃,西の風3m/s,水位-0.43m
ロッド=7ft,ライン=5lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = 無し


DUO新製品情報
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-03-28 10:35 | 天竜川

サツキマス前哨戦?先発予告

川の開幕戦に向けてのミノーの準備が終わったところで、次の準備。

こんな感じでフックを自作。
a0096669_22103092.jpg
数分で1本のペースで作ってますので、見栄えは×ですが、強度は十分です。

この手のフックは自作が良いと思います。長さや、針を自由に調節できますし、なによりコストが安く済みますのでお勧めです。



このフックは、こんな感じで、、、、

a0096669_22143079.jpg

サツキマス用のスプーンに使ったり



こんな風に、北海道限定ルアーに使ってみることにしました。
a0096669_22154228.jpg
こんなルアーを用意してますが、北海道に海アメや海サクラを狙いに遠征するわけではありません。


そういえば、北海道限定販売といえば花畑牧場の生キャラメル。あれって、おいしいですね~。

そうではなく、、、
以前、イナンバで投げた175mmのジグミノー
a0096669_2022171.gifつい最近になって、ようやく気づいたのですが、実は年明けから北海道限定で販売されていました。
Duo PressBait SAIRA 175mm 50g
北海道限定仕様 海鱒シングル カルティバS-61 #3/0 2本装備

SAIRA=サイラ ってのは、サンマのことなんですね。
関西や九州では、サイラって呼ぶこともあるみたい???元は紀州で発明されたサイラ網ってのがあったそうですが、もっと先をたどると、サンマの学名の、Cololabis saira っていうのから来てるんでしょうかね。

すでに、海マスのヒットに結びつけたブロガーの方もおられたり、北海道では注目されてますね。

そういえば、最近は多くのメーカーが北海道限定の商品を出しているんですね。
通販が発達しているので、全国のご当地ルアーも結構、簡単に買えるようになってはきていますが、この手の限定販売は販売数も限定のものが多いので、その時に買わないと手に入らないことが多いですね。

自分も2005年発売のベイルーフS-50トラウトリミテッドが欲しかったのですが、、、、
(誰か、どこかで見かけたら、ぜひ教えてください)

おまけ(未確認新製品情報)
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-03-18 22:51 | 道具

サツキマス開幕戦スタメン発表

春の嵐でしたね。朝になって波浪警報が解除されましたが、かなりの雨が降りました。

果たして、天竜川のサツキマスの遡上には、この雨は呼び水となってくれたのでしょうか?
そんなことを考えながら、道具の準備をしています。

シーズン初めのスタメン9名?は、この子達に決めました。
a0096669_10572418.jpg
上段左からグレイスミノーエレナ50F70FベイルーフR70,中段、グレイスシャッドSR-S,タイドミノー75CD,下段、ベイルーフS50,S70,S80ディープフィート83MD


昨年までと違うのは、S-70,S-8083MDなど、やや大きめのミノーが入っている点。今年はデカイのを獲る!という意気込みを先ずはタックルケースにぶつけてみました(? わけわかりません)

これに天竜川で私が実際にサツキマスを釣った実績のある、エレナベイルーフ75CDの色違いや、フックのサイズ違いをベンチ(ルアーケース)の控えとした1軍構成で開幕戦を迎えようと思っています。

シーズン開幕当初は、ポイントを探しながら移動を繰り返すことが少なくありません。深場だったり、ときには浅場であったり。流れが速いところだったり、川幅が広くてポイントが遠かったりなど、様々なシチュエーションに備えようと思うと、ミノーも種別が多くないと対応できません(特に私のようなヘッポコは)。先日、川に入った師匠から、ポイントの様子は昨年と激変しているとの最新情報を頂きました。毎年、川は変化しているので、開幕当初はポイント探しも楽じゃありません。

それが中盤戦になると、絞られるポイントも限られてきて、その日の水位,風,水色などのコンディションから、家を出る前にどの(どういった)ポイントに入るかを予め絞っている場合がほとんどになります。そうなってくると、ミノーの種別は減り、その代わりに同一ルアーのスペアや色違いを多く持参するようにしています。

そして、シーズン後半戦になると、このミノーで釣りたい!という思い入れのあるルアーだけで勝負!
なんてことは、それまでに結果が残せている場合に限ります。今年が、そんな年になればいいのですが。

今夜は、新しいラインをリールに巻こうと思います。
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-03-14 11:04 | 道具

杉山に入らずんば、アマ子を得ず?

花粉飛散のピークみたいなこの時期に、杉だらけの山林に入り込むなんてことは、花粉症の私には自殺行為でもありますが、『釣れた!』と聞いてしまうと性懲りもなく出撃。

出撃場所は天竜川支流。見渡す限り、杉の木だらけ。いやー、よー咲き乱れてますね~スギの花!
見事な咲きっぷりです。
花粉飛んでいるのが目に入っちゃうと気になるので、川しか見ないようにしました(笑)
しっかし、現金なもんです、そんな所に12時間もいたのに、釣りしている間はたいして花粉症の症状は出ませんでした(気づかなかっただけ?←大バカ者)
鼻の穴にティッシュねじり込んで、その上からマスクの重装備で釣りしてました。


さて、実は私、渓流の釣りは超スーパー初心者。

渓流釣りのお作法も理解しておらず、土地勘も全くゼロですから、興味は前々からあったのですが足を踏み入れることが出来無かった領域でした。今回は釣友がガイドしてくれるというので、現場見学会?トレッキング?お花見(スギの!?)ぐらいの軽い気持ちでの釣行。まさか、釣れるなんてこれっぽっちも期待もしておりませんでした。


大体、天竜川の支流が、

a0096669_19225327.jpg
こんなに素敵な川だったとは、、、、

捨てたもんじゃないね、天竜川!(支流)

これ、十分に、My奥入瀬渓流ですよ

景色見ているだけで癒されますね
スギ花粉無ければ、もっと最高なのにね



でも、こんなに綺麗な川なのに、、、、

a0096669_19243831.jpgなんで汚していくのかなぁ、、、

その他、幾つかの放流ポイントに近づくたびに、ミミズの餌箱や弁当ゴミが散見。

よくぞ捨てたもんだよ!釣り師!

あ~情けないったらありゃしない
これが無きゃ最高のロケーションなのにね



さて、そんなに簡単に釣れるなんて思ってもいませんが、朝1の入渓直後の絶好ポイントでアマゴが私のルアーを追ってきたのが1回。その後は違う支流へ移動するなど、ガイドは努力してくれたのですが、6時間ほど魚を見ることもなく苦戦。

『まぁ、こんなもんでしょう~、解禁から1週間も経過してるし~~』、なんて私は気楽に考えていました。ですが、その横でガイドは『絶対、釣らせちゃる!』みたいなオーラ出しまくって、絶好ポイントではかならず私に先に竿を出させてくれます。このままじゃ、ガイド本人が釣る機会が無くなっちゃうので、なんとかせねばと思うのですが、そんなときに限って、1投目から、大キャストミス。場を荒らしてしまうことの繰り返しで時間は過ぎていきました。


そんなこんなで、6時間ほど経過した支流3本目の必殺ポイント(ガイドいわく)。

1投目から、エレナ50Fを魚が追ってきました。

2投目、また追ってきます。結構、いい型です。

3投目、ベイルーフS-50に変更すると、やや小ぶりなさっきまでとは別の個体がルアーを追ってきて、1度、2度、ルアーに喰らいついてきますが、食い損ね。次の瞬間、ちょっとだけトウィッチのタイミングを変えてやると、3度目の食いつきで、やっとフックに掛かりました。
a0096669_19425327.jpg
14,5cmでしょうか、チビなアマゴ君

いや~、ガイドの腕におんぶにだっこで、なんとか
釣らせてもらえました。


その後、2度ほど、エレナにも食いついてきたりしましたが、完全なフックアップまで至らず。
12時間経過の夕まずめの最後のポイントで、スプーンで1匹をランディング寸前でバラシて、私の渓流デビューの1日は終了~。

いや~久々に楽しかった!
かなり山を歩きまわりましたが、疲れも感じず。本当に楽しい釣りを満喫させてもらいました。
今回は全て、ガイドのお陰です。本当にありがとう
特に(?)、ガイドのハンドメイドによるルアー回収機(製作費用200円らしい)は出来が素晴らしかった!あれが無いと、途中でルアー全滅でしたね。

釣行データ  (4,2,1)
釣行日; 2009/3/7  6:00~18:00
晴,14℃,北北西の風4m/s
ロッド=6ft,ライン=3lb(直結)
本日のヒットルアー = DUO BayRUF S-50(RS緑金)
               DUO グレイスミノーエレナ50F(レッドゴールド),
                その他、スプーン2g

[PR]

  by fish_anecdote | 2009-03-08 19:58 | 天竜川

天竜川解禁日

個人的に大好きな日本語。

爆釣

入れ食い

解禁日!

そうです。とうとう、待ちに待った解禁日がやってきました!


昨年は爆釣で存分に楽しませてもらいました。しかし、そんなことは毎年繰り返せないことは重々、承知しております。なんとか1匹でも釣れれば、息子とニジマスの燻製を作ってみようと計画。今年は初めて親子で参戦しました。

a0096669_23524015.jpg川に浸かっているだけで喜んでいる我が息子(ウェーダーデビュー)。
このウェーダー、多数の穴を修理してスペアに取っておいて、良かった。こんなときに役立つとは。多少、強引ではありますが、大人もののウェーダー、子供でも履けますね。

ウェストハイが丁度、チェストハイになってます。





え? 結果?






これが、釣果だ! 





どぉ~~んん




a0096669_2312676.jpg
なんじゃ、これ?

燻製にしていいのか???


釣れたよ、って息子に自慢したら、『口に掛かってないし』って馬鹿にされちゃいました(実はオデコにスレ掛かり)。


以上


後で調べたところ名前は、
<ウツセミカジカ>
絶滅危惧Ⅱ種に指定されている貴重なお魚みたいですね
リリースしてあげて、良かった(燻製にしてませんよ)


後に他の方のブログを拝見して、間違いに気づきましたので訂正
<アユカケ>
春から夏にかけて川の中上流域を目指してそ上。石に化けて、えらぶたにある鋭いトゲでアユを引っかけて食べることからその名がついた。その伝説?は漫画;釣りキチ三平にも描かれているそうです。こちらも、静岡県では準絶滅危惧種に指定されている貴重なお魚でした。



いやぁ~やっちまいましたね~。天竜川漁協さん。
4日(も!)前に本流に放流、それで、『解禁日の釣果はいずれも渋いものでした』、って、、、、
おいおい。あれを渋いというか?? 魚いませんでした、って素直に書けばいいのに。
どうも、今回は漁協さんも苦しい事情があったようなお話も聞こえてきてますし、怒ってませんよ。

600kgのニジマスが立派に野生化して、サツキマスシーズンの頃に大暴れしてくれることを
切に祈ります!
[PR]

  by fish_anecdote | 2009-03-02 23:21 | 天竜川

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE