本命判定?

釣れないときは魚がいなかったんだと思いたい。ただし、目の前で釣られた場合には、その言い訳は通用しない。
でも、とにかく今年も戻ってきてくれて、ありがとう。自分が釣れなくても、そんな感謝の気持ちにさせる不思議なやつ、サツキマス。

15日(日)天竜川のサツキマスへ、今シーズン7回目の釣行。昨日からの2日間の野良仕事で時間は無いし、筋肉痛で背中は痛いし、やっと時間と体力に都合をつけて釣行。川は今日も釣り人で賑わってます。

開始後30分、対岸の人の竿が曲がってる。魚が横に走ってる、竿大きく曲がってる、鱒類独特の水しぶき上げてる。ということで、本命判定終了。結構、いいサイズ。おめでとうございます。
釣られた悔しさより、今年も遡上していることが嬉しい。そんな気持ちにさせてくれる不思議な魚だね、サツキマスは(この余裕はどこから来るのやら?)

その30分後、ググンとアタリ。アワセ入れると、首を振りながら走る、ひょっとして?。が、その後が続かない。”走らない、逃げない、水面に出ない”、三拍子揃ったので身体は十分に理解していますが、さっきの光景が心に残っているせいか外道判定出来ない自分が情けない。
寄せてきて、水の中に魚体を確認しても、、、、銀色だぁ~!とか喜んでいる(完全間抜け状態というか、目が眩んでました、本当に情けない)。

と、いい夢見させてもらったのも1分程度で終~了。

またまた君かね、ウグイ君。

その後、ランガンするも、時間が無くなったところで納竿。

釣行データ  本命(0,0,0),外道(1,1,1)
釣行日; 2007/4/15 月齢27(中潮) 16:00~17:30
晴,気温16℃,西南西の風3m/s,水位-0.44→-0.45→-0.5m
ロッド=7ft,ライン=6lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = DUOタイドミノー75CDa0096669_21574287.gif




携帯で撮影。
ネットもデジカメも無し、1時間じゃどうせ釣れないだろうなんて思っていることが敗因か?


[PR]

  # by fish_anecdote | 2007-04-15 22:10 | 天竜川

前半戦のヤマ場?終了

桜は散り始めた。暖冬でも早く咲くことは無かった。サツキも、結局は例年通りなのか?
陸がちょっと暖かいからって早く昇ってはこないのだろうか?産卵に戻ってくるんだから成熟するまでの期間は必要か。のっこみ黒鯛も遅れているようだし、海流なんかの影響の方がよっぽど大きいのかもしれない。

8日(日)天竜川のサツキマスへ、今シーズン6回目の釣行。強い西風のため、右岸に釣り人が偏ってる。堤防を走りながら、フィールドに入れない四駆数台のさまよっている光景を見て、だめを承知で左岸へ。
昨日3mmの雨量があったが、昨日より川の透明度は高い。いい感じだ。

開始後30分、ゴツンと強いアタリ。アワセ入れると、首を振る。まじ?ところが、その後が、”走らない、逃げない(自分から寄ってきやがった)、水面に出ない”、ということで、昨日よりはちょっと時間掛かったが、のっけてから5秒後には外道判定完了。

今日も君かよ、ウグイ君。

向かい風でフルキャストして着地点付近でヒットしたウグイ。これでは、たまらん。対岸へ移動を決意。天竜川では対岸への車での移動は楽じゃない、、、、30分以上ロスト。

今年、初めて入るポイント数箇所を叩いて回る。去年と大きく川の形状は変わってる。上流の一級ポイントは、いずれもイイ感じ。来月以降になれば、オイシイのはこのあたりか。来月の平日にまた来よう。

その後、なーんもなく納竿。

釣行データ  本命(0,0,0),外道(1,1,1)
釣行日; 2007/4/8 月齢20(中潮) 14:00~16:30
晴,気温17℃,西南西の風7m/s,水位-1.1→-1.1m
ロッド=7ft,ライン=6lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = DUOタイドミノー75CDa0096669_18353912.gif






実は昨日よりは黒っぽいウグイだが、ナマズやウナギに見えそうなぐらい画像が悪すぎ?このウグイ君は寄生虫がついていたので、間違いなく川の居着き。


[PR]

  # by fish_anecdote | 2007-04-08 18:48 | 天竜川

前半戦ヤマ場?

桜は満開!でもサツキには、ちと早かったのか?
今週末が前半戦のヤマ場になると思っていたのだが、、、。

7日(土)天竜川のサツキマスへ、今シーズン5回目の釣行。釣り人は賑わってますが、川はちょっと濁ってますねぇ~、それよりも水量が水位計の計測値からイメージする水量よりも多く感じる。この状況では、お好みの瀬を攻められないし、幾つかの中洲には渡れないかな。

開始後1時間経過、コツンと申し訳無さそうなアタリ。先週のこともあるので、体が条件反射的に思いっきりアワセ入れてるし。でも、”スピード無い、トルク無い、水面で暴れない”、ということで、フッキングの2秒後には外道判定完了。やっぱりウグイかよ。とりあえず、先週末に新調したデジカメを使ってみるかと、写真練習。
a0096669_1526949.gif





魚の傷はファイト中のラインのせい?ヘッタクソに釣られると魚も、たまったもんじゃーねぇ。釣る側も精進せねば!







その後、職場の先輩のS師匠が合流。しばらくして私に、コツン!っとアタリ、さっきとアタリの感触も同じ。合わせると、しっかりと乗っている、なんだかサイドブレーキ外し忘れて発進する軽自動車ターボ無し、っていうぐらいのトルクの無さ。またまたウグイかよ。水温低いと、ウグイも引かねぇーなぁ~、こんなに引かない魚だっけ?

ウグイの釣れる場所でサツキは釣れるという話は良く聞くが、ウグイの釣れた後にサツキを見かけたことが無い。この因果関係については、今後、追跡調査。

その後、雨が落ちてきたところで納竿。

釣行データ  本命(0,0,0),外道(2,2,2)
釣行日; 2007/4/7 月齢19(中潮) 9:30~13:30
晴/曇,気温14℃,南東の風3m/s,水位-0.7→-1.0m
ロッド=7ft,ライン=6lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = DUOタイドミノー75CDa0096669_15381682.gif






アワビホロ、少しは効いたか?(ウグイには?)


[PR]

  # by fish_anecdote | 2007-04-07 15:58 | 天竜川

本命?外道?何だったの一体?

天竜川は周辺の桜も七分咲き、鶯も鳴いてるし、日差しが暖かい!
水温も上がってきたし、本格的に春らしくなってきました。

a0096669_1655715.gif

31日(土)天竜川のサツキマスへ、今シーズン早?4回目の釣行。先週のダム放水や今週の雨で濁りを心配しましたが問題無く、丁度いい感じ。本日は下流の超有名ポイントから。開始後しばらくすると、瀬のところで何か白いものが大きく跳ねた。え?本命のライズ?違うよね、まさか。一応、そっちの場所に移動してみる、しーん、、、、静まり返ってるけど、投げてみる、何も無い。しょうがないので元のポイントに戻って数投、ガッツーンと強烈なアタリ、だが合わせる間も無く手応え消えて終了、乗らなかったみたい。本命かどうかは判定不能。

その後、上流へ1kmほど移動。こちらでも、1回だけ、魚がライズした、こっちも派手な出方、さっきの場所と同じで、浅瀬で人をおちょくったような出方(どんなや?)、どちらも外道っぽく無い。ルアーのカラーチェンジ繰り返した後、超1軍ルアーの登場、早速の1投目で、ゴン!っとアタリ、今度は合わせられた、が、、、次の瞬間、スポっ。バレた?乗らなかった?。この”スポっ”と同時にラインの先では水面から半身を出してバチャっと身をくねらせた生物を目視確認しましたが、、、、しかし、依然として魚種不明(←しっかりせんかい!)

心の中では、『 しっかり食わんかい!このタコ! 』 と、魚のせいにしてました。。。。 

その後、2,3回の派手なライズが続きましたが、それも長くは続かず完全な沈黙モードへ。雨が落ち始めたところで納竿。

釣行データ  本命?(2,1,0),外道(0,0,0)
釣行日; 2007/3/31 月齢12(中潮) 9:30~15:00
晴/曇,気温14~18℃,東南東の風5m/s,水位-1.0~-0.7m
ロッド=7ft,ライン=6lb(先端ダブル)
本日のヒット?ルアー = DUOタイドミノー75CD
a0096669_1649649.gif






結局、石しか釣れなかった

[PR]

  # by fish_anecdote | 2007-03-31 16:18 | 天竜川

新規ブログ立ち上げ

思い立ったが吉日ということで、ブログを作成してみた。
先ずは釣行記代わりに使ってみようと思う。
さて、どうなることやら、、、。まっ、お気軽に行こ~っと。


では、先ずは第一弾。

23日(土)天竜川のサツキマスへ、今シーズン3回目の釣行。今日は他の釣り人を多く見かけた。賑わいだしたもんだなぁ~、やっとシーズン開幕といった雰囲気。でも午後からの天気予報最悪なんで、みんな午前中に集中しただけだよね?

そんな他の皆さんは、シーズン開幕直後の下見なのかな?場所を転々と移動しているご様子。こちらは、既に3回目なので本気モード!?で、一箇所集中(今日は雨までに時間が無いだけ)。何のアタリも無く3時間経過したところで、昨年ヒットしたときと同一場所、同一時間に、同一ルアーを投げてみる。ちょいとシンキングした後の1トウィッチで、ゴグン!っと、かなり重たい感触に即合わせ。まじ?手応えだけなら、「50オーバーじゃないの?」と、ほんの一瞬だけ感じさせてくれた・・・・(一瞬だけね)。

本流部分で掛け、その直後からドラグ鳴らしまくって流芯を下られた。下流に、しかも深場へ一直線(この時点で何か変)。手ドラグまで使ってもラインが無くなるかと心配になったころボロンという鈍い感触でバレた、というより、外れたっていう感触。

針にはデカイ鱗が一枚、色艶と走りの重さ具合からデカニゴイか(それもスレか)、、、。本流で掛けるとこうなるぞ、という良い勉強になったところで納竿。

本日は浅場に稚鮎の存在も見れたし、魚の引きも味わえたので良しとしましょう。そういえば、ドラグ止まらなかったのは銭州のカンパチ以来で久々だなぁ、、、。しかし、大物に走られても、外道だと判ってしまうと、妙に冷静になれるのは不思議だ。

釣行データ  本命(0,0,0),外道(1,1,0)
釣行日; 2007/3/24 月齢5(中潮) 9:00~12:00
曇り,気温15.5℃,南東の風2m/s,水位-0.76m
ロッド=7ft,ライン=6lb(先端ダブル)
本日のヒットルアー = DUOタイドミノー75CD
a0096669_1628716.gif









スナップが伸ばされた
今後は使えないな


おまけ>
[PR]

  # by fish_anecdote | 2007-03-24 23:30 | 天竜川

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE