<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

天竜川サツキマス白書 vol.20(最終回) ルアーカラー編

天竜川サツキマス白書、最終回
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)

今夜は天竜川の解禁前夜ですね

毎年なら場所取り合戦が繰り広げられ、焚き火があちこちで炊かれている時間でしょうが
ダムの放水による増水と濁り、さらには津波まで!
これじゃ、明日の解禁日は本流では釣りは無理っぽいですね


さて、天竜川サツキマス研究ですが、解禁前夜の今回で最終としたいと思います
解禁までにデータを出そうと思っていましたが、なんとか間に合わせられました

出すだけで、何のまとめも出来ていませんが・・・
これからは、データを有識者の方々に見て頂いて、ご意見をお聞かせ願おうかと思っております
また、何か貴重なお話が聞けましたら、ここでご紹介したいと思います



それでは、最終回!

今回はルアーの”色”についてです

金銀(メタル系)以外のルアーの色を分類してみます
a0096669_19292462.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

魚を模したナチュラル系(リアル系)が全体の35%で最多
残りの原色系では、赤と黒が強いですね
青やピンクって、意外と少ないんですね

メタリック系の色の分類も見てみます
ナチュラル系を除いた原色系のルアーは、金と銀のどちらとの組み合わせかというグラフ
a0096669_19315051.gif
赤金、黒金が強いというイメージがあるので
金が圧倒するかと思いましたが、銀も多いですね
ナチュラル系も銀系に含めると、銀系は全体の6割以上!


しかし、この結果からサツキマスの好む色はこれだ!とは言い切れない。
先のミノーの解析のときにも書きましたが、それぞれの色のルアーを
同じ機会だけ投げた結果から得たデータでは無いのですから

とはいえ、これまで紹介したデータ全般に言えると思うのですが、
全く使えないデータでは無いと、個人的には思っています


このデータ上の釣法で、『サツキマスが天竜川で釣れたという実績』はあるのですから


紹介したデータが、これから天竜川のサツキマスに挑戦してみようという
初心者の方々への敷居を少しでも低くできるなら、幸いです

是非、たくさんの方々に天竜川でサツキマスを手にする感動を味わってもらいたいと思います

おまけ;解析後記?
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-28 19:23 | 天竜川サツキマス白書

天竜川サツキマス白書 vol.19 ミノー編その5

天竜川のサツキマス研究も終盤戦になってきました
今回はミノーの種別についてです

(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)

ミノーの実績を、F(フローティング),S(シンキング),SP(サスペンド)のタイプで分類してみました
a0096669_1357241.gif
2009~2001年のデータ('02除く)
フローティング(F)とシンキング(S)の比率は、ほぼ同等ぐらい


でも、昨年(’09年)のデータだけを見てみると・・・
a0096669_13592135.gif
SはFの約2倍

この年はミノーでの釣果が全体の釣果の9割を占めていましたから
Sタイプでの釣果は、9割x62%=全体の半分以上!013.gif

へぇ~~、Sでの釣果が多いとは知ってはいましたが
昨年('09)の釣果実績の半分以上がSですか・・・  

これほど多いとは思っていませんでした005.gif



いつから、こんなにSの実績が増えたんでしょうね?

年度毎のミノーの釣果実績を、ミノーの種別毎の比で見てみましょう
a0096669_14215959.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です


年々、Sの比率が高まってきてますね

逆に、Fの比率は減ってきています


これは各ルアーメーカーさんの、Sミノー開発の成果と言えるんじゃないでしょうか?
小さいSミノーでも、うまく泳いで、素敵なヒラを打つモデルを開発できれば、
飛距離を稼げるSタイプは、川幅の広い天竜川では武器になりますからね

これは、天竜川の独特の傾向かもしれません


DUOからも、本流を意識したSミノーが今年、新たに追加されるかもしれません
他社製品には無いシルエットで登場すると思いますので
このモデルの70mmSには期待しております
016.gif
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-27 13:53 | 天竜川サツキマス白書

くろはん

昨日、書き込んだミノーのデータ解析の記事を、今日になって見直してみると・・・


いや、こーでもない、あーでもない、でもこうかもしれない? と悩み出してしまい・・・


ついつい、内容を修正したり、追記したりしてしまいました025.gif


キリが無いので、もう止めておきます045.gif



今週末は、〇さしさんが沖のヒラメ釣りに行った帰りに(餌の)アジを
お土産に持ってきてくれるというので期待していたんですが、

どうも、海は大荒れ057.gifになるみたいで、出船出来ないみたいですね015.gif


そんな状況を打破するかのごとく!
仲間がさっき、これ持ってきてくれました~041.gif

a0096669_1840508.jpg

手づくり黒はんぺん!

静岡名物の”黒はん”、我が家の大好物なんですよねぇ~003.gif
手づくりってことは、これって高級品?
今、調べてみると、河忠商店の”くろはん”って静岡でも有名店じゃん!


ありがたく、ご馳走になります001.gif
いつも皆様、本当にありがとうございます!

おまけ; 食べてみての感想
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-26 18:45

天竜川サツキマス白書 vol.18 ミノー編その4

ミノー編の第4弾、今回でミノーのサイズについては最終回となる予定
そろそろ、急がないとサツキマスのシーズンに間に合わなくなりそうです
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)

前回までに解析したデータから、
ミノーのサイズと、釣れたサツキマスのサイズは関係無い
と結論づけました


とはいえ、ミノーの大きさと関係あるものが何かあるのではないか?
ということで、釣れた魚のサイズ以外の、他の要因との関連性を調べてみます



まずは、”釣れた時間とミノー長の関係”
朝や夕まずめの薄暗い時には大き目、昼間は小型のミノーが効くといった関連性は無いか?
a0096669_18462133.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

2009~2001年のデータ('02除く)

どうやら、”時間とミノーの大きさ”は、関係無いようですね
実は個人的には、これはちょっと意外でした・・・



続いて、”釣れた時期とミノー長”の関係
これも'02年除いた過去8年分のデータです
a0096669_18524374.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

なんだか、時間の経過とともに、ミノー長が短くなっているような気が???
開幕から4月末までは70mm以上、逆に7月以降は70mm以下みたいな・・・



年度毎に釣れたサツキマスのサイズには偏りがあることが判っているので、
過去2年間のデータだけで、まとめ直してみます
a0096669_18583838.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

やっぱり、シーズンの前半では大き目、後半には小さ目のミノーに実績があるように見えます

だとすると、その理由は?

海から川に入って経過した日数を増すにつれ、
センシティブになって(スレて)、小型ミノーにしか反応しなくなるのか?

もしも、ミノーを餌と認識して食餌行為を取っているならば、
身近にいるはずの鮎は成長して大きくなっているはずなので、
やはり食餌行為という意識は無いのか?

日数経過すると(産卵が近付くと)、食餌行為そのものを止めるから、この結果になったのか?

ベイトが河口付近は大型、上流には小型が棲んでいるからか?


不思議なことばかりだ・・・・



場所の影響も見てみます
a0096669_1955797.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

やはり、サツキマスは上流域ほど、小型のミノーに反応しているように見えます

データには、ミノー長が全く同一なものが多く、場所も大ざっぱな分類になっているため、
プロットされている殆どの点が、何重にも重なり合っていて、判りにくいですね


ということで・・・
各場所と各ミノー長で、釣れた数をまとめ直してみたのが下のグラフ
a0096669_19121915.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

過去10年の230データ('02と'00除く)

GWに下流で釣れるデータ数が多いことを考慮すれば、
上流域ほど小さく、下流域ほど大きいミノーという傾向
がありそうです

時間経過よりも、場所の方が、ミノー長に影響していそうだと思えるのですが、
もし、それが本当ならば、先の推論のうちの

その場所のベイト長(餌の大きさ)が影響したか?
遡上するにつれ(時間経過するにつれ)、スレたか?


といった理由も考えられますが・・・

もしかすると、本当の理由は、サツキマスの生態とは無関係で、
上流と下流での川幅や流速などの釣り手側の事情により、
その長さ(大きさ)のルアーが多用されていたのが理由かも?


難しい・・・・014.gif


そもそも、上流と下流で、大小のルアーを同じ回数だけ試した結果として、
得られたデータを解析しているわけでは無いのですから、
こうだ!と断言できないのは当たり前015.gif


まぁ、今までの実績は十分に整理できたので、自分は悩むことなく
下流域では75CD、上流ではエレナ70Fを中心に組み立てていこうと思います

[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-25 18:33 | 天竜川サツキマス白書

冬眠終了

しばらく振りに、釣りに行ってきました


相当、長い間、冬眠してしまいました
1カ月超! に渡って、竿を握ってませんでした
お陰で? 1kg体重が増えました(運動不足や!)


自身が風邪を引いていたり、家族が寝込んでいたりもありましたが、
今回の長い冬眠の理由は、


ただ単純に、寒かったから!


財布も、近所の釣果も寒かったんですが、
とにかく、今年の冬は寒くって、、、(歳のせいだな、きっと)
何度か釣りに行こうと早起きしてみたんですが、結局は2度寝してました


今朝も2度寝したくなるほど寒かったのですが、
仲間が家に迎えに来てくれる約束なので、
なんとか布団を抜け出して、約1カ月ぶりにサーフへ出撃!




さて、、、




いつも、釣った魚の写真が無いと言われてますんで、







今日は、2010年初の獲物!の写真をお見せしましょう~









今年、初の獲物は!
















どーーーーーん

























a0096669_1714577.gif




ぎま  (もちろん?、スレ)



画像をポチっとやると拡大できますが、しなくていいです007.gif


強風に負けじと60gや65gのジグを、ブルービジョンで、ぶん投げて来ましたので、
少しはカロリーを消費したことでしょう066.gif



ははははっ003.gif



情けない。。。。015.gif
2010年、最初で最後の釣果にならないことだけを祈ります025.gif


釣行データ (0,0,0)
釣行日; 2010/2/20 中潮 5:30~7:30,上げ6から9分(潮位104→138cm,変化+18cm/h)
晴,気温3℃,西の風8m/s,波2m,海面水温13.5℃
ロッド=パームス ブルービジョンBVGS-110H,ライン=PE2.5号(+リーダー25LB)
本日のヒットルアー = 無し

[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-20 17:06 | 遠州灘

天竜川サツキマス白書 vol.17 ミノー編その3

前回、ミノーの大きさと釣れた魚のサイズには関係が無いんじゃないか?と、書きました
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)


でも、それって、本当でしょうか?


今まで釣りをしてきた自分の感性から答えるなら、
やっぱり本当だと思います


でも、頭の片隅では迷うことも、、、、

大きい魚は大きい餌だけを食べる?  NO ですよね。 ブリだって、コマセ食います
サツキマスは、餌だと思って食っている? それは、判りませんね~
餌だと思わないで反射的に食っているとしても、大きい魚が大きいものに飛びつくのか判らない


その答えは、データの中にしかないはずなので、、、、


もうちょっと、データを見直してみました

年度毎に整理してグラフで見比べても、やはり大きいサツキマスが、
大きいミノーで釣れているようには思えません

逆に、こんなデータもあります
a0096669_20473814.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

小型ミノーほど、大きなサツキが釣れている6年分の集計


今までで唯一、大きいミノーで大きいサツキが釣れている傾向があったのは'07年だけ
その'07年と、特別な傾向が見られなかったその他の2年分とを除いてみると、
グラフのように、『小型ミノーほど大きなサツキが釣れているデータ』となりました


これは、'07年を外して極端な例を示した結果なので、このグラフから、
『大きいサツキは、小型ミノー!』と言ってしまうのは、無理がありますが、
『大型ミノーなら、大きいサツキマス』とは、決して言えないようですね



やっぱり、

ルアー(ミノー)のサイズと、釣れたサツキマスのサイズって、全く関係無いみたいです

[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-19 18:51 | 天竜川サツキマス白書

天竜川サツキマス白書 vol.16 ミノー編その2

今回は、ミノーの大きさと釣れた魚のサイズの関係について
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)


良く、ルアー雑誌の特集なんかで、

『小さいルアーでは大きい魚も小さい魚も釣れる
大きい魚だけを狙うなら、大きなルアーで攻めろ!』


こんな表現、良く目にすることありません?


ある意味では当たっているケースもあると思うのですが、
殆どの場合には、当てはまらないんじゃないでしょうかね

個人的には川、海、オフショアのどのフィールドでも、
あまり当てはまってない気がします


狙う魚のサイズでルアーの大きさを選ぶよりは、一般的には

飛距離を稼ぎたいとか、シルエットを大きく目だたさせたいとか、着底させたいとか、
ベイトのサイズに合わせたいとか、違う理由で大きいルアーを使うケースが多いし、

それによって、釣れるサイズが変わるっていうのをあまり実感しませんよね
(極端に小さいターゲットを狙うときは別ですが、、、)


では、天竜川のサツキマスではどうでしょう?
でかいルアーほど、大きなサツキマスが釣れるのか?


その集計結果は、これ!
a0096669_2015593.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

'00と'02年を除いた8年間でミノー長が報告された232尾データ

なんか、これといった特徴が無いような・・・
ルアー(ミノー)のサイズと、釣れたサツキマスのサイズって、
全く関係無いんじゃないですかね???

個別に見てみても、
最小魚(23cm)も最大魚(50.5cm)もどちらも、70mmのミノーでの釣果
最小ミノー記録の50mmで、44.8cmが釣れていて、
最大ミノー記録の130mmでは、40.3cm
どれも、ルアーの大きさで釣れた魚の大きさが比例しているようには見えません


それよりも、あらためて感じたのは、こんなふうに

ある一定の場所で、特定の魚種の釣れたサイズと、釣ったときのミノー長との関係が、
きちんと残っているというデータは意外に少ないんじゃないでしょうか?


今までに、同じようなグラフを見た記憶がありませんし・・・


これって、もしかして、今までは釣り人のイメージでしかなかったものが、
ちゃんとデータで形にして表された数少ない例かも???

[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-17 20:07 | 天竜川サツキマス白書

天竜川サツキマス白書 vol.15 釣法について ミノー編

前回の釣法分類に引き続いて、今回からはミノーについて詳しく調べてみます
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)

今回は、ミノーの大きさ(長さ)ごとに、釣れた数(報告数)をまとめてみます
a0096669_1823641.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

'00と'02年を除いた8年間でミノー長が報告された232尾データ

70~75mmがダントツに釣果実績があります
最大長は130mm、最小は50mm
実は、私のベイルーフS50は最少記録タイでした!005.gif 今日まで知りませんでした~


その他の特徴として、結構、ばらつき(偏り)が見られます

天竜川のサツキマス釣りでは釣果実績が幾つかのルアーに集中しているので、
ミノーの長さで分類した場合には偏ってしまうんでしょう
釣果が偏るというより、使用しているミノーが偏っているせいだと、個人的には感じてます

まぁ、一般的にミノーの長さは何十mmというキリの良い数字のものが多い
ということが、偏りの一番の理由だとは思いますが、、、


この偏りを減らすように、10mm刻みで集計したのが下のデータ
a0096669_1833915.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

70mm台前半が多いと思って良さそうですね005.gif

ところが、ここ10年のミノー長の平均値を実際に計算してみると、
77.08mm と70mm台後半になりました
昔の大きいミノー長がデータに影響しているように感じます

実際、去年のデータだけの場合の平均ミノー長は、
73.92mm
と、3mmも全平均より短い

ってことは、ミノーは年々、小さくなってきているのか?

a0096669_1854877.gifグラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です


確かに! その傾向ありますね
年々、ミノーは小型になっています
この分でいくと、来年か再来年には70mmを切るかも? 

やっぱり、タイドミノー75CDや、エレナ70Fが丁度良いはずだ045.gif

あれ? 75CDが、DUOのウェブカタログから落ちている! ひょぉぇー007.gif
でも、エレナの70Fなんて最初から載ったことが無いなぁ~~?
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-16 18:17 | 天竜川サツキマス白書

天竜川サツキマス白書 vol.14 釣法について

天竜川サツキマスについては、
”釣れた魚”
に関しては前回で一区切りとして、

今回からは
”釣法”,釣るという行為そのもの
について詳しく見ていこうと思います


(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)


今回は、釣法を大きく分類してみます
a0096669_76764.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

このグラフは、ここ10年間で釣法に関するデータを持っていない2000年と2002年を除いた、
8年間の408尾のデータです

結構、ミノーでの釣果が多いです
スプーンでの釣果に比べて、約3倍もミノーで釣れていたようです
想像はしていましたが、これほど多いとは、ちょっと、驚かされました


ところが、もっと驚いたのが、昨年だけのデータ
a0096669_7104140.gif
ミノーの釣果が、スプーンの約10倍!005.gif
年々、ミノーでの釣果が増えているのは知っていましたが、これ程とは、、、

昔と比較してみると、ミノーの勢力拡大?ぶりは一目瞭然
a0096669_714566.gif
2001年は、スプーンとミノーで同じとは言いませんが、ミノーはスプーンの3割増し程度

確かに、昔は、
『サツキマス釣るならスプーンだよ!でも、難しいけどミノーで釣ると楽しいんだよ』
って、師匠から聞かされたことを覚えています

それが、今ではミノーの釣果がスプーンに比べて3倍!

10年ひと昔とは、良く言ったものですが、時代は変わりましたね
これは、ただ単にミノーの釣り方が面白いからとか、魅力があるからだけでは無いでしょうね
ここ数年の道具(ミノー,糸,竿)の進化が欠かせなかったのでは無いでしょうか?

今後もミノーで釣る方は、どんどん増えていくと思われます

『だって、やっぱりミノーで釣る方が楽しいじゃないですか』045.gif

データ解析番外編;
[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-14 06:51 | 天竜川サツキマス白書

天竜川サツキマス白書 vol.13 期間、場所と登録数の関係

ついでなんで、もう一つ作ってみました
(過去の記事をまとめて見るには、左のカテゴリ欄で『天竜川サツキマス白書』を選択して下さい)


釣れた時期(期間)と場所で整理した、魚の数(登録数,釣獲数)の3次元グラフです
a0096669_2150061.gif
グラフをクリックすると大きく拡大できます
拡大後にも、インターネットエクスプローラーなら画面右下の拡大レベルの変更(虫眼鏡マーク+)で更に拡大することも可能です

  2000~2009年の釣獲時期,場所と登録数の関係

このグラフは年度毎の魚のサイズによる影響は受けないし、10年分あれば遡上時期に多少のズレがあってもデータ数が多ければ影響は少ないだろうということで、10年分の469尾のデータです

1本だけ飛び抜けて大きいデータ(4/29~5/5,掛塚~新幹線)は、縦軸を超えてまして登録数56
GW期間中の登録数が多いのは、「休日の数∝釣り人の数」が大きく影響してますね


全体的には、遡上する本隊の動きに合わせて釣果がより多くなっているという傾向
釣果が多いところが、2009年の大型が釣れた時期-場所と、微妙に異なっているのは?


数を釣るなら、この群れの動きに合わせて釣り人が遡上していくのが良さそうですよね013.gif

[PR]

  by fish_anecdote | 2010-02-09 21:45 | 天竜川サツキマス白書

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE